« 絵手紙 | Main | お正月が目の前! »

December 01, 2006

名残惜しい今年

Dsc00976thumb_2_thumb
悲しみはその極限に達すると
不思議な感覚が訪れるということを
私はこの年齢にして知りました。
いつものように食事を作り
いつも以上にそんな日常に感謝し・・
悲しみの中でも倒れ込まない自分の
その奥に何が起きていたのか
今もわからないままです。

そんな今年もあと一ヶ月をきりました。

極限の悲しみを癒してくれる言葉など
この世界には存在しないのですが
そんな中で気づいたことは
時間のパワーです。
何もしないでも過ぎていく時間に
自分自身が気づかないうちに支えられているということ。
時間に追われながらも
その時間こそが自分を救ってくれている。
時間にそんな意味があったことを
思い知らされた今年がもうすぐ過ぎていきます。

名残惜しい今年です。

|

« 絵手紙 | Main | お正月が目の前! »

Comments

小学生のころよく描いていた風景のように僕にはしみじみと伝わってくるものがあります。

いい写真だ。

Posted by: 風折留亭 | December 03, 2006 at 03:20 PM

風折留亭さん

私、ここで生まれたわけじゃないんですけど
こんな景色を眺めてると
「うさぎおいしかの山~」
って歌ってしまいそうになります(^^)
田舎の風景にはなつかしさありますね。

Posted by: yumi | December 03, 2006 at 10:08 PM

今年も後少し。私も いろんな事がありました。一番は やはりミーナの出産でした。泣いたり喜んだり 落ち込んだり…。今は楽しく忙しい毎日を過ごしています。
今年 キャロットちゃんやバニ友数頭、 ドックパークの犬達の問題。ミーナの出産と重なり とても考え深い想いをしました。ワン好きな方々は同じだったと思います。その中で 3頭しか無事に産まれませんでしたが、より大切に育て もっと大切にして頂ける家庭にボスとカシスが決まり、良かったです。キャロットちゃんから受け継いだ命 元気に育ってます。お会い出来るのを楽しみにしています。
それからリンクのタイトル?変えて頂き ありがとうございます(^O^)/

トマトちゃんも元気ですか?今日キャナの体重を計ったら17㌔ありましたぁ~(=^▽^=)どこまで成長していくのか楽しみです♪

Posted by: ミーナママ | December 12, 2006 at 05:50 PM

ミーナママさん
ミーナちゃんの出産時に重なるようにドッグパークの事件が・・そうでしたね。あれはあれ、これはこれなんですけど、それは重なるべくして重なっていたのかなぁって思ったりしてました。ミーナちゃんの子供たちの命もドッグパークのワンコ達の命もみんな同じにかけがえのない命なんですよね。犠牲になったワンコ達の分までミーナちゃんの子供達には幸せになってもらいたいです。この時期にミーナちゃんが出産してくれたことで、命の大切さをさらに深く考えさせられました。ミーナちゃんの出産の意味、そういう深いものがあるような気がします。ママさんも本当にお疲れさま~の一年でしたね。でも子供達がどんどん大きく成長していることうれしいですね。お体に気をつけて、年末乗り切って下さいね。ミーナちゃんとキャナちゃんによろしく。

Posted by: yumi | December 13, 2006 at 08:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/12888932

Listed below are links to weblogs that reference 名残惜しい今年:

« 絵手紙 | Main | お正月が目の前! »