« 念ずれば・・ | Main | 壊れたピアノ »

February 16, 2006

読むべき一冊でした。

『東京タワー』ようやく読み終わりました。泣いてしまうような本はあんまり好きじゃないのに、ついつい最後まで読んでしまいました。

母のことを「オカン」て呼んでた兄ですが、最近は時々「おばあちゃん」なんて呼んでることがあるのに気づきました。姉は高齢な両親が「〇〇に行きたい」と言うと多忙な中、付き合ってくれてるみたいです。私は一番遠くから見ているからか、両親の高齢化に鈍感なのかもしれません。のんきにまだまだ両親はこのまま元気でいてくれるような気がしています。

でも、リリーさんの『東京タワー』を読んでどきっとした自分がいます。

両親の子供として生まれ、両親に育てられ、両親のことは何でもわかっているつもりでいたけど、もしかしたら子供である私は、両親のことを何も知らないのかもしれません。どんな思いで娘である私を育ててきたのか、どんな人生を両親は夫婦として過ごしてきたのか?私は多分、何も知らないのでしょうね。

|

« 念ずれば・・ | Main | 壊れたピアノ »

Comments

私は今両親とケンカ中。
だから、ちょっと胸が痛みます。
子どもの頃から我慢していたことが今になって爆発しています。
だから、しばらく静かに離れていようと、連絡も取っていません。
もう少し素直になれるまでこのままでいようと思います。

『東京タワー』

今度読んでみます。

今、『博士の愛した数式』を読んでいます。
読む速度が遅いので、あと1ヶ月くらいかかるかなあ。
でも、文章がとてもきれいで大嫌いな数字ですら、違和感なく読めるのがとても不思議です。

ブログをお引越ししたのでお知らせいたします。
お手数ですが、URLの変更をお願いいたします。

http://blog.drecom.jp/13chico-coco/

Posted by: ちこ | February 19, 2006 at 08:53 PM

ちこさん
お引越し了解しました。
お知らせありがとうございました。

>私は今両親とケンカ中。
そうだったんですか。
そういう時に『東京タワー』って?
なんだかタイミング悪く?よくかな?
サブタイトルが『オカンとボクと時々オトン』ですから・・(^^)
まぁ、私としては『いい本読んだなぁ』って感じでした。

『博士の愛した数式』
文章がきれいなんですね。
私も今度読んでみようっと・・
私もいつもつぎはぎ読書です(^^)

Posted by: yumi | February 20, 2006 at 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/8691744

Listed below are links to weblogs that reference 読むべき一冊でした。:

« 念ずれば・・ | Main | 壊れたピアノ »