July 21, 2015

三つ葉のクローバー

247_3


半年ちょっと前から毎日歩いています。トマトとの散歩道を一人で歩き出すのは勇気がいったのですが、でも歩こうと思ったのでした。歩くと色々頭の中に浮かんでくるんですよね。トマトに話しかけたり、楽しかった思い出をたどってみたり、そしてトマトのいない現実に引き戻されてどっと寂しくなったり。人生ってそういうものなんだって痛いほど思い知らされる時間。

そして今、ウォーキングのお友達ができて、一人で歩いていた時とはまた違う、楽しい時間が流れていくようになりました。

人生ってこういうものなんだね、トマト。

☆素敵な詩見つけました

三つ葉のクローバー《きのゆりさん》

四つ葉のクローバーを
さがすとき
三つ葉のクローバーを
つめたくしたり
いじめたりしちゃだめよ

幸福って
そんなふうにして
さがすものじゃない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2014

25_014_4

風は見えない
だけど木に吹けば
緑の風になり
花に吹けば
花の風になる

私を過ぎていった風は
どんな風になったのだろう

私を通り過ぎた風は
私色に少しだけ染まり
また違うだれかを
通り過ぎていくのだろうか

そして私自身も
風色に染まりながら
また前を向いて歩きだす

またいつかこの風に
出会えたらいいなぁと
思いつつ
吹き去って行く風を
見送っている


Sさんと35年ぶりの感激の再会をしてから、またすでに10年が過ぎてしまいました。先日、両親のところに立ち寄って下さったとのこと、お元気そうでよかった。

Sさんは行動的で私とはまったくかけ離れているような感じがするのに、Sさんが書いて下さった↑の詩を読み返していると、自分が書いた詩だったかな?と思ってしまうほどで・・すごく似た感性を持っているのかもしれません。

今年も様々な出会いと別れの風が私を吹きぬけて行きました。風は、そのたびに違う何かを運んできてくれて、喜び、悲しみ、感動、そんなもの達にもみくちゃにされながら、それでもどうにか漂っています。私色は今、どんな色かな?

次にお会いできるのはいつになるのでしょうね? 不思議な縁でつながっている、私達家族とSさんですが、その意味が少しずつですが、見えてきたような気もします。いつも素敵な風をありがとうございます。

遠くからですが、御健康と御活躍をお祈りしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2009

メモ

秋元康さん作詞の『太陽の花』素敵でしたよね。

『この道を歩きながら
名も知れぬ花に見とれ
立ち止まる私でありたい』

と始まって・・

『しあわせはまわりに溢れている
しあわせは今いる場所で気づくもの』

と続いていく・・

心に響きました。

そうですよね。
しあわせは今いる場所に溢れているのでした(^^)

寒い朝、トマトに起こされて
霜の降りた畑を散歩することの幸せ

登ってくる朝日をトマトと眺める幸せ

暖かい部屋で
暖かいコーヒーを飲む朝を迎えられた幸せ

帰ってくる人を待ちながら
忙しく夕食を作る幸せ

同じことを繰り返しているだけの毎日
それが
今日も明日も続いていくことの幸せ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 23, 2006

廻る

週末は多忙でした。
無事に日曜日が終わりかけた頃
雪がちらちらと降りだしました。
そして、少し寂しい夜でした。

月曜日の今日は買出しに・・
ついでに本屋さんへ。
小さな詩集に出会いました。

廻る時代の中で
君にまた会ったね
でも、君は気づいていない
僕だよ

遠い昔に
手をつなぎ
いっしょに小道を歩いた

時を越えて
君と出会った
もう君に会うことはないのだろうか
タイムマシーンを見つけたい
(『ひとりの少年』近藤尚子)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2005

心模様

kiikia3
街はクリスマス一色。可愛くデコレートされた街並みがとっても楽しい♪

道行く人達がみんなクリスマス気分を楽しんでいるように見えるけど、もしかしたらそうではないのかもしれない・・なんて考えた。悲しい時、まわりのにぎやかさがよけいに悲しくて・・そんな時だってあるよね。

いつものスーパーマーケットで夕食の買出しをした。いつまでたっても私の買い物カゴの中はからっぽ。買い物しなきゃって思ってるのにそこから先の回路がつながらない。こんな日もあるよね。

