« June 2005 | Main | August 2005 »

July 29, 2005

出会うということ

bd_hotaru4子供だったある日、私は人が人として生まれてきたことの悲しみにふと気づきました。そしてそれ以後、それを証明するような悲しい出来事(別れ)にたくさん遭遇することになります。別れという絶望の中にいても新しい出会いはすぐ側にありました。出会いの始まりはいつもどうしようもないくらい楽しくて輝いていました。

人として逃れられない悲しみに気づきつつ、それでも私がここまで歩いてこれたのは何だったのでしょう?自分の中にある「出会いたい」という思いでしょうか?出会わなければ悲しみはない。でも輝くこともない。輝いてこそ人生かなって・・出会いがあってこそ自分なのかなって・・出会いはキラキラとした暖かいものや言葉にはできないものをたくさんたくさん惜しみなく与えてくれました。出会うことに私達は怯えることはないんですよね。出会えたことに感謝。これからも出会えるということに感謝して歩いていけたら・・・と。

別れがあって、出逢いがある。変わっていく世界に怯えることはないのです。あなたに出逢えて本当によかった。限られた時間の中であなたに出逢えたことは、奇跡なのだと思います。これからもたくさんの人と出逢っていくでしょう。でもどんなに時間が流れていっても、あたなとの出逢いは一生忘れません。私にとって、とても大切な出逢いです。あなたにとってもそうであったならと望むばかりです。【あなたへ:河崎愛美より】

| | Comments (6) | TrackBack (0)

思いやりの形

楽しみにしているコンサート。もうすぐだなぁ~なんて思いながら、念のためキャロ父に「コンサート忘れてないよね?」って確認。キャロ父はぼそっと「ごめん、この日仕事でどうしてもあかんねん」って -そう言えば毎年8月第1土曜日には夏のイベントでしたね、忘れてた~私も- とは言うものの「どうしてもっと早く言ってくれないの?」と私。「楽しみにしてるのわかってるからよけいに言いにくかったんや~」とキャロ父。この後の展開はご想像下さい・・

私ならこんな場合、少しでも早く「行けなくなったの」って相手に伝えなきゃと思ってしまいます、それが思いやりだと・・ 私も若い頃は言いにくいことが中々言えなくて後回しにしてしまうようなところもありました。自分の中でも相手を思いやる形って色々に変化していくものかもしれません。

bd_sunflower6
思いやりの形は人それぞれ、それがぶつかり合うこともありますね。思いやりがぶつかり合うなんて不思議だけど、人の心は複雑なんですよねぇ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2005

朝は涼しくて元気です。

おはようございま~す。北国発信のあなたのHP早く見たいです。がんばって下さいね~

でも、今はブログが増えましたね。だれでも自分なりのブログを簡単に作れて発言できるなんておもしろい時代です。私の場合、大阪の姉や母が私の日常をすべて把握しているという状況です。それに電話をしても細かい説明の必要なく会話がスムーズです。ブログがこの『細かい説明』の役割を果たしてくれています。

もちろん、ブログはだれでも作れて発言できるかわりに自分の知らない人がそれを見たり読んだりできるわけですから、それを危険だと感じる人も多いですが、私はもともとのん気でそういうことはあまり気にしないです。未知の心配ばかりしているよりも自分が必要としていること、自分がやりたいことを見つめるために時間を使いたいから・・

その中でももちろん配慮は大切ですね。私のブログももちろんある意味“フィルター”はいつもかかっています。ブログだけに限らず、いい意味でのフィルターは日常のどんな場面でも必要かもしれません。慣れないと不便にも感じますが慣れるとそれがまた心地よく感じるようになるから不思議です。

『いい意味でのフィルター』というのは自分の思いを変形させて伝えるということではなくて、正直な自分がフィルターを通過して発言するっていう感じかな? 本音でなければどんな小さな思いも受けとってはもらえないですから・・                  yumi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2005

賢く・ふわっと・・

昨日はこの暑さの中、無謀にも真っ昼間、南向きのリビングのガラス磨きなんて珍しくやりました。汚れていたカーテンもついでに洗濯。ガラスとカーテンはスッキリ。でも自分は汗だくのよれよれ~・・愕然(-_-;)

