« October 2008 | Main | December 2008 »

November 24, 2008

山陰へ

今年ももうあと少しに・・楽しみにしていた同窓生との再会もあっという間に過ぎ、そして夏から秋にかけては、ワンコのお友達があいついで虹の橋へ旅立ったり。風のように駆け抜けていくかけがえのない一瞬一瞬。諸行無常です。今、ここにこうしていられる自分は奇跡なんだなぁって思う。

駆け抜けていく風を追いかけてみたくなって・・なつかしい場所に出かけてきました。『出雲大社』。前回この場所に立ったのは15歳の夏でした。何も変わってなかった。変化したのは自分だけです。あの時は友人と二人でしたが、今回の私は、あの時にはまだ出会ってなかった『キャロ父』さんと、想定外の犬『トマト』がいっしょです。
Dsc02421Dsc02423
Dsc02431Dsc02425

三瓶山周辺にも行ってみました。偶然、立ち寄った小さな洋食屋さんで、ふと・・すぐ前に建っているホテルを見た時、思い出しました。そうそう~ここで泊まったんだぁ(^^) あの時のまま残っていました。
Dsc02446Dsc02438
Dsc02435Dsc02444


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2008

ポニョの浦

宮崎駿さんが「崖の上のポニョ」の構想を練った瀬戸内海の港町・鞆の浦。
Dsc02365

Dsc02369_3

鞆の浦は、歴史的な人物とゆかりの大きい場所で
奇跡的に幕末~昭和初期の街並みが
広範囲にわたって、そのまま残っています。
ゆっくり歩きたい場所ですが、そうもしていられなくて車で通過です。

古い街には狭い路地・・生活するには大変ですよね。
バイパス道路としての架橋計画は
景観破壊につながると反対意見も多いみたいです。

実際にその狭い道を走ってみました。
途中、極端に狭くなっているところは
『赤と青』だけの信号が取り付けられていて
交互に一方通行となっています。

Dsc02370 Dsc02379 

Dsc02376 Dsc02377

Dsc02388 Dsc02362


| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 09, 2008

野原いっぱい

Dsc02328 Dsc02354

先週、私が留守した時
トマトは広大な芝生をノーリード独り占めという
優雅な一日を過ごさせて頂いたようです。
お礼に(下手ですが)チーズケーキを焼きました。

トマトが大変お世話になりました。
ありがとうございました(^^) 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2008

夢はいつか叶う・・です。

10107667995先日、お披露目オフ会に伺った海空家の「手作りドッグラン」が新聞で紹介されました。

犬を自由に遊ばせるための「ドッグランを作ること」が、海空じいじさん・ばあばさんの「夢」でしたよね。夢をいつも持ち、語り合われている・・そんな素敵なご夫婦(^^)

「夢はいつか叶う」の通り、じいじさん・ばあばさんのお人柄を表現されたかのような素敵な手作りドッグランが完成。地主さんの協力、暑い中での草刈、たくさんの努力の結果、夢をついに実現されました。記事では、そういう経緯が詳しくご夫婦の写真入りで掲載されています。(じいじさんのブログはこちら→地方紙に

記事画像をじいじさんから送って頂きましたので、こちらにも紹介させて頂きますね。

※画像クリックで大きく見れます。
 あつかましいトマトをお許し下さい^_^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 04, 2008

共通の原風景を持った仲間達

ただいま~『なつかしい人達に会うツアー』から帰宅しました。今回は浅く広くではなく、狭く深くをテーマにツアーを組みました。今回会えなかった私にとって『大切な人達』には心からお詫びします。

ツアーの一番の目的・・私の『根っこ達』と会ってきました。多忙な時間をくぐりぬけて集まった仲間達との再会はとても貴重な時間でした。共通する原風景をもった仲間達とは、遠く離れても今なお根っこでつながっていることを深く感じました。今頃は、またそれぞれ自分の場所に戻ってがんばっているはず(^^)

1時間だけ時間があいたので、急遽連絡をして会うことができたYさんとは、1時間が5分に感じてしまうほどのスピードで、お互いの近況を話しました。さよならする時は彼女も私も泣いてしまった。今度はもっとゆっくり会えますように・・

こんな私のわがままツアーに、全面的に協力してくれた『親友Mとそのご家族の皆様』、そして『トマト&キャロ父さん』、どうもありがとうございました(^^)


↓なつかしい山々S1065973104
僕は学校が好きだった。毎日わくわくしながら学校に通ったものだ。学校にはいやな奴も大勢いたが、好きな友達がそれ以上に沢山いたからである。友達は僕の宝物である。きっと僕が死ぬまで大切に抱えていける素晴らしい仲間たちなのだと思う。大人になった今、僕は学校を失ってしまった。毎日楽しみにしていた学校はもうない。社会にでてから今日まで、僕は孤独に仕事をしてきた。それでも、一生懸命仕事がやれたのは、ふりかえると僕には素晴らしい仲間たちが大勢いたからなのだ。彼らと過ごした自然な日々は、僕の人生において大いなる大地となっている。そして、僕はそこからすくすくと伸びる一本の木なのだ。僕の根っこは彼らとつながり僕は空を目指している。-そこに僕はいた(辻仁成)より-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »