« September 2006 | Main | November 2006 »

October 30, 2006

秋を見つけに・・

忙しいと見逃してしまうことがたくさん。傷つけてしまうようなこともあるはず。人生という限られた時間の中で、どれだけ大切なものを大切に扱える時間を持つことができるかっていうこと。そんな課題といつも向き合いながら毎日毎日流されている自分達。大きな流れの中で、時には流れに逆らって、小さな大切なものに向かって歩いて行くような時間を(勇気も)もちたい。それはそうすべきというよりは、そうできる自分に感謝する時間でもあるかな?って思う。

昨日は、どこに行くというあてもなくドライブ。海の側の道を走るとキラキラ海面が光って綺麗で、車を止めて砂浜をトマトと散歩。釣りをする人、側で待つワンコ、海岸に面した素敵なカフェ(ホクストン)でのんびりコーヒーを楽しむ人達。色付き始めた公園の風景。いつかキャロとも来たねここ。素敵な時間を捕まえた(^^)トマトよかったね♪
Dsc00568_00Dsc00566

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 26, 2006

生きていてこそ・・

ドッグパークから里親さんのもとに引き取られていったワンコ達のその後をネットでたくさん見ることができました。元気にお家の中を走り回ってる子。すやすやと暖かいソファーの上で眠る子。ほんの少しかかわっただけの私でさえ、この子達の幸せそうな場面に感動です。生きていて本当によかったね。

我家はキャロが亡くなってからも日々、キャロに囲まれた生活です。HPを開くとキャロがいつもそこにいます。最近、キャロのアルバムを少し整理し始めました。そんな中で、キャロの画像がもう増えていくことはないということがとても寂しくて。私という人はまだまだですから、「心の中に生きてるキャロ」とか「永遠になったキャロ」を思うことはとてもできなくて、やっぱり生きていているキャロに会いたいなぁと思ってしまうのです。生きていることはとても大切なことだと・・生きていてこそだと・・秋の日にはなおさら、そんなふうにしか思えない私がいます。
Kyaroalbum_3

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 24, 2006

私ごとき

Dsc00562_1昨日の朝、知り合いから愛犬が虹の橋を渡ったと連絡もらいました。ご主人や娘さんが仕事に出られた後のことだったようで、私が玄関を開けると奥様がわぁわぁ泣いて出てこられて・・ご主人に電話をしたら「犬ごときで泣くな」と言われたとおっしゃって・・仕事中のご主人としてはそういう言葉しか見つからなかったのではと思います。

「犬ごとき」・・「犬ごとき」と思えない人もいます、「犬ごとき」でない時もあります。犬だけじゃなくて、私達が出会い感じるものはすべて、〇〇ごときと思えるもの(時)と〇〇ごときと思えないもの(時)、そんな二つに分かれていくような気がします。

私にとってはもちろん、「犬ごとき」ではありません。「トマトごとき」ではありません。「私ごとき」でもありません(^^)

※〇〇ごときと思えるもの(時)と〇〇ごときと思えないもの(時)の境目って?
masamiさんの記事で、そのあたりが少し見えてきそうな気がします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 21, 2006

幸せ祈ろう!

事情で、今日・明日と開催される「ドッグパーク譲渡会」に行くことができません。残念ですが無理をしてもいいことにはならないのであきらめました。

そんなこともあって、昨夜はボラに行かれている方々のサイトをあちこち覗いてみたりしていました。微妙に違う温度差がそれぞれにあります。同じ目的をもって同じ思いで進んでるのに、それぞれの感じること見えることはまるで違っていたりします。そういうことは中々現地では感じとることができませんでしたから、私自身、本当に限られたものしか見てない、何もわかってないなぁってこと感じさせられました。

お昼のニュースで「譲渡会」の様子見ました。たくさんの人・人・人で大変なことになってるみたい。どの子もいい飼い主さんに出会えますように・・祈るしかなくてごめん。現地のボラさん達、大忙しだろうなぁ~

| | Comments (10) | TrackBack (0)

October 19, 2006

その日でありますように

Dsc00492いよいよ今週末、広島ドッグパーク譲渡会が開催される。エントリー頭数なんと506頭。

譲渡には身分証明の提示とコピー提出・トライアル契約・狂犬病注射・畜犬登録・避妊・去勢手術の実施・終生飼育等、たくさんの条件が・・

心身ともに傷つきリハビリはまだ完全とはいえないあのワンコ達の未来が、限りなく幸せであって欲しい。そういう思いが、こういう形をとること-そういう未来に限りなく近づけるためにできること-となったのでしょうね。

