« ひとりのアロエを助けたら・・ | Main | れんげが咲く頃・・ »

October 04, 2006

次のだれかに・・

Dsc00481キャロのバリケンを
手離すことにしたので・・
長いことお世話になったなぁと
思いながら
きれいに洗っていると
トマトが側でじっと見ていました。

月曜日、キャロ父が仕事を終えて帰宅するのを待って
↓の記事に書いた『ドッグパーク』まで運びました。
すでに支援物資はたくさん届けられていて
バリケンもたくさんありました。
キャロのバリケンは
たくさん積まれたバリケンのひとつになりました。
(キャロのバリケンにさよなら)

現地でのボランティアさん達には頭が下がる思いでした。
犬舎はきれいに清掃され
バリケンもきれいなものに
交換されつつありました。

ワンコ達がみんな幸せになるのには
まだまだ長い期間がかかりそうです。
まだまだこれからなんですね。

ひろしまドッグパークのことが、
先日のTBSのニュース「イブニングファイブ」で
取り上げられました。
ニュース映像を↓で見ることができます。
http://eventkyusyu.axisz.jp/tbsdogpark.asx

※メモ 地図 

|

« ひとりのアロエを助けたら・・ | Main | れんげが咲く頃・・ »

Comments

ドッグパーク、ひどかったですね。
キャロのバリケンを使うワンコがキャロの幸せも分けてもらえますように。
 さて、ワタクシ、最近はブログの更新やネット友達を訪問することをずいぶんセーブしております。ブログ用に写真を撮ったり記事を何度も推敲したり、コメントいただけば返して…で毎日1~2時間パソコンの前に座る日が続いてましたが、そのぶん子供や犬との関わりが削られてたり、本を読む時間が減っていたり仕事の下準備がおろそかになっていたり庭仕事の時間も減ったし… 
特に、子供と遊べるなんて今だけで、「そういえば以前は夏になると公園の人工池で水遊びをしたのに、もうそんなことを喜ばない歳になったなぁ」なんて思うと、今しかできないことを子供ともっとしていかないともったいない、と思うようになりまして^^;
でもyumiさんとこにも時間があるときにふら~っと来てはまとめ読みしてます。
博士の愛した数式、映画では主人公の女性を深津絵里さんでしたね。私としては渡辺エリ子のイメージなんですけど(-_-;)

Posted by: ゆず | October 04, 2006 at 10:44 PM

現地でお手伝いしてる方
 本当に大変そうですよねボランティアの方々の力凄いです
1人の力は小さいけれど そこから繋がる人々の輪の力
 ワンちゃん達に元気になって欲しいと願う皆の気持ちが人を動かすんですね
 

Posted by: ノンタン | October 05, 2006 at 07:03 AM

ゆずさま

ドッグパーク、ひどいです。なんか最近、頭から『ドッグパーク』が離れなくなってます^_^;こういう時の男性って(一概には言えないですが)すごく冷静に状況判断できるところがえらいなぁって感じます。逆に女性である私は冷静な判断できなくてアカンなぁ^_^;

支援活動をしているたくさんの人達の気持ちを思えば、キャロのバリケンを手離すことなんて大したことないのですが、たくさんバリケンのひとつになってしまうキャロのバリケンがちょっと(かなり)寂しくて・・そうですね、キャロのバリケンであそこでつらい思いをしたワンコが心も体も快復して幸せになってくれたらいいなぁと思います。

>ワタクシ、最近はブログの更新やネット友達を訪問することをずいぶんセーブしております。

あ~よくわかります。私、一日が終わりそうになるといつも思うのは・・時間がどうしてこんなに足りないんだろうってこと。多分、私、パソに座ると1時間なんてあっという間だから、かなりの時間を費やしてしまってる。

>そのぶん子供や犬との関わりが削られてたり、本を読む時間が減っていたり仕事の下準備がおろそかになっていたり庭仕事の時間も減ったし…

それもわかる~キャロが逝った直後は特にそういうこと思ってしまって、トマトとは出来るだけ他のことは何もしないで二人でぼけ~とする時間をもつようになりました。パソは便利だし情報もいっぱいだし得るものはたくさんあるのはわかってるんだけど、最近その便利さっていうかな?クリックすれば何でもOKっていうことの軽さっみたいなもの感じてます。本を読むということとか、自然に触れるっていうこととか、犬と関わることって、パソでクリックするようにはいかないけど、そういう時間が減ってると知らず知らずのうちに自分が酸素不足になってるような危険を感じます。私もゆずさん見習って、パソの時間減らすべきだなぁ。

>博士の愛した数式、映画では主人公の女性を深津絵里さんでしたね。私としては渡辺エリ子のイメージなんですけど(-_-;)

映画見てないよ~本を読むって自分で映画監督してるようなもんだよね♪

Posted by: yumi | October 05, 2006 at 07:01 PM

ノンタン
犬達をあんな過酷な状況に追い込んだのも人間だし
それを救おうと必死で動いて下さっているのも
人間だということ・・
これってどういうことなんでしょうね?

Posted by: yumi | October 05, 2006 at 07:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/12144074

Listed below are links to weblogs that reference 次のだれかに・・:

« ひとりのアロエを助けたら・・ | Main | れんげが咲く頃・・ »