« March 2008 | Main | May 2008 »

April 28, 2008

長ちゃん

広島に転居して初めてお友達になったバニの長ちゃん
昨夜、23時34分虹の橋を渡ったそうです。
苦しまなかったってお聞きしました。

家族として大切に育てられ
本当に幸せだったと思います。
最後に会ったのはもうずいぶん前のことですが
ものすごくはっきりと覚えています。
また会えると思ってたのに・・

虹の橋のたもとにはたくさんお友達が待っていると思います。
今頃みんなと再会してるのかな?

心からご冥福をお祈りします。

※初めてのミニオフ会でママさんとまめちゃんといっしょに撮った写真です。
Ryuu31e90ff_2


| | Comments (2) | TrackBack (0)

不思議な春

不思議な体験をしたこの春。
何も変わらない生活の中で
私の中の何かが成長し、変化しているのを感じています。
一瞬の波動ではなくて・・
深い部分でそれは持続しています。

きっかけはなんだったのだろう?って検証してみました。
一冊の本かもしれせん。
私の感性に大きく刺激を与えてくれたのでしょうね。
それはたまたま私にとってそれであったということなんだと思います。
でもそれを私がしっかり受け止めることができたということ。
なんてラッキー♪

私の生き方が大きく変わりつつあるような気がします。
今のこんな気持ちを素直に表現しながら
それを持続できる自分でありたい。
そのためにまず今日一日
がんばって過ごそうと思います。

もし今に至る結果を知っていたなら
もっと楽に生きられたのかもしれない。
自分の想いを信じて、君を信じて
もっと素直に生きられたのかもしれない。
でもだからこそ一生懸命生きてこれたのかな?
だからこそ今、こんな気持ちで君のそばにいられるのかな?

一生懸命すぎて自分しか見えてなかった。
気づかなかったことがたくさん。
君の優しさとか君の苦しみとか・・
今ならこんなに理解することができるのにね。
自分を生きることだけでいっぱいだった。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2008

泣きながら・・歩こう

少しずつ思い出してきました・・

私は今以上によく泣く女の子でした。
毎日、毎日、よく泣いていました。、
思春期の頃が一番よく泣いていたような気がします。
悲しいとか、寂しいとか言っては泣いてた。
好きな人に会えただけで泣き
『また今度~』ってさよならを言うだけで泣いてたっけ。
そうそう~そういう女の子でした。

大人になり母になってからも
がまんしようと思いながら・・
こらえきれずに私はやっぱり泣いてた。

でもこれからはがまんしなくていいんだよね。
あの頃のように感情のまま思いっきり泣いてだいじょうぶだよね。
これからは母ではなくて・・
ささいなことに心を揺らし泣く自分に戻ってもいいのかもしれない。
そういう自分が一番自分らしいような気がするし
私はやっぱりそういう自分が一番好きなのかもしれない。
楽なのかもしれない。

大切な人を思い泣こう
大切な思い出を思って泣こう。
大切な今と未来を思って泣こう。
泣くことを許される自分に感謝して泣いてしまおう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 21, 2008

消えてなくならないように

ここのところ私はかなり変でした。心が過去のある時期にすっぽりと戻っていってしまい、それがかなり長い時間続いているという状況でした。いつもと変わらない生活をしていながら、心だけが別のところにいました。

過去の自分の未熟さをものすごく鮮明に感じたり、その時、自分を支えてくれた人への感謝の気持ちが溢れて出て、止めることができなくなってしまいました。

でも、この思いを伝えてしまったら自分がそのまま消えてなくなってしまいそうだし、それを自分の中にしまい込もうとすればするほど、そういう思いがどんどん強くなっていくし・・

結局、思ったことは素直に伝える主義の私としては、今回もやはりそのようにしようと思いました。今、湧き上がってくる思いは今、伝えるべき時なんだと・・

そして突然私が「あの時は・・・・。あれからもずっと・・・」なんて伝えたら、「だいじょうぶかぁ?」と・・(^^)

そして、その日は自分が消えてなくならないように気をつけて過ごしました。どうにか今も消えずにいるのでだいじょうぶです(^^)

届かなかった愛の言葉たちが
次々と花になってひらく

きのう流した涙が
空色の水たまりになって
光っている

とじこめていたたくさんの想いが

とき放たれて野山を走る

みていると
ぐんぐんすきとおっていく
空!!

私は草の上のオルゴォル  【みつはしちかこさん】


| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 17, 2008

信じられるもの

私にとって、信じられるものって何だろう?

例えばそれは
最低でも“持続するもの”でないといけない?

