« 読んで下さってありがとう。 | Main | お肉嫌い »

June 09, 2005

自分の喜び、だれかの喜び

車を買い替えたらしいNから 「新しい車が来た~」 とうれしそうな電話。新しい車は乗り心地がいいに決まってるけど一応 「よかったねぇ~ 乗り心地は?」 なんて聞いてみる。Nは私の予想に反して 「俺、こんなにうれしいのに、みんなはまるで人ごとなんやぁ~」 と・・ (ぎゃは~) Nの彼女にしても人ごとのような喜び方だと不満気・・

「あたりまえやぁ~ん。だって人ごとやもん」 と私。刺激強すぎたかな。 そんなことがわからないなんて・・君はまだ若い~ だれだって自分が嬉しい時、いっしょに喜んでくれる人がいて欲しい。でも、それは贅沢というもの。自分の喜びは自分の中でだけ、ささやかに喜ぶべき。

今度、だれかが車を買った時、君ならその嬉しい気持ちわかってあげられるでしょ? その時は、ふたりでいっしょに盛大に喜びあって下さいませ~ 

|

« 読んで下さってありがとう。 | Main | お肉嫌い »

Comments

今日で瀬戸内寂聴さんがリタイヤされるというのでテレビでインタビューが流れていました。
講話のなかで「人のために祈ってください」という言葉がありました。

人の喜びをその人と同じくらいに喜べる事。
人のためにその人の気持ちになって祈ってあげられる。

そんなこと難しいですよね。

だれも喜んでくれない。と思う経験があればこそ出来るようになるのかも?

Posted by: wendy | June 10, 2005 at 09:57 AM

瀬戸内寂聴さん素敵な方ですね。「人のために祈ってください」とって心が安らかになる言葉。理想と現実はかなり違っていて、自分をコントロールするのはそう簡単ではなかったりします。「人の喜びを自分の喜びと思うこと」親に言われて育ちましたが、究極の場面であればあるほど、そういう自分にはなれないジレンマみたいなものをいつも感じてました。

大きな声では言えませんが、息子が大学受験に失敗した時、未熟な彼は「母さん、僕もう死にたい」なんて申しました。たかが受験に失敗したくらいで・・です。免疫がないというのはこわいですね。家族全員、かなり深い淵の中にいましたね。友達の合格をおめでとうって口では言いながら、とってもうらやましく思っている自分がいたこと否定できません。親子そろって未熟だからこそ、そういう試練を経験するべきだったんでしょうね。

「人のために祈ること」その難しさを知れば知るほど、その感覚に近づいていけるのかもしれません。

Posted by: yumi | June 10, 2005 at 10:19 AM

瀬戸内寂聴さんの法話大好きです
yumiさんのお気持ち理解できます
私も、しょっちゅうですから
そんなときは、寂聴さんの言葉を思い出すことにしています

”渇望しているものが手に入らないとき
人はたいへん苦しみます
この状態を”無明”と言います(明かりが無い状態)
無明に陥ったときは、人は”知恵”という明かりを灯すのです”

雨降りの日は、家のなかでゴソゴソしていますから
なんどもお邪魔いたしました


Posted by: masami | June 10, 2005 at 03:10 PM

masamiさま
こちらも梅雨入りなんでしょうか?雲に覆われてはっきりしないお天気です。
『無明に陥ったときは、人は”知恵”という明かりを灯すのです』凡人の私にも、少しだけわかるような気がします。明かりが見えなくてどうしようもない時にはなおさら、寂聴さんお言葉、しみますね。

Posted by: yumi | June 10, 2005 at 04:31 PM

本当に寂聴さんのお話はいいですね。
ついつい忘れていることを思い出させてくださいます。

だけど、本心から自分が不遇の時優位に立っている人に「おめでとう!良かったね。」と言ってあげられる様になるのはいつのことでしょう?私の場合、まだまだです。永遠に出来ないかも知れません。(汗)

Posted by: wendy | June 11, 2005 at 09:12 AM

wendyさん

『本心から自分が不遇の時優位に立っている人に「おめでとう!良かったね。」と言ってあげられる様になるのはいつのことでしょう?私の場合、まだまだです。永遠に出来ないかも知れません』

それってとっても正直な気持ちだと思います。結局、だれだって、それはそういうものなんだと思います。そういうものなんだけど、ふとした瞬間にそれがそうでなくなってたりしたら。とても大変な状況におかれている人から「おめでとう」なんて言われたら、私はもう涙がとまらないかもしれません。逆に、だれかに「おめでとう」って小さな声ででも自分が言えたら、よくやったぁって自分を誉めてやります・・私は凡人ですからこの程度です。

Posted by: yumi | June 11, 2005 at 08:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/4478437

Listed below are links to weblogs that reference 自分の喜び、だれかの喜び:

« 読んで下さってありがとう。 | Main | お肉嫌い »