« 雨の日曜日 | Main | 自分の喜び、だれかの喜び »

June 07, 2005

読んで下さってありがとう。

HPの感想頂いてとってもうれしかったです。

だれのために書いているんだろうと、ふと考える時、答えはいつも「自分のために・・」なんですが、やはりどなたかが読んで下さってるってことは、すごくうれしいものですね。

吉本ばななさんの「キッチン」もちろん読みました。でも、私は多分、※※さんのようなところまで深く読み切れてないような気がします。「ムーンライトシャドウ」が一番好きですね。あの場面がずっと心に残っています。そう言えば彼女の本は、必ずどこかに「死」が見え隠れしていました。

自分の記事を読み返してみたら「あなたへ」にしても「終わらない夏」にしても、それぞれの物語の中のだれかの「死」についての部分に、心引かれてる私がいます。日替わりランチのような私の本選びの中にも、そういう共通項が含まれていたのかなぁって気づきました。

本を読むことって、美味しい空気をいっぱい吸い込むのに似てると思いませんか?心が息苦しくなった時、やさしい言葉に出会うと「あぁ~そうだったぁ」なんて忘れていたものを思い出させてくれます。集中して本が読めた時、自分の心がそれをしっかり受け止められた時、必ずそういう感覚は現実の中につながっていきます。そして、すぐそばにいるだれかにも、きちんとやさしい言葉をかけられる自分に戸惑ってしまうこともあります。でも、それが本のいいところだと思いませんか?本の中にだけいるのではなくて、本から飛び出した自分の中に残っているものこそ、お金では買えない自分にとって大切なものだと・・

バニと本と大阪つながり~ですね。3つも共通項があるなんてかなりすごいことではないかと・・お暇な時にはまたブログ覗いて下さいね。ありがとうございました。

|

« 雨の日曜日 | Main | 自分の喜び、だれかの喜び »

Comments

yumiさん

本当に読んで下さる方がいるとブログやHPをちゃんと更新したい。という意欲にかられませんか?

日記と違って双方向なのでとても自分にとっても良いですよね。自分のためであって自分のためだけでない。それがいいのかも知れません。

yumiさんのHPやブログでは私が持ち合わせていない感性を感じられて、とても気持ちが安らぎます。心で感じてもそれを表現することが下手な私にはとても羨ましいですし、読ませていただいても落ち着いた気持ちになります。

これからもこうして続けていけるといいですね。

今後ともどうぞ宜しく~~~

Posted by: wendy | June 08, 2005 at 08:36 AM

wendy様

コメントありがとうございます。だれに向かって記事を書いているんだろうって考えながらこんな記事を書きました。『自分のためであって自分のためだけでない』wendyさんの答えがぴったりかもしれません。

同じように私もwendyさんのブログやHPには自分の『持ち合わせていない感性』を感じて、とても新鮮です。きれいな日本語で綴られたwendyさんの記事は私にはお手本だし、まじめさや真剣さが伝わってくるwendyさんの記事は、wendyさんへの信頼感につながっているように思います。

ネットでの出会いは簡単。離れていくのもそれ以上に簡単です。長くお付き合いを続けることは、難しいものだと日々感じております。ネット時間だとwendyさんとはかなり長いお付き合いのような気がします。私にとってはとても貴重な存在。これからもどうかよろしくお願い致します。

Posted by: yumi | June 08, 2005 at 03:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/4449739

Listed below are links to weblogs that reference 読んで下さってありがとう。:

« 雨の日曜日 | Main | 自分の喜び、だれかの喜び »