« 小人の靴屋 | Main | ファイルする。 »

June 22, 2005

アジサイの花にかくれて泣いたの

なつかしいノートを久しぶりに開けて・・ 遠い日の自分に会いました。ずいぶん時間が経ったというのに、ノートの中の自分はあの頃のままで・・ 幼い文字は確かに通り過ぎてきた自分。色褪せてない文字はまるで昨日のようです。なつかしい自分、元気でしたか?

そうそう~あの頃は「チッチとサリー」好きでしたね。今でも梅雨の季節になると『アジサイの花に隠れて泣いたの』なんて詩の一行が自然に飛び出してきます。

あの頃の自分を忘れた訳ではないですが、今ならアジサイの花に隠れて泣いたりしてる場合じゃないですね。(笑)それよりも、きちんと自分の思いを伝える努力しないとね。

ill-ajisai1-a
― 片思いの季節 :みつはしちかこ ―
   あじさいの花にかくれて
   泣いたの
   暗い雨の曲がり角で
   あの人は気づかずに
   通りすぎていったの
   深い雨のある日
   あじさいの花は
   重たくて
   まっさおな涙が
   こぼれたの

|

« 小人の靴屋 | Main | ファイルする。 »

Comments

チッチとサリー“小さな恋の物語”・・・私の記憶の奥底に眠っていました。中学の頃、読んだ記憶があります。どの詩も“いい感じ”だったのを思い出しました・・・でも私はチッチみたいに可愛い健気な女の子ではなかったなぁ・・・“当たって砕けろ”的なところは今も変わらず。

Posted by: Rie | June 22, 2005 at 03:18 PM

Rieさんって
当たって砕けろ的な元気な女の子だったのですね。
私は当たって砕ける前に
自滅しているような女の子でした(-_-;)
そして今はどうでしょうか?

Posted by: yumi | June 22, 2005 at 03:45 PM

僕は当たる前に砕けてる男の子です(謎
砕けないようにしなきゃなぁ・・・・(-_-;)

Posted by: AK47@まめの兄 | June 23, 2005 at 12:11 AM

おいおい~AK47君
当たる前に砕けてたら
だめだめ~
当たってみたら
意外と砕けないくらい
強い自分に気づくかもしれないよ~
思いっきり当たってみなきゃ!

Posted by: yumi | June 23, 2005 at 12:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/4656743

Listed below are links to weblogs that reference アジサイの花にかくれて泣いたの:

« 小人の靴屋 | Main | ファイルする。 »