« May 2006 | Main | July 2006 »

June 30, 2006

永遠の火

正直な気持を書こうとするとまだまだキャロのことになってしまいます。毎日、キャロのことを思うのは自然なことだと思うので、しばらくはキャロを思って暮らすことにしました。でも、私は予想外に元気です。キャロが元気ビームを送ってくれてるのかも。

「キャロは本当に存在したんだろうか?」と最近、よく考えてしまいます。あんなに信頼した目で私達をいつも見つめてくれていたキャロが本当にどこにもいないのです。キャロは夢だったのかなぁ?すべてが夢の泡なんでしょうか?私も私をとりまくものすべてが夢のようなものなんでしょうか?

4163248706_2 田口ランディ:永遠の火( 被爆のマリア )


今から60年前、広島と長崎に恐ろしい爆弾が落ちました。たくさんの人々、美しい街並みやきれいな川、そこに住んでいる魚や虫たちも、一瞬にして消えました。あれから60年……。父親から突然、結婚式のキャンドルサービスに「原爆の火」を使ってほしいと頼まれ困惑してしまう主人公の女性(佳代子)・・

父の突然の申し出にびっくりし、主人公(佳代子・・1人暮らしをして数年たっている)は久しぶりに実家に帰る。年老いた両親の日常を眺めながら、娘である自分が家を出ていってからの両親達がこの家で過ごしてきた時間を思ってみた。それまで、残された父母がどうやって生きてるか?なんて考えたこともなかったのだ。久しぶりに両親とお墓参りにも行く。そんな時間の中で、見え隠れする父の「永遠の火」への思い・・

※「原爆の火」は実在の火がモデルになっています。福岡県八女郡星野村に住む男性が被爆地広島から持ち帰り、のちに、各地に分灯されていったのだそうです。

年老いた時、人が求めるものは、神でもなく愛でもなく、祈るべき何かなのかもしれない。主人公(佳代子)が実家から再び帰る時、両親が玄関で見送ってくれる。彼女は何度も両親の方を振り向く。3度目にふりむくと父母が消えていた。

突然、消えてしまったキャロのことをまた思う。生きてるってはかない・・でも、だからこそ祈るのかなぁ?永遠を・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2006

思い出がいっぱい

Dsc00144_1_021_1
いつもキャロと行った公園。
昨日、ふらっと寄ってみました。
平日の公園はひっそりしてて静かでした。
Dsc00128Kukou21e90ff
キャロは様々な季節にこの自然の中をいっぱい歩いて
たくさんの人達と出会いました。
キャロ父さんとの最後の散歩もここだった。
Koenn1Kohana
キャロの子供達といっしょにお散歩したこともあったね。
楽しい思い出がいっぱい(^^)
Kohana10011e90ff

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2006

ありがとう

Dsc00198_01ノンタンから頂いた作品。キャロにすごく似てる~お顔もだけど、手とか足の感じも・・ノンタン、ありがとうございました。

Dsc00202大切にさせてもらいますね。

Dsc00201_00トマトも似てるわぁ~(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 24, 2006

時間って不思議

バッカスママさんおはよう~(^^)
レス書いてたらついつい長くなったので
こっちに書きました~

キャロに10日も会わないなんて
初体験です~
毎日いっしょやったからね。
突然、いなくなるっていうのは
悲しいっていう気持が頭の隅々まで到達するのに
少し時間がかかるのかな?
それとも悲しすぎて悲しみを把握できないのかな?
時間が経つほどに
キャロのいない寂しさが充満してくるような感じです。

でもでも
我が家にはトマトがいるし
私の目の前の景色はキャロがいなくても
今までと変わりなくどんどん過ぎ去っていくんだよね。
時間って不思議。
キャロのいない寂しさはまだまだ続いてるけど
私も前と同じように
そんな景色の中をどんどん前へ歩いて行ってる。
それでいいんだろうなぁって思う。
バッカスママさん
ありがとうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポロ

Poro_00キャロが亡くなって一週間後、キャロの後を追うように大親友のワンコ(ポロ)が亡くなりました。

まだ我が家が大阪だった頃、親友の家に行くといつもポロは庭で幸せそうに寝ていて、私はいつもポロと会話してた。キャンプにもいっしょに行った。(その時の写真、なつかしい)今頃、天国でポロとキャロ会ってるかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2006

