« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

犬(の物語)は苦手です^_^;

映画『犬と私の10の約束 』の完成披露試写会が行われたそうです。「犬10応援団」として、CMやドラマ、ブログなどで人気のタレント犬やアイドル犬10匹が大集合。大騒ぎとなったフォトセッションはこちらで見れます→読売オンライン

Htbookcoverimage_2『犬と私の10の約束』は、「犬の十戒 」(犬飼いさん達の間ではすでに有名)という短編詩が原作。犬のソックスと少女あかりとの愛と絆が描かれています。私は お友達が送って下さったこちらの【犬と私の10の約束:川口晴】をまず読みました。

| | Comments (0)

February 26, 2008

バターがない・・

先週末はまたまた積雪でした。めげずに午前中空港公園で散歩。さすがにこんな寒い雪の日には、サッカー少年達以外はだれもいません。トマトは新雪の上を元気に散歩してましたが、こちらは寒くて写真を撮る余裕なし。山の上にあるので、下界よりかなり気温が低いです。その上に強風ですから・・(ブルブル~)

そんなこともあって散歩は早めに切り上げ、食料品の買出しをして帰宅しました。夕食はピザを焼くことに決定。ついでにパンも・・バター不足って少し前から言われてましたが、最近は、大型スーパーマーケットでも本当に品切れ状態ですね~使いなれた〇印バターが全くなかったです。バター不足の原因って・・深刻な牛乳あまりの対策として減産が進められた結果、逆に足りなくなったということらしいですが・・^_^;

ピザにも人柄が出ます。(どんな?)
↓キャロ父作/サラミ&海の幸ピザ   ↓yumi作/シーフードピザ
Nec_0187           Nec_0186

↓キャロ父さん作/初めてのあんパン
Nec_0189           Nec_0188

| | Comments (4)

February 22, 2008

クリックで応援☆

お友達のブログ(犬とTodo)で
『クリック募金』についての記事がアップされていました。
内容は・・

ジャパンエナジーは、クリック募金で障害者スポーツを応援しています。趣旨にご賛同いただける方はクリックしてください。皆様に代わって当社が、クリック数に応じた金額(クリック1回につき1円)を、世界を目指してがんばっている障害者スポーツ選手・団体に届けます。
障害者スポーツ応援クリック募金

↑のバナーからジャパンエナジーのサイト(詳しくはこちらで)へリンクしています。
そちらで『クリック応援』することができます。

| | Comments (4)

February 12, 2008

こんな休日・・

Paidukuri
アップルパイ作り(簡単・手抜き)のボランティア~ 
たくさん材料を提供して頂いたので、午後から夜まで『パイ焼き』(^^)
家中に漂う美味しそうな香りに『食べたいなぁ』・・のトマト。
Nec_0165_2Nec_0171
先日の積雪がうそのような暖かい連休でした。
ぽっかぽかの日差しを浴びてウトウト・・のトマト。
美味しい夢でも見てるのかな?

| | Comments (8)

February 09, 2008

人間の関係

Nec_0158寒風の中、トマトといっしょに自然の中を歩いてきました。「おっ、いつもと違う散歩だ」とトマトも気づいてる様子。嬉しそうにどこまでも元気に歩いていくトマト。何度も私を振り返りながら『母さん、寒いのに散歩付き合ってくれてありがとう』って・・トマトが言いました(※言ってるように見えました)。私はたくさん着込んだ上にキャロ父さんのベンチコートを借用して重装備でしたが、それでも寒い^_^; 夏場は気の毒に思えるトマトの天然毛皮が、この時期はうらやましい限りです。-勇気をだして-あえて寒風の中を歩いて身体を動かしてみるのも気持ちいいです。心も身体もびしっと引き締まります。

41ius74ngtl

本にかけられた帯には『人は「関係ない」ではいきられない。』というキャッチコピーが・・納得した私(^^)

人と人とのつながりの深さというか、強さというか、そういうものって何でできているんだろう?と考えることがあります。ある時そういうことを質問されたので、とっさに「思い出の数かもしれない」って思いました。

今、父母のことを「元気にしてるかなぁ?」と思い気遣う気持ちの中に、父母との思い出が重なります。息子達を思う気持ちの中にも、彼らを育てながら自分も育ってきたその共有した時間が今もなおすごく大きな場所を占めてるなぁって思います。共有した思い出が自分をとりまく大切な人達とをつないでいる。思い出の数だけ、そこから遠くなればなるほどそこに戻りその人を思う。絆というのはそういうことの積み重ねなのかもしれないなぁと思うのです。

ほんの短い間、ともに過ごした学生時代の友人達。共有した時間は短くても、何十年過ぎた今もお互いの中にお互いが存在している。そこにたしかにある絆も、もちろん「思い出」と呼ばれるものでできています。

作者は『人間をつなぐ絆のなかには、明日にむけての「夢」というものがあり、計画も希望もある。現実をいっしょに闘い抜いていかなければならないという、連帯の精神もある。』と書いています。

昨日は今日のために・・今日は明日のために・・です。


| | Comments (2)

« January 2008 | Main | March 2008 »