November 20, 2016

待ち合わせ

Harukasu

Dsc_0169


もう先週のことになってしまいましたが、大阪日帰り強行軍で、同窓会に参加してきました。場所は大阪阿倍野のハルカス。

阿倍野は思い出深い場所。学生時代や社会人になってからも、キャロ父さんとあの歩道橋の上でよく待ち合わせをしたものでした。でも今はすっかり新しい街に変わっていて、あの頃の面影は全くなくなっていました。

今回、私は、この新しい阿倍野で親友Mと早朝から待ち合わせをしていました。同窓会は夕方からだったのですが、仲良しMとは、朝から会って思いっきり話そうということで・・・

中央改札を出たところで先に着いた私が、改札を通り過ぎる人波の中から彼女を探す作業をしばらくしていました。Mを見つけたと思ったら彼女も私に気づいて・・・お互いに笑顔。なんかこういう瞬間が好きです。

二人でお茶をしたり買い物したりして楽しい時間を過ごして、さらにお楽しみの同窓会へ・・(豪華な一日です)

夜景の綺麗なハルカス上層階のホテルでの、なつかしいみんなとの再会。ほんとうに楽しい時間でした。

早朝から私に付き合ってくれたMや、こんな素敵な同窓会を企画してくれた地元幹事のみんなに感謝です。

帰りの新幹線の中で、楽しかった余韻に浸りながらも、広島に近づくにつれて、どんどん現実に戻っていく自分がいました。 そして日付が変わる少し前に無事帰宅。キャロ父さん、駅まで送迎ありがとう。クロも留守番お疲れさま。

Img_20161108_150100


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2015

カラーが好きです。

S1116156376

会えなくなってもう3年。カラーのお花が好きで庭に植えているのですが、そのつぼみが伸びだすとあなたのことを想いだします。今年も気づくとつぼみがするするっと伸びていて、、今は真っ白なカラーがきれいに咲いています。カラーの咲くこの季節に、みんなが待つ虹の橋へ旅立ったんですね。みんなと楽しくやっていますか?

Kara


| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 19, 2014

遠距離恋愛

1416291126266

1416291151506_2

広島からの私と、大阪からのMが、ここで待ち合わせ。
無事に会うことができました。
ここは姫路のスタバ。
コーヒーを注文しながら、ふりかえった窓越しにこんな景色が広がっていて驚きました。
こんなにお城が近かったんですね。
良い席がたまたま空いたりもして・・
7か月ぶりのデートは本当に楽しかった。

お互いの近況を報告しながら飲むコーヒー
眺める姫路城。
素敵な思い出に残る一日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2012

またどこかで

S1116156376お会いした時はいつも「HP見てますよ」って言って下さって、変わり映えのしない日常を書いただけのブログを、隅々まで読んで下さっているのが、お話しする中で伝わってきました。自分のために書いていたブログも、いつのまにかあなたの笑顔を思い浮かべながら、私は書いていたような気もします。

今日この記事を書きながら、もうあなたがこれを読んで下さることはないんだと思うと、ふっと手が止まってしまいました。寂しい・・

広い広島県で、何度も偶然お会いしましたね。同じ日の同じ時間同じ場所で何度も会いました。子供みたいに偶然を喜びあって、色々お話して、楽しい時間を過ごしました。楽しかった。優しくて信頼できるあなたと御主人のこと、私もキャロ父さんも大好きでした。

いつもいつも会うわけではなかったですが、大阪を離れて、友達もいない広島で、信頼できるあなたがいて下さることが、私にはとてもうれしいことでした。素敵な出会いに恵まれたことを、心から感謝しています。こちらに書くことを迷いましたが、書かないまま通り過ぎることができなかったので、どうか失礼をお許し下さい。

いつもの私たちの合言葉です。「またどこかでお会いしましょうね」
いっぱい優しくして頂いてありがとうございました。
お空を見上げては思い出しています。
パパさんのこと、見守っていて下さいね。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 03, 2011

初めましてさようなら

Koen3


広島遠征は何年前でしたっけ?ってサラパパさん。

あれからちょうど7年。
サラちゃんがお星様になってしまいました。
突然のことで驚きました(^_^;)

たった一度だったけど会えてよかった。
思えば私にとっては、
あの時が初めましてで、さよならの時だったんだね。

公園の入り口で待ち合わせして
サラちゃんを見つけて私は茫然・・
サラちゃんの美しさに茫然でした。
バニも色々なんだと実感させられたのでした。

我が家は少し大変な時だったので、気持ち的にヨレヨレだった私。
でも、サラちゃんに会って
いっぱいいっぱい恢復できたことが、昨日のことのよう。
スーパーモデルのサラちゃんは
サラパパさんの言うがままに動いて
リードなんてなくてもいいようなものだった。
サラちゃんとパパさんは切ってもきれない仲だったな~

そんなサラパパさんに
今はかける言葉もなくて・・
ここで独り言を言うしかなくて・・

サラちゃんのご冥福を心からお祈り致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2010

カメラの向こうに

Dsc03461_2
夕方空を見上げたら、こんな雲が広がっていました。残しておきたくて写真を撮りました。

幼馴染で仲良しで姉妹のように育ったのに、それでもそれぞれの人生は別々でした。それはそういうものですよね。結婚後はほとんど接点がなくなっていたことに気づきました。それはそういうものなんですよね。幼い頃のように毎日毎日いっしょに遊び呆けることはなくなったけれど、忘れてしまったわけでなかったし、いつでも会おうと思えば会えるということだけでそれだけでよかったのだと思いますお互いに。

