« 永遠の出口 | Main | 待ち合わせ »

November 01, 2016

長いお別れ

51urrqlozal__ac_us160_ クロとの散歩道の途中に小さな図書館があります。近すぎてあまり利用したことがなかったのですが、ふとしたきっかけで行くようになって、図書館で本を借りるという習慣ができつつあります。本屋さんでの出会いとはまた違う、本との出会いが図書館にはあります。

10月はほぼ一カ月間、風邪と仲良しになってしまい、大阪の両親に会いに帰る予定もキャンセル。咳が続くという程度でしたが、もったいない10月を過ごしてしまいました。

でもその時に図書館で借りた本が「長いお別れ」でした。なにげなく選んだ本があまりにも自分にタイムリーだったことに驚き・・・

私が大阪行きをキャンセルした頃、父は肺に水がたまったり、それが治ったと思ったら、突然、認知症のような言動や始まったりしていて、家族も私達も父の日々変化していく体調にドキドキでした。

精神的には本を読んでいる場合ではなかった私ですが、自分が出会ってしまった「長いお別れ」がすごく気になって、寝る前に少しだけと思って読み始めたらすぐに、この本は私を図書館で待ってくれていたんだなぁと思いました(*^_^*)

ストーリーは 認知症を長く患っている父親を中心に、その妻、娘3人が、父親の病状の変化に右往左往しながらも、父親とのお別れまでの時間を支えあって過ごしていくといういう家族の物語。認知症は少しずつ記憶をなくして、ゆっくりと遠ざかって行くという意味で「長いお別れ」ということなのだそうです。そして、まだまだ長く続きそうな介護の日々も、あっけなく最後がやってきて・・ そこで物語は終わり。

私の父もこの物語の中の父親のように、少しずつそして長い時間をかけて忘れていくのでしょうか?でも年齢的にはそれほど長い時間は父には残ってないような気もします。「短いお別れ」になるのかな? どちらにしても父にとって、家族や私達にとっても良い時間を過ごせますように。私は私の置かれた場所でそんな努力をしてみようと思います。

|

« 永遠の出口 | Main | 待ち合わせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/64428397

Listed below are links to weblogs that reference 長いお別れ:

« 永遠の出口 | Main | 待ち合わせ »