« クッキングゥ~ | Main | さかなの子 »

July 11, 2008

転居

Dsc02187_3 
連日、何もかも溶けてしまいそうなほどの暑さですが
都会と違って田舎の朝は気温がぐっと下がります。
緑に囲まれているからなんでしょうね。
今朝の広島は久しぶりに曇り空。
今日は少し過ごしやすいかも・・
例の橋ですが、やっとここまで出来てきました。
あと何年かかるんだろう?
いつも下から見上げながら通っています。
Dsc02116_2  
家の周りで頻繁にノラ猫を見かけるなぁって思っていたら
母屋の納庫の2階部分(オープンになっていて出入り自由)
に出入りしているのを発見。
住みついてるのかも?
キャロ父さんに報告したら
『家賃を払ってもらわないと』と・・
で、キャロ父さんが日曜日、ノラ家の家族数確認のため
懐中電灯を持って2階へ・・
しかし、その直後からノラ家の姿が見えなくなりました。
転居されたのかも・・
Dsc02200_2
暑さにめげず『村上春樹さん』にはまっていました。
難解なんですがその『わからなさ』がなんともおもしろくて・・
自分のことも、自分をとりまくすべてについても
結局、わかっていることはほんのかけらでしかない。
そんなふうに思って
自分が知らないこと、わかってないこと考えてみたら
気が遠くなりそうです。
でもやっぱり『わからない』ということがおもしろいのかも・・
Dsc02192_2
例えば・・トマトは生まれた時からずっと我が家にいるけど
私の知っているトマトは私の目から見たトマトでしかなくて
トマトが見ている(感じている)トマトの世界は
全く私の知らない世界です。
私の知っていることなんてほんのかけら・・

|

« クッキングゥ~ | Main | さかなの子 »

Comments

久しぶりの更新やと思ったら
村上春樹さんの本読破してたんですねー。
いいなぁ。朝だけでも涼しかったら。
7時過ぎに散歩に出たら もぉ暑暑・・・

yumiさんの言葉やっぱり深いわぁ。

Posted by: | July 12, 2008 at 08:46 PM

桃ちゃん
毎日、超暑い日ですね~
夕方太陽が沈んだ時と
早朝だけは体がすっと楽になります。
でも昼間の暑さは都会と同じです^_^;

『村上春樹さん』・・
どの本も深いんですけど
私には中々難しくて・・ワケワカメ~状態ですけど
まぁ「おもしろいなぁ~」ということだけで・・
最後まで読んでます(^^)

Posted by: yumi | July 14, 2008 at 07:45 AM

こんにちは~(^^)

村上春樹・・・不思議なお話が多いですよね~(笑)

でも、yumiさんが言うように、そのわからなさが魅力の一つのようにも思います。

それに、物語が、「わかる」とか「わからない」とかいうことに縛られていないで、ただただ水のように自分の中に流れ込んでくる・・・そんな感じがすごく心地よくて、読んでしまう・・・そんな気がします(^^)

Posted by: 10月 | July 19, 2008 at 03:45 PM

10月さん こんにちわ(^^)

村上春樹さんの頭の中って
どういう構造になっているんでしょうね。

そうですね~
わからないことにこだわらないで
読めばいいんですよね~

>ただただ水のように自分の中に流れ込んでくる・・・

それで、突然、急流の如く
流れ込んでくるような時もあったりして(^^)

Posted by: yumi | July 21, 2008 at 08:56 AM

おはようございます。

ふと、この前、ぼくが書いた、

『それに、物語が、「わかる」とか「わからない」とかいうことに縛られていないで』

という文章は、

『それに、(村上春樹さんのつくる)物語が、「わかる」とか「わからない」とかいうことに縛られていない感じがして』

と書かないと、なんだかyumiさんに

「こう読め!!」

と言ってる文章のようにも読めてしまうかな?と、ちょっと心配になりました(^^;

そうですね。まさに「急流の如く流れ込んでくる」感じになるときもありますよね(^^)

読んでいるときや、読んでからちょっと時間が経ってから、日常でのいろいろなできごとが、同じような感じで自分に迫ってくること・・・流れ込んでくることもあったりするなー・・・と、ふと思いました。

Posted by: 10月 | July 21, 2008 at 11:05 AM

10月さん、了解しました。

村上春樹さんの物語が
「わかる」とか「わからない」とかいうことに縛られていない感じ

っていうことですね(^^)

彼の本を読み始めた頃は、
わからなさがすっごく
気になって仕方なくて・・
だから同じ物語を何度も読んでみたり・・
でも何度読んでも
強烈に感じさせられる部分は何度もそうだし
そしてまた
わからない部分はそのままだったりしました。
それでもまた次の彼の物語を読みたくなるっていうのは
彼の作品に共通してある

>「わかる」とか「わからない」とかいうことに縛られていない感じ

が大きな魅力になってるからなのかもしれませんね。

Posted by: yumi | July 22, 2008 at 08:12 AM

もう夏ですから鳥達も転居し終わった頃でしょうか。(笑)
こちらは夏から春に戻りましたー
年下の彼女さんが出来ました(>_<)
楽しい日々を送る今日この頃です。

Posted by: AK47 | August 01, 2008 at 12:43 PM

AK47君
京都は暑いだろうなぁって思ってたら
なんと春に戻ってたなんて・・♪
『彼女さん』できてよかったね。
おめでとう。
やっぱりひとりよりふたりの方が
何かと楽しいですから・・
年下の彼女さんを大切にしてあげてね。

Posted by: yumi | August 02, 2008 at 08:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/41801405

Listed below are links to weblogs that reference 転居:

« クッキングゥ~ | Main | さかなの子 »