【春の祈り:銀色夏生 】より


目をつぶるとかなしい気持ちがやってくる
だから目をあけて 次つぎといろんなことをして
気持ちをやってこさせないようにした

そんなことがいくつもあって
もうだいぶんつかれていた

冬はさむくこごえていたから
つめたい風をさけるために
いつもうつむいて歩いた

ぼんやりとしていたら
いつのまにか 風がつめたくなくなっていて
よい香りもしていた
うす緑の新芽があざやかだった

やわらかく 空気がほどけていくようで
ひさしぶりに目をつぶってみた
どんなにかたくつぶっても
いつものあのかなしい気もちが
いつまでもやってこなかった
あまりにもやってこなかったので
不思議に思って目をあけた

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 02, 2005

ことばでなくものでもない

-過去の日記より-

数えきれないほどの人と出会いながら
たった一人の人の前で立ち止まり
見知らぬその人に故郷のような懐かしさを感じる瞬間がある。
友達よりも、兄弟よりも、両親よりも、自分の生まれた故郷よりも
懐かしさを感じる人に会う。
今思えば私は
その瞬間から自分の故郷を離れたのかもしれない。
自分で見つけた故郷の中で
私はもう何年も生きてきたのかもしれない。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 21, 2005

秋の日は

秋の日は君と歩こう
どこまでも

秋の陽に輝く君を
覚えておこう

秋の日は君と歩こう
どこまでも

心のページにしっかりと
刻んでおくね今日のこと

忘れないよ君のこと
振り返った君
吹き抜けた風
覚えておくねいつまでも
忘れないよ今日のこと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2005

どこかで秋が・・

秋はきれいな季節なんですが、夏に比べるとちょっと寂しい感じ。でも今年はまだまだ暑くて元気もりもりの今日この頃で~す。そして秋色にも程遠い山々が我家から見えています。この調子だと本当に秋がやってくるのか疑問。今、どのあたりでしょうか秋は?

sen-aki1


-みつはしちかこさんの詩集
   【チッチの愛の絵本 涙・あきからふゆへ】より-

いつまでもかわらないでいてほしい 
約束してほしい・・
そう思いながら 
だまってあなたにもたれて 
落ちてゆく夕日をみている・・

きのう赤いハート型した落ち葉一枚拾いました
今朝早起きしてだれもきてない教室の 
一番うしろのあなたの席へのせておきますね

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 05, 2005

すっかり秋です。

c-kinmokusei2
すっかり秋ですね。
心を耕す努力してますか?

でも最近
わざわざ耕さなくても
出会う人達に自分の心が
耕されていくような気がします。
わざわざ映画を見なくても
わざわざ本を読まなくても
自分を成長させてくれる
出会いがたくさん・・

そういうものを大切に受け止められる自分でいられますように・・
見逃さない私でいられますように・・

0line-2
【過去の日記よりで~す】

いい映画だからいい本だから
いいドラマだから
感動するのではなくて
感動を呼び起こすのは自分の心
感動できないのは
自分の心の貧しさゆえかな?

たった一つの言葉に
涙が押し寄せてくることもある
短いフレーズ聴いただけで
心が振るえたりすることも・・

心を耕さなくちゃ心は膨らんでいくこともできない
あなたの言葉の本当の意味を
理解することだってできない

柔らかな心で
聞いてみよう見てみよう

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 02, 2005

今年もありがとう

一年に一度
あなたから届くメール
何よりうれしいです。
今年も忘れないでいてくれてありがとう。
お元気そうでよかった~
相変わらずお忙しいようですね。
あんまり無理しないで下さい。

世代の違うあなたと知り合って
もう6年でしょうか?
早いですね。
あなたを眺めながら過ごしたあの一年を
今でも時々思い出しては懐かしんでいます。
不思議な出会いでした。
遠く離れた今もお互い忘れることなく
こんなふうにつながっていられるなんて
あの時には想像もしていませんでした。
大人になっていくあなたを
こうやって眺めていられるなんて
想像もできませんでした。

今年も覚えていてくれてありがとう。
私もこれからも変わることなく
あなたの幸せを遠くから祈っています。

『サラダ記念日』今でも好きですよね?
私も今でも大好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)