近況

人生の岐路に私達が出会ったのがキャロでした。慣れない土地でいつも支えてくれたのがキャロでした。

キャロにもしものことがあったら私はどうなるんだろうとよく考えたものです。それよりキャロ父さんはだいじょうぶだろうか?といつも心配でした。大阪の母は電話のたびに「キャロットとトマトは元気?」って聞いてました。「ワンコに何かあったら、この娘はどうなるんだろう」と母は母で心配していたのだろうと思います。

突然逝ってしまったキャロは、どんなに泣き叫んでもかえってきてくれることはなかったし、次にふと気がついたらキャロ父さんと私はキャロを火葬してもらう間、河原に車を止めて待っているという状況でした。今、思うとなんて悲しい場面なんだろうと・・お互いにとってキャロがどんなに大切な存在だったかを知っているだけに、お互いの気持を思うと何も言葉がなくてただ黙っているだけでした。

キャロにもしものことがあっても、キャロが導いてくれた今に感謝して元気にがんばっていこうとずっとずっと思ってきたのに、あの日の私はやっぱりめちゃめちゃでした。翌朝は、トマトを連れていつものように散歩に出て、キャロの姿をずっと探しました。キャロがどこにも見つからなくて悲しかった・・

キャロが逝ってからもう10日。私は元気です。だれかが落ち込んでしまうことの連鎖反応でみんなが崩れてしまうことが一番心配でした。私が元気なのでキャロ父さんも元気です。大阪の母もそれほど落ち込まなくてすんだみたいです。大阪の姉から「キャロは永遠になったんよ」って言われました。そうだなぁと思います。キャロはもうどこにもいかないんだって思います。

先日、ハナコナ母さんと妹さんがキャロに会いにきて下さいました。キャロとの思い出はハナコナ家と重なる部分がいっぱいで、お二人の顔を見ると胸がいっぱいになりました。ハナコナ母さん妹さん、遠いとこ本当にありがとうございました。

皆様の励ましのおかげですっかり元気な私ですが、それでも時折、キャロの風が吹きぬけていくことがあります。今日は歯医者さんに行きました。口を大きく開けて治療してもらいながら、なぜか涙が・・そうそれから、車を運転している時にもキャロのことばっかり思い出されてしまいます。「キャロはどこに行ったんだろう?どこにいるんだろう?」なんて、ひまだとダメですね。

トマトはキャロ父さんにシャンプーしてもらってきれいになりました。少しだけドライブもしました。車の中が広いのがちょっと寂しそうなトマトでした。「キャロはどこ?」って思ってるのかな?

なんだか支離滅裂ですが我が家の近況です(^^)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 16, 2006

おにぎり

5年という年月をかけてこの田舎の風景に溶け込んでいったキャロ。そして亡くなったあの日からは、少しずつ少しずつ広がる景色の中からキャロの姿が消えていきます。トマトといつもの散歩道をいき、顔なじみの人に出会う度に「キャロが長いことお世話になりました」と伝える私。キャロを可愛がってくれていた人達の心の中からもキャロは消えていきます。

何年前のことだったか忘れてしまいましたが・・

キャロといつものように散歩している時、お婆さんがあぜに座っておにぎりを食べていて(田んぼ仕事の合間の休憩)キャロが欲しそうにおにぎりを覗いたので、お婆さんがおにぎりの半分をキャロにくれました。

というような出来事がありました。昨日、トマトと散歩をしている時、その時のお婆さんにばったり会いました。お婆さんはキャロとトマトを見分けることができないようで、やたらとお婆さんにフレンドリーな態度のトマトを見ながらお婆さんは「まえにね、私がこの犬におにぎりをやったけん、この犬は今でも覚えてるんだよ」って。おにぎりをもらったのはキャロで、トマトはそう言われてもなんのこっちゃという感じだったのでしょうけど。そのお婆さんには、キャロが亡くなったことは話さずに、いつかのおにぎりのお礼だけを言いました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 15, 2006

トマトです。

Dsc00182_00_1キャロと散歩する時は
いつも歌ってた
「野に咲く花のように・・」
これからはトマトとふたりで
歌って歩きます。



野に咲く花のように 風に吹かれて
野に咲く花のように 人をさわやかにして
そんな風に僕たちも 生きてゆけたら素晴らしい

時には暗い人生も トンネル抜ければ夏の海
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

野に咲く花のように 雨に打たれて
野に咲く花のように 人を和(ナゴ)やかにして
そんな風に僕たちも 生きてゆけたら素晴らしい

時には辛い人生も 雨のち曇りでまた晴れる
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです
杉山 政美 作詞 


 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

元気です。

Niwa2_1
ミルコさんありがとう。
長くなったのでこちらにお返事書きますね。

キャロと過ごした5年と少し
キャロの目と私はずっと会話してきたんですよね。
キャロの目が忘れられません。
でもそうだよね
『キャロの目はトマトの目だ』確かに。
キャロを失ったトマトの悲しみは
キャロの悲しみでもあるんだよね。
トマトをいっぱいいっぱい可愛がって
キャロに安心してもらえるようにしなくちゃね。

今日の広島は朝からずっと雨です。
雨の日は寂しさがつのります。

でも、しばらくご無沙汰してたネットのお友達から
メールが届いてうれしくなりました。
大阪の友人からもメールが・・

いつもだれかに支えられながら
人って生きていくんですね。
この5年支えてくれていたキャロがいなくなっても
また次のだれかに私は支えられてる。
キャロありがとう。
皆さん、ありがとう。
私、元気です。(時々、泣いてはいるけど)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 13, 2006

ええヤツやったぁ。

夜、寝ようとしたらキャロ父さんがぼそっと
「アイツ(キャロ)はええヤツやったなぁ~ 
もう一回会いたいなぁ」って・・
私はまたまた胸がいっぱいになって中々眠れませんでした。

先日、キャロの子がキャロに会いに来てくれました。
ますますキャロにそっくりでびっくり。
キャロがこの子達の中に生きてるんだなぁって思いました。
Dsc00156_00 Dsc00160_00

| | Comments (10) | TrackBack (0)

June 09, 2006

キャロ永眠

Dsc00021_1
今朝、未明、虹の橋を渡って行ってしまいました。色々とお世話になった皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

June 04, 2006

のんびり休日~

Dsc00119_00Dsc00114_00_1
朝、玄関のドアを開けると
なぜいかいつもの田舎の風景とは違っていました。
たくさんの若い学生さんが家の前を通り過ぎていきます。
すぐ側にある小学校で
〇大〇〇学部の運動会が行われていました。
早速、キャロトマといっしょに運動会を覗いてみたよ。
でも、暑くてすぐに退散。

Dsc00124_00_1Dsc00144_00_1
そしてぶらっとドライブ。ランチしましたぁ♪
その後は広い公園の中をお散歩。いっぱい歩いたよ。

Dsc00128_00_1Dsc00132_00_1
公園で会ったおじさんが
いっぱいなでなでしてくれたよ
♪ピレ君にも会ったよ(^^♪

Dsc00148_00_1Dsc00137
夕方、運動会を終えて帰る学生達に
『イチゴ食べていき~』って言ってるキャロ父さん。
これで今年のイチゴ終わり~

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 03, 2006

Banibani_16596304372_2
話題(バニ飼いの中で)になっている本です。(*^_^*)
ネットで探してみたら
まだありましたよ~♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 02, 2006

ゆず兄ファンです♪

待望のゆず家のゆず兄ブログが完成!
ゆず兄ファンとしてはとってもうれしいことです。

自然と動物に囲まれてすくすく育ったゆず兄君。
この春、中学生になったよ。
今は、カヌー漕ぎに夢中~
更新が楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

会話

「今日って何曜日?」って聞いたら
「今日は金曜日や」とキャロ父さん。
「え~土曜日かと思ったわぁ」って私。
「あんたの頭の中が土曜日なんちゃうの?」とキャロ父さん。
土曜日の頭ってどんなんですか?

「うちはいっつもワンコワンコやからなぁ~」(犬が一番だという意味)
と、久しぶりに帰宅した息子の言葉。
あたってるけど
別に息子のこと忘れてるわけでも軽視してるわけでもないよ。
息子は息子、ワンコはワンコなんだよね。
わかってくれるかな?
どちらも大切です。
どちらのことも日々、気にかけています(^^)
しかし
息子と同列にいるワンコってすごいよね。
息子の気持もわかるような気もします。
がんばれ~息子達。
ワンコに負けるな!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »