« 初ホタル | Main | 罪悪感 »

June 04, 2007

砂時計

ここ最近「砂時計」というドラマにはまっていました。全部で60話の長いドラマでしたが、とっても丁寧に作られていて、珍しくほぼ全話を見逃さずにみました。島根県が舞台で、世界一大きな砂時計がある仁摩サンドミュージアムや出雲大社での場面も何度かありました。広島に転居してから島根県にも行ったことがありますが、自然がいっぱいでとってもいいところです。サンドミュージアムは前を通過したのに寄らなかったこと、今はすごく後悔しています。このドラマの影響でブームになってるらしいです。今度また行ってみたいです。

子供の頃、小さな砂時計を持っていました。砂が落ちるのをず~っと眺めていた記憶があります。砂が全部落ちてしまったらまた逆さにして・・何度繰り返しても必ず砂は全部落ちてなくなってしまいました。あたりまえですよね。

人生には限りがあるということに気づいた時から、私は時間の流れというものに、恐怖感みたいなものを持って生きてきたような気がします。砂時計の砂が零れ落ちていくのを多分、私はとても悲しい気持ちで眺めていたんだろうなぁと思います。

私が子供の頃想像していた以上に大人になってからの時間は猛スピードで過ぎていきます。そしてそんなふうに流れる時間の隙間にスローモーションのような時間の端切れがあって、それは一こま一こまが静止画像だったりします。多分それが私の中で思い出として記憶に残っていくものなんでしょうね。

竹内まりあさんの記事を何かで読みました。51歳とは思えな程若くて綺麗な写真も掲載されていました。「あと何回、桜が咲くのをみることができるんだろう」なんて書かれていましたが、その後には「新しい自分をどんどん発見して磨き続けることで年齢を重ねてもなお輝き続けていられる」という意味のことを語られていました。「49歳から50歳になる時はすごくいやだったけど、なってみたら50代が楽しみだ」とも・・

時が過ぎていくのを悲しいとついつい捉えがちの私を少し反省。

Dsc01180_00Dsc01182_00

珍しいお菓子を頂きました。広島県尾道市の銘菓・鯨羊羹です。鯨の脂皮を薄く切って湯引きしたものを「おばけ」とか「おばいけ」といって、酢味噌をつけて食べますよね。鯨羊羹はその形を模した物なのだそうです。見た目そっくりです。白いういろうの上に羊羹の薄い皮が載っているんですが、ういろうはデコボコした内容に仕上げられていておばけの脂肪ぽくてリアルです。試食するまでは、ほんもののおばけかなぁ?と思う程でした。食べてみるとやっぱりお菓子でした。あっさりとした甘さで美味しいです。

|

« 初ホタル | Main | 罪悪感 »

Comments

ほんまに大人の今と子供の時の時間の流れって
全然スピード違うよね。
1日1日が長かったような気がする。
でもなんでなんやろ?
子供時代は学校も行って遊んでの1日が
今はぐーたらしてるだけでも短く感じるのは。
残された人生の時間が短いから そう思うんかな?
う~ん・・・
普段なんも考えへんからそんな事考えると
頭ムズムズしてくる(笑)

鯨羊羹って鯨入りかと思ってびっくりした(笑)

Posted by: | June 04, 2007 at 12:01 PM

桃ちゃん
時間の過ぎるスピードをおそく感じたり
早く感じたりする理由って
ちゃ~んとあるらしいんやけど・・
どこかで読んだのにすっかり忘れてしまいました。

まぁ私の場合は・・
あんまり特徴のない毎日を今過ごしてるから
そう思うのかなぁって・・
昨日も今日も一ヶ月前も一年前も
そんなに変われへん進歩のない生活やからなぁ~^_^;

鯨羊羹
私も最初は鯨入りかと思ってひきました(^^)

Posted by: yumi | June 04, 2007 at 07:53 PM

砂時計は私も大好きです。以前大きな砂時計を持っていて、終わればひっくり返して時間の過ぎるのを忘れるほどでした。でも、最近は自分の人生とオーバラップして考え、残り少なくなってきたけどひっくり返せないなあと少しセンチメンタルになります。

Posted by: バニピレ軍団 | June 05, 2007 at 03:28 PM

バニピレ軍団さま
砂時計を見るとちょっと悲しい気持ちになるのは
私だけではなかったんですね。

大きな砂時計をお持ちだったんですね。
私のは小さくてせいぜい3分計くらいだったと思います。
仁摩サンドミュージアムにあるのは一年計だそうですね。
大きな砂時計を見てみたいなぁと思います。

喫茶店に入って紅茶を注文したら、運ばれてきた紅茶の入ったポットとカップの横に小さな砂時計が添えられていました。「砂が全部落ちたら紅茶をカップに注いで下さい」ということでした。ロマンティックな砂時計の使い方ですよね。もちろん紅茶は美味しく頂けました。

Posted by: yumi | June 05, 2007 at 10:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/15305388

Listed below are links to weblogs that reference 砂時計:

« 初ホタル | Main | 罪悪感 »