« November 2008 | Main | January 2009 »

December 27, 2008

心の旅

Dsc02476

何となく気忙しくなるこの時期。
バタバタと買い物に出掛けようとした時に
郵便受けに見つけた遠い遠い国からのクリスマスカード
うれしかったです(*^_^*)
ありがとうです。

クリスマスが終わると
新しい年へのカウントダウンが始まって
ますます追い立てられるような気持ちになります。

今年も残り数日。
今年の初めの目標は
「世界にはばたく」でしたが
世界にはばたくどころではなかった一年でした。
狭~い日々の暮らしの中でも
はばたく以上に得るものがあることを知った年でもありました。

深い深い心の旅をしていたような一年でした。
過去の自分や自分を支えて下さった人達からの大切なメッセージ
思いがけない記憶が今の自分をまた支え励ましてくれていく奇跡
そしてそれが新たな物語と重なりからまって
私をどんどん新しい場所へと運んでいってくれます。
神様のプログラムはほんとうに不思議がいっぱいです。

2008年に感謝しながら
残り数日をがんばりま~す♪


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2008

いつか冷たい雨が


『いつか冷たい雨が/イルカ』

だから だからお願いです
もう役に立たなくなったら
すててしまったり 自分本位でかわいがったり
小さなオリに閉じこめて
バカにしたり きたながったり
「人間だけが えらいんだ」
なんてことだけは思わないで下さい

人間以外の物達にも もっとやさしくして下さい
同じ時を生きているのだから
朝が来れば夜も来るし
産まれて そして死んで行く
私が土になったら
お花達よ そこから咲いて下さい

イルカさんの純粋さがいっぱい詰まった歌ですね。
現実の厳しさに溺れて、忘れてしまいそうになっている・・こういう気持ち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2008

自分からの解放

31rndzsqtml欲望する脳:茂木健一郎

「ある人の価値は、何よりも、その人がどれくらい自分自身から解放されているかということによって決まる」(アルベルト・アインシュタイン)

作者がこの言葉に最初に触れたのは、高校生の時だった。その時は、何かとてつもなく大切なことを言っているということだけしかわからなかった。最近になってようやくその言葉の意味について思索を再開したのだそうだ。

「私」という主語に囚われることは、すべてにおいての真実に目を閉ざすことを意味している。科学とは、「私」に囚われず、この世界の様々なものの「相手の立場」に立って考えてみる営み。そのことは、「私」というブラックボックスから解放されることで初めて可能になる。アインシュタインの「世界政府」構想発表も、科学の分野での天才的独創性の発揮も、すべてが「私」からの解放に始まっているということ・・

『小さな物語でも自分の人生の中では誰もがみな主人公』
そんな歌があったよね。
いつもだれだって自分中心で毎日を過ごしている。
それは普通のことで
脳はいつも自分のために何かを欲している。
でも・・

北風が吹き出した庭で、今にも死にそうな「カマキリ」を見つけた時
カマキリの一生で起こることを想像してみた。
どうやって生きてきたんだろう
どうやって死んでいくんだろう・・とか。
カマキリの立場に自分を置いてみる

「私」が自分の中で特別な意味を持ち続けることは認めた上で、様々な他者と行き交うための工夫を凝らす。ニュートンがリンゴなんて勝手に木から落ちてくるんだろうと思わないで、「リンゴの気持ち」になって「どうして下に落ちなければならないか」と考えたように・・つまり「客観性」は冷たいものではなくて、実は、他者への思いやりに結び付きそこから何かが始まる。

人間と人間の間でも同じ。他者への真摯な関心を持ち続けることは、心をしっとりと柔らかなのものに保つ・・「思いやり」につながっていく。「私」という主語に囚われない。主語を置き換えてみる。こういう工夫で、自分自身も解放されていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2008

影響を受けやすいタイプ

歴史苦手、大河ドラマみない人だった私が、突然『篤姫様』にはまってしまいました。ここのところ何週かの日曜日夜8時は、NHKにチャンネルを合わせたテレビの前で、ほぼ正座状態の私です。篤姫様の魂のこもった一言一言に毎週、こみ上げてくるものを抑えるのに必死。

徳川家を思う篤姫様に負けてはいられない衝動にかられた私は、思い立って、1人で我が家の墓地のお掃除にいってきました(?意味不明ですが)山の中にぽつんとある墓地に1人でいくのは勇気がいるのですが、午前中はお天気もよくてなんだか自然に森の中に入っていくことができました。両親の本命日がもうすぐなので、次の日曜日キャロ父さんと掃除にいく予定だったのですが、枯葉にうまっているその場所を想像すると、日曜日まで放置することがすごく心もとなく思えたので・・墓地の掃除はとりかかってしまうとすごく心が落ち着いて、心地良い感覚が広がっていきます。

残念ながら、きれいにお掃除しても、次の日曜日にはまたたくさんの枯葉が落ちているんでしょうね。でも今日、私は墓地のお掃除をしたことは間違いない事実です。なんか満足。よくやった、自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2008

掃除力

綺麗にすること・・「掃除力」が幸運を運んでくるのだそうです。
そういうことはなぜか真摯に受け止め
信じられる私です。

で、寒いのが苦手な私は
年末の寒さには耐えられないので
今年も12月に入る前に家中の窓拭きを終了しました。
毎年、こういうスケジュールなのですが
これは全く、年末の大掃除という目的を果たしていません。
結局、お正月には窓はまた汚れているという状況^_^;

幸運が年末のうちに
どんどん舞い込んできますように(^^)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

紅葉が綺麗な季節になりました。
自宅周辺の山々もほんとうに綺麗です。
トマトは洗濯物といっしょに日向ぼっこ。
このところの日課です。
002Dsc02403

頂きもののさつまいもで作ったスィートポテト♪
みかんも大阪から届きました。
バナナはダイエットのために買いますが
食べ忘れてしまってすぐにいたんでしまいます。
Dsc02398Dsc02401

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »