« February 2011 | Main | May 2011 »

April 23, 2011

元気がでるCM

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2011

おひさま

てっぱんの続きで、新しく始まったNHKの朝ドラ「おひさま」をなんとなくみていたら、物語の設定がちょうど母の青春時代とぴったり一致していることに気づいて、そういう思いでみると中々おもしろくて・・ここのところは毎日楽しみにみている(^^) 母がみたらきっとなつかしく感じるだろうなと思ったので、ドラマのことを教えてあげようと電話したら・・ 「みてますよ~」って(^^) 母の学生時代の友人が「ドラマみなさいよ~」って、電話をくれたそうだ。

私が「ああいう時代の中で、ああいう青春を過ごしてきはったんですね?」って言うと、母は珍しく長々となつかしい話しを私に聞かせてくれた。初めて聞く母の学生時代の思い出話は、母達の時代は色々大変だったのだろうと思い込んでいた私には想定外な程、ドラマティックで楽しいことがいっぱいで驚き桃の木(*^_^*) 今ならそれほどかからない距離を、昔はすご~い遠回りルートでバス通学していたこととか、通学する中でできた色々な個性的な友人達のこと。そしてそういう人達がつながりあってできた仲間の輪のこと。そして、そういう仲間達と今もつながっているということ。もちろんすでに亡くなった人もいるようだけれど、母の年齢までつながっている仲間がいるというのは、本当に幸せなこと。うらやましい。

今朝の「おひさま」もよかったですぅ~ 主人公(陽子)の兄の言葉には泣かされました。ドラマを通じて、父や母が生きてきた時代を覗き見ている。今と比べたら、食べるものも、着るものも、話す言葉さえすご~く違っている。それが新鮮で魅力的で暖かさを感じる。どうみても現在の方が、すべてにおいて恵まれているはずなのに・・ 今の時代にはどこを探しても見つからないようよなものが、ドラマの中のあちこちにちりばめられて光っている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | May 2011 »