« 家族 | Main | 暖かい大阪 »

December 24, 2006

訃報

0530yumisan_2去年の春から病気と闘ってた桃ちゃんちのヴェールちゃんが、19日に虹の橋を渡って行ってしまいました。

その日私は、以前桃ちゃんからもらったトレーナー(バニの絵がプレントされている)を久しぶりに着てました。ヴェールちゃんが私に会いに来てくれたんでしょうね。桃ちゃんのことが大好きだったヴェールちゃん。ヴェールちゃん命だった桃ちゃん。二人の気持ちを思うと辛いです^_^;ヴェールちゃんは桃ちゃんと少しでも長くいたかったから、ここまでがんばってくれたんだと思います。ヴェールちゃん、天国でゆっくり休んで下さいね。そして、桃ちゃんのことこれからも見守っていてね。

ヴェールちゃんが逝った日、大阪から叔父の訃報も届きました。そして急きょ、大阪へ。新大阪から地下鉄に乗り換え、ヴェールちゃんが住む駅を通り過ぎ、叔父のところへ。私のことを本当に可愛がってくれた優しい叔父でしたから、9月にこういうことを覚悟して会いに行きました。あの時は元気に笑って迎えてくれたんですが・・会うは別れのはじめ・・わかっていてもやっぱり寂しくて悲しいです。

|

« 家族 | Main | 暖かい大阪 »

Comments

ユミさん本当になんだか辛い訃報が重なり
 気持ちが暗くなりがちです

ユミさんの叔父様~もヴェールちゃんと同じ日に
旅立ちしたんですね

実は私の友達のお母様も
 ヴェールちゃんと同じ日に力尽きたのですよ
一通のメールが届いた日
 不思議な感覚に陥りました

そして
 ずーっと会たかった
バニーズのかえでちゃん。。。その子に会ったのがヴェールちゃんが亡くなってから
 偶然ね

体重聞いたりしたし触らせてもらって
 なんとなくヴェールちゃんを近くに感じ
こんなに大きな存在のワンちゃんを亡くすって
 家に居たら存在の殆どだったろうな~と
つくづく桃ちゃんの寂しさ感じました

ユミさんはキャロちやんを亡くしてますから
 尚更桃ちゃんの辛い気持ち理解出来ると思います

桃ちゃんもヴェールちやんも
ずーっと病と闘ってたしね

辛い悲しい訃報は
 このクリスマスの時期
街の華やかさが余計に虚しく感じます

Posted by: ノンタン | December 25, 2006 at 05:44 AM

ノンタンの方にも訃報
重なったんですね。

悲しいことって重なると
なんだかその二つが作用して
悲しみを少しだけやわらげてくれるような力が
あるのかもしれません。

叔父を思うことで
桃ちゃんとヴェールちゃんへの
私の辛さが少し救われているような・・
桃ちゃんとヴェールちゃんを思いながら
叔父のところへ向かってる不思議な自分・・
どちらの死も悲しくて辛いんだけど
ふたつの死の間を行ったり来たりしながら
大阪での時間を過ごしてました。

桃ちゃんの気持ちを思うと
キャロの悲しいあの日からをもう一度
リピートしてるような気持ちになってしまいました。
亡くなった日、その次の日と
自分が過ごしたあの時間を思うと・・^_^;

でもそういう時にも私が元気でいられたように
きっときっと桃ちゃんも今
元気にがんばっていてくれると思います。

ノンタンも年末
お疲れでないように、気をつけてね。

Posted by: yumi | December 25, 2006 at 07:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/13190427

Listed below are links to weblogs that reference 訃報:

« 家族 | Main | 暖かい大阪 »