« ベルギーからのオランダ便り | Main | 世羅高原まで »

April 24, 2007

だれのために?

どちらかと言ったら、飛ぶより潜るタイプの人間かなぁって思う。高く飛ぶのは苦手だけど、潜るならいつまでだってどこまでも深く潜っていられそうな気がする。自分の世界の奥深くを探ぐるのは楽しい。

高く飛ぶのが得意な人もいるよね。そういう人は高く遠く広く飛ぶことで、自分を探っているんだろうなぁって思う。飛べる人は飛ぶべきだし、潜りたい人は潜ればいい。

どんな形にしろ自分を探り見つめることは、自分をものすごく成長させてくれるはず。自分以外のだれか(何か)の幸せを願うこともできるような大人の自分を見つけることだってできる。そしてその先には、自分だけのことを考えて生きるのとは違った世界が広がっていく。自分の大切なだれか(何か)が幸せであればいいなって思いながら生きている人生は深さとか高さとか広さがあるはず・・

そうやって生きる人生の一秒一秒は本当に大切。一秒だって無駄にできない。発する言葉の一つ一つが、大切な思い出として心の引き出しに仕舞われていく。

そういう大切なものが重なって人生はつくられている。それは記憶ではなくて、いつもそこに在り続ける。

9784048737517ぼくの手はきみのために:市川拓司

飛ぶより潜るタイプの方にはお勧めな本です~

|

« ベルギーからのオランダ便り | Main | 世羅高原まで »

Comments

おじゃまします!ブログ引っ越ししました。取り急ぎで申し訳ありません!これからも宜しくお願いします!

http://blog.duogate.jp/mienakyana/

Posted by: ミーナママ | April 25, 2007 at 02:38 PM

ユミさんが選ぶ本
 何時も自分に無い何か???を教えてくれる本なんですよ

私も飛ぶのは苦手なの
 安全圏内で暮してる毎日ですもの

また読みたいと思ってしまう本ですよ
 

Posted by: ノンタン | April 26, 2007 at 04:05 AM

ミーナママさん
お知らせありがとうございました。
ミーナちゃんとキャナちゃんの楽しい話題
これからもいっぱい紹介して下さいね(^^)

Posted by: yumi | April 26, 2007 at 08:18 AM

ノンタン~
本って好き好きあるしね~
この本、ちょっと暗いかも?
「こんな本、おもしろい?」って言われるかも・・


Posted by: yumi | April 26, 2007 at 08:23 AM

こんにちは。
わたしは飛ぶことも潜ることも苦手です。
どちらにもいけずに空を見上げたり、海をじっと見つめたり・・・。
そんな毎日です。
だからかな。
ぶらっとここへ来てしまうのは。
yumiさんのところへ来ると
ちょっと飛んでみようかなとか
ちょっと潜ってみようかなとか思うことがよくあるんですよ。
今日もこの本を読んで
もぐってみようかなとおもいました。
では、よい休日を!!

Posted by: ちこ | May 04, 2007 at 11:30 AM

ちこさん、ありがとう。ちこさんはどんなGWを過ごされましたかぁ?(潜られたのかな?) こちらいつも以上に忙しくて、今は潜る意欲もなくしてます~

>わたしは飛ぶことも潜ることも苦手です。
どちらにもいけずに空を見上げたり、海をじっと見つめたり・・・。
そんな毎日です。

ちこさんにとっては、空を見上げたり海を見つめたりするのがとても大切な時間なんでしょうね。ちこさんがちこさんでいられる場所なのかな・・

Posted by: yumi | May 06, 2007 at 09:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/14830138

Listed below are links to weblogs that reference だれのために?:

« ベルギーからのオランダ便り | Main | 世羅高原まで »