« 春始動 | Main | 日常に転がっている・・ »

March 23, 2007

ぐるんぱのようちえん

4834000834【作:西内 ミナミ 絵:堀内 誠一】
私の記憶が間違ってなければ、自分のためでなくだれかのために私が初めて読んだ絵本はこれでした。おはなしはこんな感じです・・

『ぐるんぱ』はとっても大きなぞうなんです。ずっとひとりぼっちで暮らしてきたので汚くて臭いです。ひとりぼっちが寂しくて大きな涙を流したりしていました。ある時ジャングルの会議でぐるんぱを働きに出すことが決まりました。グルンパはみんなにきれいに洗われて見違えるほど立派になって出発。

張り切って社会に飛び出したぐるんぱですが、やる気が空回りして中々うまくいきません。ビスケット屋さんでも失敗して追い出され、くつ屋さんでも失敗。行く先々で失敗を繰り返したぐるんばは、昔のように涙が出そうになります。でもあきらめずまた次の仕事へ・・そんなことを繰り返すうち、ようやくぐるんぱは自分を必要とする子供たちに出会います。ぐるんぱは自分の居場所を見つけることができたのです。ぐるんぱはもう寂しくありませんでした。

ぐるんぱは行く先々でとてつもなく大きなものを作って(ビスケット屋さんでは大きすぎるビスケットを、くつ屋さんでも大きな靴を)失敗ばかりしました。でも、最後につくった幼稚園が大成功。子供達に囲まれて幸せそうなグルンパの笑顔がとても好きです。『ぐるんぱがんばったね』って思わず声をかけたくなります。

私にとって思い出の絵本。

|

« 春始動 | Main | 日常に転がっている・・ »

Comments

よさそうな絵本ですね~。
もう絵本大好きっ♪
私にもし子供がおったら
部屋中 絵本だらけになってたかも。
助かった・・・おらんで(笑)

yumiさんは この本息子さんに
読み聞かせたんかな?
こういうストーリーをチョィスする
yumiさんの感性が好きやわ~♪

Posted by: | March 23, 2007 at 05:14 PM

桃ちゃん
この絵本の初版1966年やそうです。
今でも読まれてるからすごいロングセラー(^^)

桃ちゃんは絵本大好きなんやね。
大人でも好きな絵本って何度でも読みたくなりますよね。
そして何度読んでも
読むたびにうれしくなったり悲しくなったり感動したり・・
何度でも楽しませてくれるしいつまでも手離せないのが絵本かも。

この本に私が出会ったのは
息子達に出会う以前のことなんですよ~
だからもうずいぶん前のことになります・・

Posted by: yumi | March 24, 2007 at 12:40 AM

私もこのお話大好きです。
病気をしたことを機会に、本だなひとつ分あった絵本を
ほとんど職場へ持って行きました。
絵本は宝物のように大切にしまっておくよりも
だれかに読まれているほうがいいんだなって思って
そうしました。
絵本て、一冊一冊に想い出があるから、つい大切にしまっていました。
でも、本屋さんに行くとまた一冊買ってしまうんです。
本屋に行くこと自体、しばらく自粛します・・・^^;

Posted by: ちこ | March 25, 2007 at 10:59 PM

ちこさんもこのお話し好きだなんて
うれしいなぁ~

確かにそうですね
絵本は読まれてこそ絵本かも・・
ちこさんの職場で
たくさんの人達に読んでもらえて
絵本達もきっと喜んでるだろうなぁ♪

絵本一冊一冊を大切にされてる
ちこさんはとっても素敵な人だなぁって
思います。

Posted by: yumi | March 26, 2007 at 07:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/14358141

Listed below are links to weblogs that reference ぐるんぱのようちえん:

« 春始動 | Main | 日常に転がっている・・ »