« ONGEE HOUSE | Main | ファシリティードッグ »

July 24, 2016

ハル 哲学する犬 

Dsc_0038a

この前お会いした犬友さんが、『yumiさん、また犬飼ってよかったですね。ブログが明るくなったよ~』っておしゃって下さいました。自分では気づいてなかったのですが、確かにそうですね。

トマトが亡くなった直後から、体調を崩して通院が始まり、それは今も続いていますが、クロを飼ってから半年以上経ち、昨日の定期検査ではすべての数値が正常になり完璧でした。クロのお陰ですね。

犬が好きな私にとって、毎日の中心にクロと楽しくたくさん歩くということをおくことで、私のすべてが元気に動きだしたということでしょうか。何をやっても楽しい、何をしても疲れない、いくらでもやれるという感じです(*^_^*) ワンコはすごい☆(あくまでも私にとってですが)


そしてまたまたワンコですが・・とても素敵な本に出会いました。可愛いメルヘン的な絵の中に出てくる犬「ハル」が、とてもシンプルでわかりやすい言葉で、私がずっと感じてきた色々な疑問や不安や生きることについて等々・・じんわりと優しく答えてくれました。この本を訳された蓮池さんのあとがきも素敵でした。


41vktqh761l__sx298_bo1204203200_

 ハル 哲学する犬
     著者:クォン/デウォン
         
     訳  :蓮池/薫       

明日

たとえ人生が終わったとしても、それは
きょうが去っても、明日がくるのとおなじです。
ことし花が散っても、来年また咲くのとおなじなのです。

現実には、だれもが限りある肉体という型のなかで
あたえられた時間だけを生きるようになっています。

その時間が去ったとしても、また明日がやってくるのです。


クォン/デウォン
   朝鮮日報」新春文芸において、詩の分野で文壇デビュー

蓮池/薫
   1957年新潟県生まれ。中央大学法学部3年在学中に拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。帰国後、新潟産業大学で朝鮮語の非常勤講師・嘱託職員として勤務するかたわら、中央大学に復学

|

« ONGEE HOUSE | Main | ファシリティードッグ »

Comments

こんばんは。
私もいろいろ無くし、絶望の果てにいても生きなければいけないと思い知らされた現実。
私もつらいことの方が多いような気がしました。
生きる意味を今も探してます。
幸せな時はくるのかなと。
毎日楽しいと感じる事は生きる活力になりますね。
凄くステキな本ですね。
人生を早く終わらせたいと何度も思ってますが、あたえられた時間だけを生きるようになってるんですかね。。
まだ見つけられないでいます。
たまに読ませていただいてます。
ステキな文章力が好きです。
体調ずっと気になっていました。
大丈夫でしょうか。心配です。
コメントしてはいけないと思いつつも、してしまったことお許しください。

Posted by: | July 25, 2016 at 02:01 AM

お名前がなかったので・・どこかのどなたか様へ
コメントありがとうございました。この広いネット上で、こんなふうにお会いできるのは、とても楽しいことです。さらにコメントまで頂いてしまって、うれしい限りです。

「生きる意味」ですか?
むずかしいですね。私にとって生きる意味ってなんだろう?

生きていくことはどんどん大切なものを失っていく連続なんじゃないかと思ったこともありました。でもそれはそうではないですよね。逆にどんどん大切なものを見つけるための「生きる」っていうことでもあるんですよね。
たとえ失ってもその大切なものは永遠に自分の中では大切なものであり続けるし、失うことでまた新たに、もしくはもっと深く大切なものを知るということに気づきました。

幸せは「突然」に「すぐそば」にころがっていますよ。

毎日を楽しんで下さいね。
明るさは明るい幸せを運んで来てくれますよ。
どこかで、今、この同じ時代を生きているあなたの幸せを心からお祈りしています。
*************************************
同じ時代に生きている。
ただそれだけで、親近感を覚えることがあります。
「あっ、そうなんだ。あそこにいたの?
あのときぼくもそこにいたんだけど・・・」
と話しかけてみたくなるくらいに。
たとえ逢うことはなくても、
この時間に、この場所で
ともに息をして生きているという理由だけで、
なぜか似たような人生を歩んでいる気になります。
*************************************
体調のこと心配して下さってありがとうございます。病は気から・・ですね。すっかり元気になりました。(長いコメントになってしまいました・・)

Posted by: yumi | July 26, 2016 at 12:46 AM

長い文章でのお返事ありがとうございました。
名前を書くと迷惑になると思いふせました。
お久しぶり‥と言ってもいいでしょうか。

私も年を重ね見えてくる景色が若い頃と違ってきて、何もない日々の中で死へ向かってるだけのように感じていました。
失い会えなくなりましたが、この時間に、このどこかで、幸せでいてるのかなと忘れたことはありませんでした。
1度しかない人生なので、ダメな事だとは分かっていたのですが、、

もう1度お話したいと思いコメントしてしまいました。
たとえ失っても大切な物は永遠ですよね。
私も過ごした時間思い出全て永遠に大切です。
笑ってキャロットやトマトを見つめてる姿が私の中で生きてます。
今は新しい家族も増えたのですね。
時間は流れていきますが、私はこれからもずっと忘れる事はないと思います。
どうか幸せでお元気でいてください。
沢山書きたい事があり、文章がめちゃくちゃですみません。
お返事は、大丈夫です。
本当に‥突然ごめんなさい。

Posted by: | July 26, 2016 at 12:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/63959923

Listed below are links to weblogs that reference ハル 哲学する犬 :

« ONGEE HOUSE | Main | ファシリティードッグ »