高校生になって初めて二人で旅行した思い出の写真。どれもこれも私だけしか写ってない。あなたはカメラの向こう側にいるばかり。一枚くらいあなたの写真があればよかった・・と思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 29, 2009

風になった君に

千の風になって

すっかり有名になった曲ですが
私が初めて目にしたのは
数年前の天声人語でした。

この訳詞をされた新井満さんの本には
楽譜も載せられていたので
自分で歌ってもみましたが
その後、プロの方の歌を聴いたら
まるで違う歌のようでした(^^)

昨年末、何気なくつけていたTVから
この曲が流れてきて
思わずポロポロ涙がこぼれました。
何度も聴いてるのに・・
そういう曲ですよね。

キャロとトマトのお友達ワンコさんが
12月に虹の橋へ旅立ったそうです。

風のように通り過ぎていってしまう
ワンコ達とのかけがえのない時間を
思わずにはいられません。

たくさんの思い出をありがとう。
出会ってくれてありがとう。
ずっとずっと忘れません。

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

またどこかで
君の風に会いたい・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2009

驚き桃の木

Dsc02506Sさん
お電話ありがとうございました。
そんなルートから
あなたに繋がっていくとは
驚き 桃の木 山椒の木  です(^^)

いつでも会えそうな距離にいたので
ちょっと油断してました。
あれから中々会えませんでしたね。
広島に転居する時にも連絡しないままで・・ごめん。

ずいぶん時間が経ってしまいましたが
あなたの声はあの頃のままですぐにわかりました。

あなたに教えて頂いた「グラタンレシピ」
今でも忘れず作ってますよ。
我が家のグラタンは美味しいって評判です♪

先日
なつかしい人のことを時には思ってみること
なんて・・日記を書いたところだったんですよ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2008

共通の原風景を持った仲間達

ただいま~『なつかしい人達に会うツアー』から帰宅しました。今回は浅く広くではなく、狭く深くをテーマにツアーを組みました。今回会えなかった私にとって『大切な人達』には心からお詫びします。

ツアーの一番の目的・・私の『根っこ達』と会ってきました。多忙な時間をくぐりぬけて集まった仲間達との再会はとても貴重な時間でした。共通する原風景をもった仲間達とは、遠く離れても今なお根っこでつながっていることを深く感じました。今頃は、またそれぞれ自分の場所に戻ってがんばっているはず(^^)

1時間だけ時間があいたので、急遽連絡をして会うことができたYさんとは、1時間が5分に感じてしまうほどのスピードで、お互いの近況を話しました。さよならする時は彼女も私も泣いてしまった。今度はもっとゆっくり会えますように・・

こんな私のわがままツアーに、全面的に協力してくれた『親友Mとそのご家族の皆様』、そして『トマト&キャロ父さん』、どうもありがとうございました(^^)


↓なつかしい山々S1065973104
僕は学校が好きだった。毎日わくわくしながら学校に通ったものだ。学校にはいやな奴も大勢いたが、好きな友達がそれ以上に沢山いたからである。友達は僕の宝物である。きっと僕が死ぬまで大切に抱えていける素晴らしい仲間たちなのだと思う。大人になった今、僕は学校を失ってしまった。毎日楽しみにしていた学校はもうない。社会にでてから今日まで、僕は孤独に仕事をしてきた。それでも、一生懸命仕事がやれたのは、ふりかえると僕には素晴らしい仲間たちが大勢いたからなのだ。彼らと過ごした自然な日々は、僕の人生において大いなる大地となっている。そして、僕はそこからすくすくと伸びる一本の木なのだ。僕の根っこは彼らとつながり僕は空を目指している。-そこに僕はいた(辻仁成)より-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2008

気をつけて・・

Kimi_2
いよいよですね(^^) 君は「さらば~」ってサバサバしてるけど、こちらは・・見送るのと見送られるのとどちらが辛いかなぁ?なんて考えてみたりして・・(ちと寂しい) あ~やっぱり見送る方が苦手。だから今日はここから君を見送ります。

今まで色々ありがとう。たくさん思い出をありがとう。今日は妹とケンカしないように・・でも、明日からはケンカしたくてもできないから、やっぱり今日しといた方がいいかも^^♪ 

偶然だけど、最近は君と同じようにヴォーカリストばかり聴いています。あの中の『ハナミズキ』いいですね。『君と君の好きな人が百年続きますように』ってところが・・心にじんときます。君もきっとそんな思いで聴いていたんだろうなぁって思います。

世代の違う君ですが、不思議な魅力に溢れていて、私は色々教えてもらいました。君の持ってるもの-君が伝えてくれたもの-言葉にはできないんだけど、そういうものを時々思い出して、これからも私は広島で過ごしていきます。くれぐれも身体に気をつけて・・(mixiは続けてね~)

この広島で私と出会ってくれてありがとう。君と君の好きな人達の幸せをお祈りしています、遠くから・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