で、今朝はいつも飲むコーヒーを後まわしにして、朝陽が射してくる前に昨日やり残したガラス磨きを・・ 早朝の空気はひんやりさわやか・・ 快適作業でした。

わざわざ暑い日差しの中、汗だくになってガラスを磨くような無駄っぽいことをするのが私らしいかもしれません。もうちょっと賢くふわっと生きられたらいいのになぁと思うのですが・・

私のためだけに生きるのなら、私はすごく小さい。でも、私を必要としている人がいるから、私はひとまわり大きな力が出せるし、出したいと思うのだろう。【王国:よしもとばななより】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

山寺

DSC01656静けさと涼を求めて、自宅前にそびえる山(標高535m)の中にある竹林寺へ。山門の前にはまだアジサイが咲いていました。


DSC01665屋根付き橋は珍しいのに、この地方のお寺ではちょくちょく見かけます。

DSC01668大池。


DSC01670だ~れもいなくて静か・・

DSC01679鐘楼。ここからは広島空港が見えます。

DSC01676山寺の静けさはつかのま・・キャロはこの後、大池に突入して水をがぶがぶ。父、激怒という結末でした(-_-;)。


DSC01681

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 23, 2005

冷えたビール

beer
キャロ父が作った野菜、一度にたくさん採れたのでご近所に少しお分けしたら、お礼にと冷えた缶ビールを2個頂きました。暑い夏の夜、冷えたビールはたまらなく美味しいはずなのですが、なんと言っても我家はだれも飲めない(-_-;)。さて、どうしようかと悩みながら眺めている缶ビール。すっかり汗をかいてしまっています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 22, 2005

お礼状

DSC01647
お礼状を書きました。いつもパソに頼りっぱなしなので、たまに手書きが必要な時にはかなりしんどいです。結局、一枚のお礼状を書くのに5回も書き直してしまいました。最後に手書きしたハガキに夏らしい背景をプリントして出来上がり。(やっぱりパソ頼り~) プリントは1回で完璧。パソってえらいわぁ~ 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 21, 2005

一行に出会うために・・

お返事おそくなってすいません。言い訳になりますが・・ 精神的にも?肉体的にもバタバタしておりましたぁ~ 落ち着かないとメールを書こうとしても書き進めなくて・・

生きてると傷つき傷つけることがたくさんありますね。本を読むと、その時その時自分がかかえているものへの『答え』みたいなものが必ず見つかります。それはそういうものを求めて読んでいるからなのでしょうけれど。「王国」は私に色々な答えを提示してくれましたぁ。

「王国」から引用した部分は、今の私が一番深く感じたところだったと思います。私はこの一行に出会うためにこの本を読んだのだなぁと思いました。ふっと今の自分を別の角度から眺められたようで、心地いい風が心の中を吹き抜けていきました。

あと少しというところで本をちょっとストップしています。最後はしっかり時間のある時に読みたいなぁって思います。

素敵な本を紹介して下さってありがとうございます。

ごめんなさい、返事になってないかも・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 19, 2005

きらきら・・夢のあと

s-1121664613
オフ会の朝はいつも一番のりのハナコナ母&芋さま姉妹。次々到着する仲間を笑顔で迎えてくれます。オフ会の後、一番最後まで残って帰っていく私達を見送ってくれるのも彼女達。

→は仲間達がみんな帰った後、静けさの取り戻した長瀬峡での彼女達の画像。掲示板におふたりのお名前で「静けさを取り戻した長瀬峡。水面がキラキラ、楽しい夏の一日のおわり。」と書き込んで下さってました。昼間のにぎやかさが消えた夕暮れの峡谷でのなんだか寂しげな彼女達の気持ちが伝わってきます。楽しい一日であればあるほどその夕暮れは寂しいですね。キラキラ光るような出会い・・これからもずっと続いていきますように。

-きらきらひかる:江國香織より-
人と出会って、その出会いが心に光をあててくれたとき心の水面はきらきらひかる。人と人との関係のなかから生まれてくる輝き。水面の光は手ですくうことはできない。箱にしまったり指輪にしたりすることもできない。その光はただ見つめて感じているときにだけ光なのだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 18, 2005