そういう意味で私にとって自分の涙ほど信用できないものはない。
すぐに涙こぼすけど、その後すぐに笑えたりもする。
そんなものを信用するわけにはいかない。

若い頃よくあこがれた“永遠”なんて言葉。
あこがれるっていう時点でそれを信じてなかった。

あれからたくさん時間が流れた今、気づいたこと・・
続かないものばかりじゃない。
消えていくものばかりでもない。
ずっとずっと変わらずにそのまま存在するものもあるってこと。
たくさんの時間の経過が
私にそんなことを教えてくれている。

それは私の中にも
私をとりまくものの中にも間違いなく存在していて
私はそれらに気づき胸キュン・・
信じていいものもあるんだ。

そして・・なぜか涙がボロボロこぼれた。
信用できない私の涙・・なんだけどね。
心の中は感謝の気持ちでいっぱい・・
だれに言ったらいいのかわからない・・『ありがとう』の言葉でいっぱいになった。

とんでゆく花の天使よ
きょうという日のやさしさを
忘れないでおくれ

またいつかこの日の雲に
めぐりあう日をたのしみに・・ 【みつはしちかこさん】


| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 13, 2008

きみを想う夜空に

41hhpzxdrql_3ニコラス・スパークス(著) 雨沢 泰 (翻訳)

主人公のジョンは1977年生まれ。陸軍の兵士。ジョンは9.11の同時多発テロによって、図らずもイラクへ派兵され過酷な戦闘を体験する。そうした「アメリカの現代」にもてあそばれる運命の展開は、主人公の恋愛の行方に大きな影響を与えることになる。

そして・・以前は自閉症と誤って診断されていたアスペルガー症候群も、この物語において重要な位置を占めている。

いつも思うことですが
本を読むと・・必ず今読んでいる内容とシンクロしているかのような場面にたくさん出会うのです。自分がそういうフィルターを通してすべてを見ているからなのでしょうか?

たとえば・・
先日、オフ会が行われたのは基地の町・岩国でしたから、米軍の若い人達とすれ違ってあいさつをかわすたびに、彼らがみんなジョンに見えて、彼ら1人1人に大切な家族がいて、恋人もいるんだろうなぁ?等と私の想像は留まるところを知らず広がっていってしまいました(^^)

私としては珍しく『純愛小説』。冷静に見れば、現代アメリカの小説で“狙って創られた”作品と言えるのですが、何と言っても私の感性は単純にできているので、静かな切なさで綴られたこの恋愛小説に素直に泣きました。人と人が出会うことはいいなぁと改めて思わせてくれるような・・そんな物語でした。

人が人を想う気持ちというのは、ものすごく自然なもの。そして、それとは全く違う次元で、人は義務とか責任とか運命とかそういうものを背負って生きている。違う次元のものだけど、生きて行く中でそれらが混ざり合って存在しているということが、耐えること祈ることを教えてくれる。君を思うために君から離れる、君を思うからこそ悲しみに耐える。深いものを知れば知るほど人は遠く広く見渡しながら生きていけるような気がします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2008

特設動物園

1917_2
【海空家撮影画像】

桜満開となった昨日の日曜日、海空風家からお誘い頂いて山口・錦帯橋でのオフ会に参加してきました。岩国到着直後から渋滞。残り2k弱となったところから車を乗り捨て?徒歩ということになりましたが、それもまた楽し♪でした。オフ会会場は去年と同じ錦帯橋を渡ったところをキープして下さっていました。海空じいじさん・ばあばさんにはお忙しい中、大変お世話になりました。(お手伝い何もしなくてすいません)本当にありがとうございました。

バーニーズ以外の犬種のワンコ達もたくさん参加していて、オフ会はまるで移動動物園状態でした。お花見客の方々も突然の特設動物園に興味津々で、写真を撮られたり、犬種を聞かれたり・・でした。

↓携帯画像ですので、きれいな画像は海空風家のブログでアップされています→こちら

Nec_0242 Nec_0245
左画像・・イタグレの翔君とはじめましてのまいちゃん
右画像・・デンのハルちゃんとバニのビビちゃん

Nec_0249 Nec_0251
左画像・・ルナちゃん
右画像・・風ちゃん

Nec_0252 Nec_0253
左画像・・大きなピレのポコちゃんといつも以上に小さく見えるトマト
右画像・・はじめましてのはなちゃん

Nec_0256 Nec_0258_2
左画像・・セントのタマちゃん(身体は大きいけど甘えんぼさん)


| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 02, 2008

メタミド・・メタミド・・

雑用をこなしながらつい鼻歌を歌う。そんな感じで自然と繰り返し口から出てきた言葉は『メタミドホス・メタミドホス・メタミドホス』 メタミドホスってなんだ?すぐに思い出せない(痴呆か?)そうそう~あの問題農薬だ。

生協でも大型スーパーマーケットでも、すべての食品に原産地名が今まで以上に見やすく表示されるようになった。中国産という言葉を見るだけで『きゃぁ~』と心の中で悲鳴を上げて避けている私。連日の報道で中国恐怖症だ。

K1041220699_2今年も花粉症の季節。2、3年前から飲んでいる甜茶カプセルのおかげで-副作用もなく-この時期を楽に過ごせるようになった。ところが・・何かで『あなたのサプリは中国産?』なんていう見出しを見かけた。私が飲んでいるのはサントリーの商品だが、改めて確認してみたら、パッケージの表には「中国広西荘族自治区産」とある。やはり中国産だ(きゃぁ~) 去年まではありがた~い『甜茶』だったのに・・ 飲むか飲まないか迷う。中国産は怖いけど、花粉症も辛い。

結局、覚悟(どんな?)を決めて飲むことにした(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »