« フンダリケッタリ | Main | 目立ちたい人、目立ちたくない人 »

December 11, 2005

誰にでも平等に・・

フンデモケッテモコロンデモ朝は必ずやって来ましたね今までの経験では。そして朝が来るたびに違う自分になれてたらいいなぁって思ってたのに、何度新しい朝が来ても昨日の自分とちっとも変わってなくて・・そんなことがずっとずっと続いて・・でもね、それは急に訪れるものらしいです。どんな状況にあろうと、誰といようと。ただ、予測することだけができないみたい。

4163220100 【デッドエンドの思い出:よしもとばなな】より

秋の空は透明な色をしていて、景色と溶け合うところまですうっと澄んでいて、どこまでもあいまいで、はっきりした感じが何もなくて、宙ぶらりんな私を優しくなぐさめた。そうして歩いているうちに、陽で体が心地よくぽかぽかしてきた。

私は西山君の幸せそうな顔がとても好きだった。彼にはいつだって何か特別なものがあった。それはもちろん幸せというものに関することなのだが、どうしてもそれははっきりと言葉にできないものだった。

西山君のなんとなく人をくつろがせて楽しくさせるその特別な力は、彼が自由であろうとしていることから発しているんだな、と私は思った。今ならわかる。最低の設定の中で、その時私は最高の幸せの中にいたんだということが。あの日の、あの時間を箱につめて、一生の宝物にできるくらいに。その時の設定や状況とは全く関係なく、無慈悲なくらいに無関係に、幸せというものは急に訪れる。どんな状況にあろうと、誰といようと。ただ、予測することだけが、できないのだ。自分で思うままに作り出すことだけができない。次の瞬間には来るかもしれないし、ずっと待ってもだめかもしれない。まるで波やお天気のかげんのように、誰にもそれはわからない。奇蹟は誰にでも平等に、いつでも待っている。私はそのことだけを、知らなかったのだ。

|

« フンダリケッタリ | Main | 目立ちたい人、目立ちたくない人 »

Comments

誰にもそれはわからない。>
そうなんですね。
それは予測できないことで、自分がどんなに努力しても
ダメなものはダメで
何にもしていなくても
いい方向に向かっていくことだってある。
じゃあ、どう考えたらいいのかなあ。
私はないものねだりをしているのかもしれないですね。^^;

Posted by: ちこ | December 11, 2005 at 07:07 PM

そんな時、私はいつも
自分にとっていい方の予測をして
それを信じることに決めています。
だからマイナスの予測は捨てます。
だれにもわからないなら
自分の理想とする未来を自分で決めていくってことです。
自分の未来を決めたら
後はそれに向かって進みます。
目的を見つめてると
自然とそこに向かって歩いている自分に気づきます。
ちょっと宗教っぽいけどまたそれとは違うんですよね。
『こんな自分になりたい、なれるんだ』
って思うことってすごいパワーを持っていたりして・・
自分はダメと思うより自分はだいじょうぶと思うことが
自分の未来を作っていくと私は信じているようです。

またまた理想論でごめんね。
こんなことをマジで思っている私は変な人間かも・・

Posted by: yumi | December 11, 2005 at 08:28 PM

>自分はダメと思うより自分はだいじょうぶと思うことが
>自分の未来を作っていくと私は信じているようです。

そういうパワーは私は自信たっぷりに持っていたのに
いったいどこへ消えてしまったのやら。

大きなつまずきはパワーを消耗しますね。

今は理想とする未来を捨てずに心の中に持ち続けていくことをがんばります。そこはできるかもしれません。
信じていくことは、もう少し時間をかけて取り戻します。

yumiさんて、説得力あるなあ。
私のお姉さんになってください。^^

Posted by: ちこ | December 11, 2005 at 09:10 PM

思いついたことがあったので
トラックバックしてみました。^^/

Posted by: ちこ | December 11, 2005 at 10:02 PM

ちこさん
私もそういうパワーが切れてしまう時があります。歩き続けられなくて立ち止まる時ももちろんあります。でもね、そのままそこにずっといるわけにはいかないので、また思い直して歩き出します。

>今は理想とする未来を捨てずに心の中に持ち続けていくことを
>がんばります。そこはできるかもしれません。
>信じていくことは、もう少し時間をかけて取り戻します。

ちこさん(^^)持ち続けてることが
自分のパワーになってくれるはず。
その角を曲がったところでばったり・・
そう思うと楽しいね♪
楽しいと笑顔
笑顔は明るさを
明るさはさらに明るい何かを運んできてくれるはず。
その角を曲がったとこでばったりと・・

Posted by: yumi | December 11, 2005 at 10:49 PM

すみません、yumiさん(^^;

コメント書こうと思っていたんですが、うまく言葉にならなくて・・・。

つながりを持ちたいという気持ちの現われということで、TBなんですけれども、笑って許してください(^^;

Posted by: 10月 | December 17, 2005 at 10:06 PM

10月さん
TBありがとうございます。
私も同じくです。
うまく言葉にできないことの方が多くて・・

でもこんな風にTBとかしてもらえたりすると
『読んでくれてるんだぁ~』って思えて
とってもうれしいですねぇ(^^)

Posted by: yumi | December 17, 2005 at 11:13 PM

よかった~(^^)

そんなふうに言っていただけると、ホッとします(^。^)ホッ

・・・ところで、どういうわけか、2回もTBを送っちゃったみたいなので、どっちか一方を消していただければ幸いかと・・・(^^;

Posted by: 10月 | December 17, 2005 at 11:35 PM

了解しました~(^^)
今夜はすでにかなりの積雪です。
明日は雪だるま作れそうです(^^♪

Posted by: yumi | December 17, 2005 at 11:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/7570531

Listed below are links to weblogs that reference 誰にでも平等に・・:

» その角を曲がったら [風の種]
私の人生が 変わっているかもしれない そのくらい しあわせは 突然にやってくる [Read More]

Tracked on December 11, 2005 at 09:49 PM

» ブログとカウンセリングの共通点 [~ 永遠の少年 ~]
先日、yumiさんのブログで、よしもとばななの『デッドエンドの思い出』という本が [Read More]

Tracked on December 17, 2005 at 10:01 PM

« フンダリケッタリ | Main | 目立ちたい人、目立ちたくない人 »