水遊びスペシャル in 長瀬峡 

DSC01598楽しみにしていたオフ会。青空が広がって夏らしい日になりました。


DSC01618山奥の峡谷の流れは冷たくてとっても綺麗。


DSC01623ワンコのイキイキした表情はいいです☆

DSC01615ヤマメの塩焼き私は初体験でした。中々美味~でした。


DSC01627今回はバニ意外の犬種の仲間も増えて、ますます楽しかったです。

DSC01620犬仲間が気軽に集まって-特に何をするってこともなく-waiwai楽しくすごすミニオフ会。

DSC01638日常の雑踏を離れ自然の中で、大好きなワンコに囲まれてすごす時間。こういう時間がとっても好きです。

DSC01641穏やかに和やかに時が流れて一日はあっという間でしたね。

DSC01631参加して下さった皆様、遠い道程、本当にお疲れさまでした。


DSC01629またお会いできるのを楽しみにしています。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 15, 2005

小さなお友達

c-asagao2
信号待ちで停車している私の車の横を、通学用の黄色い帽子をかぶった小学生の女の子がふたり、楽しそうに話しをしながら通り過ぎていく。片方の女の子と目が合った。まだ低学年かな?小さな可愛いその女の子は、にこっと笑って、そしてチョコンと頭を下げて挨拶してくれた。その様子がまたまた可愛くて、そして「だれだっけ?」と考えてみたけどわからなかった。きっとキャロの友達だろうなぁなんて思って、私も「どうも~」っていう感じで急いで頭を下げた。ワンコを連れてないのに私ってわかったのね。すご~い。ワンコがそばにいないと私はただのおばさんなんだけど・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2005

明るい風

ill-h1b
昨日は少し晴れ間も出たのに、やっぱり雨模様でした。ドンヨリとした空気が街中に広がって重~い感じがしました。

で、大阪の親友が恋しくなって電話。すると電話の向こうの彼女は「なんでそんなに明るいねん?」と言いたいくらい、途切れることなく話し続けて合い間には大きな声でゲラゲラ笑ってる。雨が降ってることもいつのまにか忘れて、彼女の明るさの中にとっぷり漬かってました。

その人を包んでいる空気ってありますよね。彼女の周囲には明るい空気が充満してるのじゃないかなぁ。彼女と出会ったことは私には大革命でした。どんどん明るい空気を求めるようになって、明るい友達、明るい言葉、明るい色、明るい毎日、明るい家族、明るい料理、明るい本、明るい映画、明るい絵、明るいワンコ。明るいものが明るい風を運んで来てくれるような気がします。

とびきりの親友。とびきりずうずうしくて、でも人の心の中にずかずか入ってくるようなことはなくて、変に気の弱いところもあって。『130歳まで生きる』というのが彼女の口癖。『そこまで生きてどうするの?』と私がいつも突っ込む。同級生達に言わせるとふたりが親友同士であることがよく理解できないようだけどどうしてなんだろう?

電話で話すと会いたくなって「新幹線日帰り出張で会いに行くから」と夜、メール。

-『王国:よしもとばなな』より-
サボテンは、保護しすぎてもかまいすぎてもそれを重く感じます。自分の感情をぐっと色濃く出すと、サボテンにはそれは害になります。お互いが並列の立場で、普通に、陽気に力を出し合ってそこに存在するとき、サボテンはもっとも喜んでよく育ちます。生き物はそういう意味でみんなエゴイストで、自分の心地良いことが好きなのですが、それが本当に助け合えるということなのかもしれないと思うことがあります。あれこれ考えてやったことはたいてい嘘なのです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 12, 2005

心のつながり

025418100000子育て中は忙しくて、子供を育てているはずが、子供との時間が中々持てないみたいなジレンマがありました。本を読んでやりたいと思っていても、気がつくと一日が終わってたり・・ で、ある時から寝る前に本を必ず読もうと決めました。忙しい時はそれこそビデオの早送りのような読み方でした。(笑) それでも息子達は気にしてなくて、早送りは早送りなりに楽しんでいるようでした。もちろん時間のある時はしっかり読みましたね。物語に入り込みすぎて困ったことも・・感情入れすぎ~(爆) でも、そういうちょっとばかげた毎日の積み重ねが、未熟な母である私と子供達の心のどこかとをつないでくれていたような気がします。それはずっとずっと後になって気づいたことですが・・