幸せに到達するのは中々そう簡単なことではないのかもしれない。でも、もしかしたらすぐ目の前にあるのかも(そう思いたい)「ナンバー」ではなくて「名前」で呼んでもらい、暖かい胸の中に抱きしめてもらえる幸せに、どの子も導かれていくその日でありますように。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 16, 2006

よくできたワンコ

一昨日、私達はボラに行きトマトは一人お留守番でした。そして昨日、キャロ父さんは午前中れんげの種蒔きの準備。『今日はどこかに連れて行ってもらえるだろう』って期待感でいっぱいのトマトには「お昼から遊んでやるから」って・・言ってました。

ところがところが中々思うようにはいかないものです。お昼少し前にキャロ父さん職場から呼び出しが^_^;トマトに「父さんお仕事やから」って・・父さんは車に飛び乗り出勤。

気の毒なトマト。「お仕事」という言葉は理解できるトマトなので「お仕事なら仕方ない」って納得した様子。何事も(日曜日だったことも、遊ぶ約束も)なかったかのような静けさ。

父さんが帰宅したのは日付が変わる少し前でした。トマトはしっかり笑顔でお迎え。よくできたワンコです。
Dsc01367

| | Comments (11) | TrackBack (0)

October 15, 2006

行ってきました。

時間がとれたので、昨日、ドッグパークへ。

前回と同じA-1での作業でした。ワンコ達のバリケンが犬種別に並べかえられ、バリケンの上部には名前の変わりの数字と記号が明記され、ワンコの名札との確認がしやすくなってました。どんどん改善されています。ワンコ達は本当にきれいにしてもらっています。

私は4頭のワンコと4回バーク内をお散歩しました。それぞれ10分くらいの時間でしたが、元気に走りまわる子もいて、そういう場面は本当にうれしいです。

ボラさん達のために準備された休憩所では、カップめんやお茶、飲み物が頂けるようになっていました。お昼も1時間一斉に休憩ということになっていました。今までは、お昼時間もなく延々と作業が続けられていたんですよね。ずいぶん、ボラさん達にとっての環境も整えれられていました。

※何も持たずにパーク内に入ったので画像がありません^_^;

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 10, 2006

ワンコ達が見つめている

Dsc00491犬が好きということでは共通している。
でも、それぞれ違う生活があり
それぞれ違う考えをもち
それぞれ違う職業
それぞれ違う事情もあるだろうと思う。

だからよけいに
集まった人達に唯一重なり合っている
『犬達を救いたいって』いう部分で
ぎゅっとひとつになれているような雰囲気なのかな?
そんなパワーに私も背中を押された。

で、今日はガタガタの私。
でも頭の中では、昨日、出会ったボラの人達のがんばりが
何度も何度も浮かんできてしまう。

辛い目にあったワンコ達も
ボラの人達のがんばり
きっと見つめてくれていると思う。

※画像は10/3撮影です。

アークエンジェルズブログ

| | Comments (14) | TrackBack (0)

October 07, 2006

れんげが咲く頃・・

ずっしりと重い箱が届いた。
重さが書かれている・・8キロ。
品名は・・れんげの種。
え~れんげの種が8キロ!(^^)!
どうするの?

「れんげの種、そこら中に蒔くぞ~」って・・
そういうことなん?
「れんげ畑が少なくなったね」
なんて会話はしてたけど・・
こちら来年のことなんて
考える余裕のない毎日。
れんげの咲く頃なんて想像できない。
まだまだ
がんばらないといけないことがいっぱい。
Renge_1
来年の春・・れんげの咲く頃
あのワンちゃん達も
幸せに暮らせてるかなぁ。

※れんげ畑を見つけたら、その犯人は・・です。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

October 04, 2006

次のだれかに・・

Dsc00481キャロのバリケンを
手離すことにしたので・・
長いことお世話になったなぁと
思いながら
きれいに洗っていると
トマトが側でじっと見ていました。

月曜日、キャロ父が仕事を終えて帰宅するのを待って
↓の記事に書いた『ドッグパーク』まで運びました。
すでに支援物資はたくさん届けられていて
バリケンもたくさんありました。
キャロのバリケンは
たくさん積まれたバリケンのひとつになりました。
(キャロのバリケンにさよなら)

現地でのボランティアさん達には頭が下がる思いでした。
犬舎はきれいに清掃され
バリケンもきれいなものに
交換されつつありました。

ワンコ達がみんな幸せになるのには
まだまだ長い期間がかかりそうです。
まだまだこれからなんですね。

ひろしまドッグパークのことが、
先日のTBSのニュース「イブニングファイブ」で
取り上げられました。
ニュース映像を↓で見ることができます。
http://eventkyusyu.axisz.jp/tbsdogpark.asx

※メモ 地図 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »