« June 2006 | Main | August 2006 »

July 30, 2006

プーさんです。

_002事情ありのワンコを一時預かっていると大阪の友人からメール。詳しく聞いてみるとなんと犬種は我が家の愛犬と同じ「バーニーズマウンテンドッグ」でした。友人宅は犬を飼うことに慣れてなくて大変な様子。私は毎日気がかりでいてもたってもいられなくて。我が家はかけがえのないキャロを亡くしたばかり。同じ犬種のこの幼いバニをどうしても幸せにしてあげたくて。。

で、すぐに思いついたのは大親友のM。Mの愛犬もキャロの後を追うように先日、虹の橋を渡っていってしまったばかり。彼女の家なら家族そろってワンコを責任持って可愛がり育ててくれるに違いないと確信。すぐに電話。予想通りすぐにいい返事をもらう。「引き取る前にどんな子か見なくていいですか?」ってご主人にお聞きしたら、「どんな子でも縁があったのですから我が家で可愛がらせてもらいますから」と・・

で、早速、今日、その子はMのお家の子になりました。Mからその様子が何枚もの写メールで送られてきました。その子の名前は『プーさん』に決まったそうです。どうか『プー』をよろしくお願いいたします。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 28, 2006

ミルコさ~ん

広島も朝から気温が
かなり上がって暑いです。

間違いなくミルコさんはバニ仲間ですよ~
日本に帰られた時には
是非、お近くのバニ仲間に声をかけて下さい。
大阪にも広島にも山口にも
兵庫にも和歌山にも奈良にも
どこもバニだらけです。
お気軽に~(^^♪

お嬢さん、広島で雨に降られたのではと
心配してました。
若い人達にとっては天候なんて
そんなに気にならないものかもしれませんね。
どんなお友達と広島~
どんな風に過ごされたのでしょうね?

私の広島初体験は高校2年の冬でした。
友人3人と夜行列車(古きよき時代でした)で
早朝、広島駅に着いて
開館前の原爆資料館(広島平和記念資料館)の前で
写真を撮ったのを思い出します。
江田島にも渡りました。
そして、その夜は市内から1時間以上もかかる
今私が住んでいるここ(キャロ父の実家)に
女の子3人で宿泊~
ずいぶん思い切ったことをする高校生でしたね。

お嬢さん
次は奈良なんですね~
奈良も広島以上に暑いかもしれません。
でも、見所がいっぱいです。
いよいよ梅雨明けのようですから
日本の夏をいっぱい
体感してもらえそうですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 26, 2006

欠乏中につき補給必要

8月が近づいてなんとなく多忙。
(多忙苦手・・)
昨日は最悪~
夜9時の時点で夕食準備できてなかった^_^;
(おいおい~なにしてたんや?)
献立急遽変更。
(もちろん簡単メニューに)
こういう切り替えは素早い。
(それ以外の行動はトロイ)

結局、夜おそくまでごそごそ~
あ~こんな時ほど
美味しいもの食べた~い(なんでやねん)
美味しい映画観た~い
美味しい本読みた~い
美味しい空気すいた~い
美味しい人に会いた~い(どんな人や?)

※一人でボケとツッコミ~大阪人。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 23, 2006

まだまだ若い~

我が家のパソが何度もお世話になった宇宙人さん、今はパソ教室 の先生です。宇宙語を話す彼に私のパソはものすごく人間味あふれる救い方をしてもらってきました。

彼のパソ教室のHPの片隅にこっそり書かれているブログを発見。プロフィールを読んだら『若くない新米教師ですがなにとぞよろしくお願いいたします』とありました。私から見れば十分お若い先生なのに・・

♪もう若~くないさと君に言い訳したね~
ってありましたよね。(ごめん古かった?)
私もいつ頃からでしょうか
もう若くないからって言い訳してきたような気がします。
今思えば、十分若かったなぁって思える時にもすでに
こんな言葉使ってましたね。
『まだまだ若いんだから』っていう気持ちで
過ごせるようにこれからは意識してみようかな?
もう若くないから・・

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 21, 2006

雨が続きますね~

Dsc00145_edited
キャロの一番最後の画像ってどれだろう?
って漠然と考えてました。
いつもこの広い公園で遊んだ後は出口付近まで
こうやってキャロ父さんと3人で歩いて帰りました。
私は車でその後をゆっくり追いかけていきます。
この日は3人の後ろ姿を遠くから2枚撮りました。
これがキャロの最後の姿になるとは・・

昨日は一日中雨でした。
夕方、散歩に行けないので
軒先でトマトと雨を見上げてたら
私の隣でお座りしてるトマトが
そぉっと私に手をつなぐようなしぐさをしました。
どういう意味なんでしょうね?
雨の日だけに
トマトのそんなしぐさがキャロのいない寂しさに
つながってしまいました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

July 17, 2006

脳年齢

Dsc00099_1 Dsc00293_00
最近の私は毎晩、寝る前に『脳を鍛える大人のDSトレーニング』をやりながら眠りにつくというのが習慣。『寝る前の脳を鍛える』なんていうところが私らしいですが(^^)。でも、鍛えるといってもまじめなトレーニングは全くする気がなくて(なにしろ脳は寝ようとしている時ですから)それより「細菌撲滅」っていう脳をリラックスさせるためのゲームばかりやっています。私って単純な繰り返しには忍耐強いっていうか救われるものがあるんでしょうね。な~にも考えないで寝てしまえるってかなりいいです~そんなんで脳に効果があるわけないと思うのですが、最近の私の脳年齢は「27歳」だったりするので驚きです。実年齢をご存知の方ならわかって頂けるでしょ?証拠写真もしっかり撮りました~

Dsc00296_00そして、またまた息子から次の課題が送られてきました。『えんぴつで奥の細道』です。息子達は私の脳の老化をかなり心配してるのかな?母はまだまだだいじょうぶです。なにしろ27歳の脳ですから(強調)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 14, 2006

クワガタⅡ

Nisyu4昨日「クワガタを庭で見つけました」っていう記事を書いたら、「クワガタが欲しい」っていう男の子のお母さんからメールをもらいましたぁ。

せっかくメールくれたのに
クワガタ君
すでに行き先が決まってたんだよね。
ごめんね。
「トマトが食べてしまう」って心配してくれてたの?
だいじょうぶ~
トマト食べたりしなかったからね(^^)

キャロ父さんがね
またクワガタ見つけてくれるって言ってたから・・
見つかったらすぐにメールするね。
それまで待ってて下さい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 13, 2006

クワガタ

Tesuto_002 Dsc00286_00
ココログのメンテナンス48時間とは長かったですね~
これでサクサクっと快適に使えるようになったらいいけど・・
どうかな?

今朝、庭で見つけました。
これって「クワガタ」ですよね?
かごに入れたクワガタを
珍しそうに覗き込むトマトでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2006

突然の海と空と風~♪

_p1010195_edited昨日は突然のお客様にびっくり。いつもネットで会ってる海・空・風ちゃん♪が我が家に来てくれて夢のようでした。キャロが逝ってちょうどひと月。キャロが会わせてくれたのかな。海空じいじ様・ばあば様遠いところありがとうございました。お話しできてうれしかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2006

トマトがトマトを食べました

Dsc00017_00キャロ父さんから
畑でとれたトマト
丸ごと一つもらったトマト。
ミニトマトなら食べたことあるけど
大きいのは初めてやから
ボールと間違えたのかな?
コロコロころがして遊んでました。
朝は忙しいのでそのまま放置・・
後で見たら
トマトはトマトの汁だけチュウチュウ吸ったみたいで
トマトの抜け殻が残っておりました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 03, 2006

瀬戸内海に浮かぶ島へ

Dsc00215Dsc00217

Dsc00219_2大芝大橋を通って安芸津町大芝島へ渡ったよ。島の学校という感じの大芝小学校を発見。小学校で行われていた朝市を覗いてみたら大芝島特産の枇杷がたくさん並んでました。新鮮で美味しそうだったのでつい買ってしまいました。

次は蒲刈島へ。
これは下蒲刈島と上蒲刈島を結ぶ
全長480メートルの蒲刈大橋。
Dsc00220Dsc00250

Dsc00248_00Dsc00259

Dsc00254_2松葉菊がきれい~♪昼食には美味しい海の幸を頂きました。(どこに行っても食べることは忘れません)海水浴場、美術館もありました。いいとこですね(^^)

| | Comments (12) | TrackBack (0)

キャロットへ

Dsc00225Dsc00241_00Dsc00226
トマトは元気にしてるよ。
安心してね。
Dsc00237Dsc00235Dsc00236

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »