« 危険な朝でした。 | Main | あそぼっ♪ »

March 26, 2006

余韻

「純愛」ブームなんですねぇ・・今。珍しくテレビドラマをみたのですが・・「愛と死をみつめて」。

余韻が残るドラマっていいドラマじゃないかなぁって思います。ただ「愛」だけじゃなくて同時に「死」をみつめているというところに、深く訴えるものとか考えさせられるものがあって、見終わった後、余韻として私の中に残ったような気がします。

主人公のふたりの間を行き来するのは手紙。今のように瞬時に送れるメールのない時代だからこそ-待つという時間がそこにあるんですよね-こういう「純愛」が育まれたのかなぁ?いいドラマでした。

そんな余韻の勢いで、大阪のAに久しぶりに電話。するとAは「愛と死・・」はビデオにとって「女王の教室」をみたということでした。cid_000701c65146f2a889d00c01a8c0yumiで、Aは「女王の・・」の余韻の真っ只中という感じ。そちらもかなりいいドラマだったらしくて色々説明してくれるのですが、なにしろこちらは「愛と死・・」モードで・・いつまでたっても噛み合わない会話にお互いがふと気づいたのでした。結局、「女王の教室」をビデオでみることにしました。がんばってみます。

|

« 危険な朝でした。 | Main | あそぼっ♪ »

Comments

女王の教室
 かなり良いですよ
私はこんな先生が居たらと心の中で思いました
 特別番の方を見ると以前のあの先生の厳しさが解る様になってます
 愛と死を見つめては
吉永小百合さんのイメージが強いので観なかったです

Posted by: ノンタン | March 26, 2006 at 06:05 PM

ノンタンも「女王の教室」みられたんですね。
私は特番以外のも全くみてませんでした。
あちこちで話題になってるようなので
みてみないとね(^^)

Posted by: yumi | March 26, 2006 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/9262821

Listed below are links to weblogs that reference 余韻:

« 危険な朝でした。 | Main | あそぼっ♪ »