« July 2007 | Main | September 2007 »

August 30, 2007

オレンジ色の月

一昨日の夜、台所で魚を焼いてる途中「今、月食始まってるから」と、大阪の姉から電話。魚の焼け具合を気にしながらちょっとだけ月を見るために外へ。

皆既月食って真っ暗にはならないんですね。暗いオレンジ色の月でした。下の方から少しずつ明るくなっていくところをしっかり見ました。そして、焼いていた魚のことを忘れそうになって(危険!)急いで家の中へ。魚の火を止めてもう一度月の観察(^^) 姉は母にも電話したって言ってたから、きっとこの同じ月を母も見ていたんだろうと思います。

皆既月食・・全国でこんなふうにが見られたのは6年半ぶりのことなんだそうです。前回ももちろん見てないし、今回、見れてラッキ~


※太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため、皆既月食でも月は真っ暗にはならないで暗い赤色に見えるんだそうです。そういうことなんですね。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 27, 2007

夏から秋へ

必要に迫られて・・ インターネット上に、書類・画像・動画等の様々なデータを保管するサービス(ファイルバンク)を初めて利用してみました。保管したデータは、職場とか自宅で必要に応じてアップロード/ダウンロードできて、また仲間とシェアしたり、メールで送信することが可能です。便利ですね~(100GBまで無料、有料だとより速い速度でのダウンロードも可能)

まだまだ猛暑が続いていますが、やはりお盆を過ぎてしまうと、毎年のことですが、夏が少しずつ終わりに近づいているのを朝夕のちょっとした隙間に感じさせられます。こういう(暑い寒いという)気温の変化って人の体や心に大きく影響しているんでしょうね。寒いより暑い方が好きな私だからよけいにそうなのかもしれませんが、暑さが少しずつ衰えていくこの時期って、な~んかちょっと心の中に寂しさが入り込んでくるような感じです。逆に、寒い冬から春に向かう季節は心もウキウキ~なんですけどね。

暑い暑いと言いながらもあっという間の今年の夏でした。『暑中見舞い』もきちんと出せないまま『残暑』もぼぉ~っと見送って、このまま色々な意味で盛り沢山の事が待ち受けている我が家の秋がやってきそうです。『がんばっていこう!』なんて続けて書こうとして・・手が止まりました~

自分だけがんばればいいものでもなくて、自分だけでかんばれるものでもなくて、年齢を重ねるほどに、がんばることって複雑になっていきますね。そんなことを感じてしまう今日この頃。自分なりに自分がやれることを直球ではなくて、ゆっくりと遠くに投げるような感覚で、そしてできるならぶれないように投げられたらなぁ・・と願っている自分でごじゃります。

お友達から夏の思い出画像頂きました。。アドベンチャーワールドのパンダさん♪
20070812_298_00


| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 20, 2007

言葉から始めよう♪

米大リーグのパイレーツを戦力外になり退団が決まった桑田真澄投手は会見で「20年間どこかに置いていたものを自分の目で見て肌で感じられた。キャンプで大きなけがをして、それでもメジャーリーガーになれた。充実感でいっぱいだし、何一つ悔いはない」と語った。

いつも思うことだけど・・素敵な人は素敵な言葉を持ってるなぁってこと。いい仕事をする人はいい言葉を持ってる。いい言葉を持ってるから素敵な人なのか?いい仕事ができるのか?どっちでもあるのかな。

普通の私は普通の言葉しか中々持てなくて。普通のことを目標に、普通のことに悩んだり喜んだり、落ち込んだり幸せだったりしながら、普通に毎日を過ごしてる。

普通でない自分にもたまには会ってみたいよね。。もっともっと違う自分に出会いたい♪。もしも私が普通の私でなくなっても、決して驚かないで下さい(^^)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 17, 2007

空気

ここのところよく耳にする「KY」という略語。
『K:空気  Y:読めない』
という意味なんだそうですね。(最近知りました)

お盆の我が家にはかなり珍しく
小学生のお泊り客がありました。

若いってすごいですね~
猛暑もなんのその
紫外線だって怖くない
カロリーなんて気にせずにがんがん食べられる。
こういう空気すっかり忘れてました。
ついついつられて
炎天下走りまわってた「キャロ父さん」(だいじょうぶか?)

お盆が終わって静かになって
すっかりもとの空気に戻ってしまった我が家。
私・・活力源を失って・・動けません^_^;

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 11, 2007

一塁側2階席最上列

Dsc01348_3
お盆をひかえて、キャロ父さんの仕事の方が(私も)かなり多忙になってきている中でコンサートに行くというのは、かなりその前後が過酷なことになってしまいました。

『夏広島から』に行かれた方々のブログ記事を読んでみると、それぞれの事情の中で暑さとも戦いながら市民球場にどうにかたどり着いたというような同じ世代の方々がたくさんいらっしゃって、忙しい思いをして聴きに行ったのは自分達だけじゃないんだなぁとわかりました。

昨夜はテレビで『夏広島から』が放送されました。私は同じコンサートを2度見たことになります。4時間半のコンサートが1時間半に編集されていて、あの照りつける太陽の下、一塁側2階席最上列でみたものとは全く違うものに見えました。色々大変だったけどやっぱり行ってよかった♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 10, 2007