私自身も母が忙しい合い間に読んでくれた 『シンデレラ』 や 『アンデルセン童話』 は、その中に描かれていた絵といっしょに今も思い出すことができます。母はもうそんなこと忘れてしまったでしょうね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 11, 2005

もやっ

icon_015油断をするとすぐに
何か “もやっ” としたものが溜まります。
そういうのを放置するのは苦手。
さっさとそういう “もやっ” を片付けたくて。
そういう時は勇気を出して
“もやっ” の中に突入。(えら~い)
意外と “もやっ” の中は視界がはっきり。
で、昨日は “もやっ” をしっかり分別~(やったぁ)

明後日は不燃粗大ゴミの日。
しっかりゴミ出ししま~す。
片付いたところはすっきりさわやか♪
新しい風が通りぬけていくことになります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 10, 2005

届きましたぁ~

DSC01574色々可愛いものを送って下さってありがとうございました。ひぃさん(てのひらのぶぅ。)作のバニ気に入りましたぁ。なんてたって男前(強調)ひぃさん作ですから・・大切にしますね。

DSC01570ビンの中のコーヒー、一人で味わって頂きま~す。美味しいコーヒー飲むと、素直ないい文章書けそうです。


DSC01577手作りはん消し入り手拭い。ラビちゃんとヴェールちゃんが何とも可愛い♪ 今年の夏はこの手拭いを首に巻いて暑さを乗り切りま~す。

DSC01586アヒルさんの形をした計量カップ♪ 大きい方から、1カップ・1/2カップ・1/3カップ・1/4カップ。便利ですよね。計量カップ以外にも使えそう♪

DSC01594カラフル計量スプーン☆ 細かく分かれているから便利~ お料理好きにはもってこい(-_-;)

DSC01596くるみのピン・クッション。これも手作りなんですねぇ。細かな仕事です~(遠い目~)


桃ちゃん
改めて、色々と本当にありがとうございました。
桃ちゃんの き・も・ち
たくさんたくさんありがとうです。
長く大切にさせて頂きます。

                yumi


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

小さな世界で出会う人達・言葉

田舎の小さな街に住み、ワンコと暮らす小さな私の世界。ここに住むまでは、好きな時に会って何でもかんでも話しをできた友達とも、そう言えば今年はまだ一度も会ってない。それでも私はなぜかいつも元気。いつでも会えるということと・会おうと思っても会えないということはかなり違う。でも今は、別の形となって変わらず私を支えて続けてくれているような気がする。

大阪でお世話になった○○○の先生から、お願いしていた物が宅配で届いた。開けてみたら小さな紙切れが。(ゴミと間違えて捨ててしまいそうでした)カレンダーの裏に走り書きされた先生からのお手紙でした。
↓先生のお手紙より・・です。
☆お元気でお過ごしでしょうか?月日が経つのはとても早いですネ。私達も○○○で頑張っております。・・・・どうぞこれからも本物を見極める感性を持って生活されますよう・・ お祈りしております。お元気で・・☆
本物を見極める感性・・ ですね。ちゃんと今も持ち続けています。本物のワンコを飼い、本物の大変さを日々味わっています。先生~素敵なお言葉ありがとうございました。先生も、お元気でお過ごし下さい。

sorahitoinu
街の本屋さんにぶらっと入ったら、目の前の棚にそらひといぬという絵本があった。「あれっ」と思って開けて見たら、以前ネットのお友達が紹介していて欲しいなぁって思っていた絵本だった。迷わず買って帰宅したら、その本を紹介してくれたお友達からメールが届いていた。―こういうことは私にはよくあることで― 早速、「今日は桃ちゃんの匂いがしてましたぁ~」って返信。臭い仲ってこういう関係かな?(笑)

