« 水遊びスペシャル in 長瀬峡  | Main | 一行に出会うために・・ »

July 19, 2005

きらきら・・夢のあと

s-1121664613
オフ会の朝はいつも一番のりのハナコナ母&芋さま姉妹。次々到着する仲間を笑顔で迎えてくれます。オフ会の後、一番最後まで残って帰っていく私達を見送ってくれるのも彼女達。

→は仲間達がみんな帰った後、静けさの取り戻した長瀬峡での彼女達の画像。掲示板におふたりのお名前で「静けさを取り戻した長瀬峡。水面がキラキラ、楽しい夏の一日のおわり。」と書き込んで下さってました。昼間のにぎやかさが消えた夕暮れの峡谷でのなんだか寂しげな彼女達の気持ちが伝わってきます。楽しい一日であればあるほどその夕暮れは寂しいですね。キラキラ光るような出会い・・これからもずっと続いていきますように。

-きらきらひかる:江國香織より-
人と出会って、その出会いが心に光をあててくれたとき心の水面はきらきらひかる。人と人との関係のなかから生まれてくる輝き。水面の光は手ですくうことはできない。箱にしまったり指輪にしたりすることもできない。その光はただ見つめて感じているときにだけ光なのだ。

|

« 水遊びスペシャル in 長瀬峡  | Main | 一行に出会うために・・ »

Comments

静けさをとりもどした長瀬峡・・・
喧騒の後の静けさ。キラキラ光る水面や木々や
川の石ころや…なんか、自然のすべてが、楽しい1日を過ごしてもらった喜びで微笑んでるように思える風景です。またの集まりを待っててくれそうですね。

『人と出会って、その出会いが心に光をあててくれたとき心の水面はきらきらひかる。』
心を閉ざしていては、いい出会いも気づかずに過ぎていってしまいますね。いや、そんな時でも心を光らせてくれる出会いもあるということかな…

Posted by: ミルコ | July 20, 2005 at 12:23 AM

おはよう~ミルコさん。
もちろんっ、心を閉ざしていても
むしろそういう時こそ
小さな隙間から光が心の奥にまで
入り込んで来てくれる時があります。
そして閉ざしていた心を
ぱぁ~っと開け放ってくれるんですよね。

Posted by: yumi | July 20, 2005 at 07:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/5055393

Listed below are links to weblogs that reference きらきら・・夢のあと:

« 水遊びスペシャル in 長瀬峡  | Main | 一行に出会うために・・ »