夏ひろしまから

Dsc01319Dsc01348Dsc01315Dsc01328
【2007 夏広島からさだまさし】
広島市民球場に昨日、行ってきました。

1987年以来毎年、広島原爆忌(8/6)にさだまさしさんが開いてきた『夏 長崎から』が昨年、20回目の節目でファイナルを迎え、その締めくくりとして今年、この20年のステージを振り返り・・やり残したことを『8月9日に広島で歌おう』という・・【夏 広島から】。市民球場を埋め尽くした32000人の観客。私達もその中の二人になってきました。


コンサートは「長崎小夜曲」「がんばらんば」でスタート。
ゲストには、「山崎まさよし」「BEGIN」「コロッケ」「根本要」
「加山雄三」「チキンガーリックステーキ」「September」 。

夕方5時から始まって9時になっても終わらない。
『エコノミー症候群』になってそうな隣の人が心配になって
「だいじょうぶ?」って聞いたら
「あんまりおそくなったらトマトがかわいそう」っていう返事。
最後まで見てこそ・聴いてこそという私の主義も
トマトには勝てなくて・・
『ごめんね~』という感じで身を低くして球場を脱出。
続きは今夜のNHKの放送で見ることにしました。


あなたの大切な人の笑顔を思ってほしい
そしてあなたの大切な人の笑顔を
守るためにはどうしたらよいのか
考えてほしい。
そしてそのために
ほんの一歩でいいから踏み出してほしい。
ナガサキ・ピース・ミュージアム

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 07, 2007

平和の地蔵

Dsc01309_00_2
原爆の日を迎えた昨日、朝8時15分、町内の無線放送が「黙祷しましょう」と伝えました。広島に住んでいるんだなぁと実感。

広島で生まれ育った方のブログに「8月6日午前8時15分になれば日本全国の人が黙祷するものだと信じておりました。違う、と知ったときにはちょっぴりショックだった」という記事を発見して、大阪生まれ大阪育ちの私としては、逆の驚きでした。

広島に住んで6年が過ぎました。平和公園には何度も行きました。多分、春にも夏にも秋にも冬にも行ってます。我が家からは途中、高速道路を使っても1時間かかる距離なんですが、2年前の8月6日、用事があったので市内に・・平和公園周辺はいつもとは全く違う雰囲気で驚きました。『灯篭の平和メッセージの受付所』あたりでうろうろしていた時、外国人のお坊さんのグループに遭遇。そして突然、手渡されたのがこのお地蔵様でした。その時は受け取っていいのか躊躇したものの、差し出された若いお坊さんの笑顔に拒否するということができませんでした。帰宅し、ネットで調べて初めて、このお地蔵様の意味を知りました。

『平和の地蔵』の情報はこちらから見れます→アメリカからやってきたお地蔵さん

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 03, 2007

山陰を楽しむ

初めて山陰地方を旅行したのは高校1年生の夏休みでした。あの頃はユースホステルに安く泊まるのが流行りで(時代を感じますね~)ユースで知らない人達との出会いもあったり、時間さえあればいつも時刻表を眺めてたり・・
あれから何度か島根や鳥取に行ってます。出雲大社や日御碕、鳥取砂丘、大山、最近ではサンドミュージアムも話題になったりして、山陰方面は見所がたくさん^^♪

先日見つけたニュースで・・ 米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」(JOJG)が、「2006年日本庭園ランキング」を発表し、足立美術館の庭園が2003年、2004年、2005年に続き、4年連続で「庭園日本一」に選ばれたということでした。 ※詳しくはこちらで→足立美術館

自分が行ったことのある場所がこんな風に話題になるのは、なんかうれしいですよね。私の親友はこの美術館に行って、庭園の美しさにすっかり見とれて、絵を見ないで帰ってきました(^^)。私が見たのは秋の庭でしたから、また違う季節に是非、行ってみたいなぁと思います。


もう一つの話題・・
植田正治写真美術館(鳥取県)には広島に転居してすぐの頃、行きました。建物がすごく個性的で印象に残っています。こちらでこの夏、福山雅治さんの作品展が行われています。約10年間にわたり世界20か国以上を旅し、「旅の記憶」として撮りためたモノクローム写真約80点が展示されているそうです。写真家 福山雅治の魅力~みにいきたいなぁ~♪
※詳しくはこちら→福山雅治作品展
  詳しくはこちら→植田正治写真美術館

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 01, 2007

みどりの月

Nec_0094_2ナツイチ(集英社文庫 夏の一冊)作品を一冊買うと、その場でこんなオリジナルストラップがもらえます♪ストラップの入った袋はおみくじにもなっていて楽しいです。ちなみには私は『吉』とでました。おみくじ袋の裏にはこんなコメントが・・『感受性がゆたかな日。思いっきり涙を流して、心をデトックスしよう。ラッキーアイテムは、泣ける本。』

オリジナルストラップは全部で8種類
さらに100個にひとつには「女王バチ」が混ざっていて
女王バチを当てたら大吉を超えるラッキーなんだそうです。
なくなり次第修了するそうですから
欲しい方はお急ぎ下さい(^^♪

411hd3fcq9l_2今回選んだナツイチは・・みどりの月 :角田 光代 (著) です。「みどりの月」と「かかとのしたの空」の2篇を収録した作品。読み終わったんですが、正直、よくわからいというのが感想です。人間、こんな部分を持ってるかもしれないなぁ~って思ったりもしました。やたらイライラさせられる本です。

| | Comments (4)

« July 2007 | Main | September 2007 »