« バニトレーナ~♪ | Main | 一日だけ花屋です。 »

October 29, 2005

みどりのゆび

父はずっと昔から庭木と会話をしているらしい。「もっと水を欲しいって言ってるやろ」って父は子供の私によく同意を求めましたが、意味不明だった私はただ黙っていました。最近、父と同じように植物と会話ができる人にちょくちょく遭遇することがあって、私が植えたお花がいつも元気がなくてあまり育たないのはそういうところに原因があるのではないかと思うようになりました。


4167667010以下-【吉本ばなな 『体は全部知っている:みどりのゆび』】よりです-

ふいに祖母が言った。
「アロエが切らないでって言ってるの。」「アロエが駐車場の陰で車にふまれて痛いって。」「にきびも傷もなおすから、花も咲かせるから、切らないであげて。」「それでね、おばあちゃんはあんたにはわかると思うの、そういう感性がね。植物ってそういうものなの。ひとりのアロエを助けたら、これから、いろんなね、場所でね、見るどんなアロエもみんなあんたのことを好きになるのよ。植物は仲間同士でつながっているの。」
一気にそう言うと、祖母は眠った。

そうか、こうやってつながりができていくのか、もうアロエは私にとってどこで見ても見る度にあったかいものや優しいものにつながっていく。どのアロエも私には等しくあの夜に植え替えたアロエの友達だ。人間と変わらず縁ができていく、こうしていろいろな植物と私はお互いに見つめあっていくのだ、そう思った。

祖母から私が受け継いだものは、たとえ根拠のない迷信のようなものであっても確かに役立っていくその力、よく言われる「みどりのゆび」なのだった。この才能があれば植物はその生命をこの腕の中でぞんぶんに輝かせることができるはずだった。こうやってこの仕事についた人々と私もまた、つながっていくのだ。

|

« バニトレーナ~♪ | Main | 一日だけ花屋です。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/6719656

Listed below are links to weblogs that reference みどりのゆび:

« バニトレーナ~♪ | Main | 一日だけ花屋です。 »