いぬにはきのうもあしたもありません
あるのはきょうのせいかつだけです
かこやみらいからはなれると
なやみなどはすっかりなくなります
いぬになやみがないのはそのためです

ひとはとりのようにじゆうにそらを
とんでみたいなどとおもったりします
いぬはできもしないことを
やろうとはしないので
あんしんしてつきあえます
(『そらひといぬ』より)

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 05, 2005

生きているということ

子供の頃から動物のぬいぐるみが好きだった。もちろん本物のワンコも好き。どちらも可愛い。しかし、ぬいぐるみとワンコには大きな違いが・・ なまものワンコは何といっても手がかかる。お水も飲めばえさも食べる。散歩にも連れていってやらないといけない。シャンプーしてもすぐに泥んこになる。○シッコもすれば○ン○もする。奮発して可愛いプー柄の敷物を買ってやったら、目の前で破壊してしまった。おまえ~それはないやろう~(-_-;)

生きているということはこういうことなんだぁ。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

重い荷物

大阪の親友から 久しぶりに届いたメール。何気なく開けたら「25年ぶりに父に再会したよ」て。彼女にとってそれはすごいことだというのに、メールはいつもと同じのんきな着信音。こんな時にはもっとけたたましく鳴ったっていいのに。メールを開けた私は目が点。

人には、多かれ少なかれ事情なんていうものがある。親友は事情があってお父さんと長いこと会ってなかった。私は驚いてメールを返信したけど、こういう時のメールほど不便なものはない・・事実だけが淡々と伝わってくる。色々な思いがあってメールをくれたのだと思う。メールでは伝わらないお互いの気持ち。近くならすぐに飛んで行ってるだろうなぁ。大阪に帰りたい。でも、今はこれがいいのかもしれないと思いなおす。

自分の事情と人はいつもいっしょだ。私は私の事情といつも離れることはない。彼女も彼女のそういう事情とある意味生まれた時からいっしょだったんだよね。年齢を重ねていくほどに、彼女が抱えてきたものの重みが、私にも少しずつわかってきたような気がする。抱えているものが少しでも軽くなったらいいのにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2005

雨の倉敷

DSCN3219


DSCN3208
昨日の広島は朝から雨。それも高速道路が通行止めになるほどの集中豪雨。水不足が一気に解消です。

何も雨の日を選んで来ることはないと思うけど、倉敷に観光ツアーで来た大阪の姉より画像が送られてきました。“倉敷美観地区”は倉屋敷が連なるレトロな町並で有名。 雨の日は雨なりの美しさ楽しめますね。素敵な写真どうもです~ 無事に帰宅されましたかぁ~?

雨が上がった夜、ハナコナ母様と芋様が久しぶりに遊びに来てくれました。いっぱいお話できて楽しかったです。すっかりおそくなってしまいました。だいじょうぶだったでしょうか?


| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 01, 2005

続・青い鳥

夏風邪ひかれたそうですが、よくなられましたか?『続・青い鳥説』メール受取りましたぁ。そして、思いっきり笑わせて頂きました。

―了解頂いたので失礼して・・↓あなたのメールよりです―

「青い鳥」を言う私も私 「こら~このバ○息子 家から出て行きやがれ!!」 と息子の襟首をつかんで玄関から蹴り出すのも私 空の青さに感動していつまでも眺めてるのも私 職場では「あの○ソ○バ 2度と来てくれんな」 と叫んでる私・・・ 職場で「青い鳥」の話なんてきっと絶対することはない yumiさんには私の綺麗な部分を見てもらってるから 綺麗な心でメールを書ける自分がうれしいのかな

あなたは正直です。私も正直言えばあなたと同じ。言葉にするときれいごとになってしまうようなところがあって、時々自己嫌悪に陥ります。でも、あなたのおっしゃる通り、それもこれも自分ですよね。(笑)410383403X

王国読み始めました。あなたがこの本に決めた訳、理解できそうです。

『人のいるところには必ず最低のものと同時に最高のものもあるの。憎むことにエネルギーを無駄遣いしてはいけない。最高のものを探し続けなさい。流れに身をまかせて、謙虚でいなさい。』(『王国:よしもとばなな』より)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »