« おわらない夏 | Main | 角島の夕陽 »

August 29, 2008

拝啓~十五の君へ


〇〇年前の昨日(8月28日)は、16歳だった私の人生が大きく動き始めた日でした。未来は見えなくて想像もできないのものであるはずなのに、あの日は自分の中のどこかで、自分に起きるであろう大きな変化を本能的に感じていました。そして色々な大きな思いがどっと押し寄せてきて壊れそうになったあの頃。不安でいっぱいの日々。あの時の自分に『拝啓16才の君に・・・』と手紙を出すなら、ただ『私(未来の君である)は、今も一生懸命生きてるよ』と。

|

« おわらない夏 | Main | 角島の夕陽 »

Comments

アンジェラアキかあ・・・
いいなあ・・・・惚れたな。

Posted by: 風折留亭 | August 31, 2008 at 12:16 AM

拝啓 風折留亭様
ご無沙汰しています。最近はエスカル号を利用させて頂くことが多く、いつもお世話になっております。できるならエスカル号の旅をずっとずっと続けていたいくらいですが・・現実から逃げることなく私も闘いながら自分の人生と向き合っていこうと思います。いつも素敵な記事をありがとうございます。(元気を頂きました)
では、くれぐれもお体ご自愛なさってください。闘う風折留亭さんを、遠くから応援しています。

Posted by: yumi | September 01, 2008 at 10:20 AM

拝復 yumi様

BLOGだけでしか知らないはずのyumiさんなんですが16の少女をいつも感じています。
素敵だなあ。

僕も最近はひとかどの人たちと会うたびに少年に戻りバーボンを飲んでは泣いています。

闘わなくてはね(笑)・・でもあーー生きているということはすばらしいなあって涙なんですよね。じゃあ乾杯!

Posted by: 風折留亭 | September 02, 2008 at 11:33 PM

風折留亭さん、どうもです~

大人になると子供の頃とか若い時の気持ちをもっと忘れてしまうものだと思っていました。実際はそうでもないですね。むしろ年齢を重ねるほどになつかしい自分を思い出してしまうことが多いです。

泣く大人・・肯定派です(^^)

闘うのってしんどいですが、風折留亭さんの『人生は不思議がいっぱいで素敵だ』の言葉を思い出すと、心がふっと楽になります。しんどいことがあったり、楽しいことがあったり、そしてそういうことを共有する仲間がいて・・そういうことがたくさんあるから『人生ってすばらしい』ですよね(^^)

Posted by: yumi | September 04, 2008 at 10:04 AM

yumiさんどうも!
あーーそういうことですねえ。

数年前、春の甲子園だったかキャッチコピーに

「あきらめないから、負けたりするんだ!」

って不思議なコピーが使われたことがあります。
違和感や、抗議があったのかすぐ使われなくなったのですが、僕は好きでした。

1500校のうち1499校は必ず負けるんですよね、だけど彼たちは最後まであきらめなかった・・・・だからすがすがしいきらめきを手に入れ少しばかりの悔しさを受け取って大人になっていけるんですよね。

Posted by: 負けたりする・風折留亭 | September 04, 2008 at 04:20 PM

「あきらめないから、負けたりするんだ!」

すごくいいキャッチコピーなのに
もったいないですね~

負けたりもするけど
勝ったりもする・・ですよね(^^)

Posted by: yumi | September 05, 2008 at 10:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/42312597

Listed below are links to weblogs that reference 拝啓~十五の君へ:

« おわらない夏 | Main | 角島の夕陽 »