« 今どきの田植え | Main | お好み焼き »

May 26, 2005

何も起きない

同じように動物にまみれて育ったのに、私の兄はずっと犬嫌いでした。そんな兄が初めて手に入れた新車に、飼い犬がつめでガリガリ~事件が起きて、兄の犬嫌いはさらに○十年続くことになってしまいました。でも、今現在はどういう訳か犬バカに大変身。人生ってわからないものですね。

夫とキャロトマ2頭をつれて、ロングの散歩に。塾らしき建物の前で時間待ちなのか?遊んでいた子供達が、キャロトマを見つけて今にもこちらに走ってきそうな感じ。すると建物の中にいた先生からお言葉が「何が起きるかわからないから近寄らないで」と・・ 確かにその通り~なのでしょうけれど、犬好きの私には、子供達のいきいき輝いてた目がどこかに飛んでいくのがスローモーションのように見えましたねぇ。でも、同じ場面に私の兄がいたとしたら、きっとその先生と同じ発想でしょうね。

DSC01391“何が起きるかわからないから近寄らない”
確かに子供達には何も起きませんでした

|

« 今どきの田植え | Main | お好み焼き »

Comments

先生のお言葉、確かにその通りですよね。
犬好き人間にとっては悲しいけど…

こちらでは、犬に噛まれる事件が結構あります。
(特に子供が)そのたびに、なんで、って。でも、だから、いくら犬好きの私でも、犬と飼い主さん見て声かけるのためらう、いや避けて通ることもあります。(ミルキーが一緒の時だと特に)でも、犬だってしつけ次第、危険犬と言われている種類だってそもそも人間が勝手につくりだしたんじゃないか~それからね、この前散歩してたら幼稚園ぐらいの子供がチョロチョロしながら寄ってきたかと思うと、急にミルキーに大接近、もう、目(鼻)のまん前。親はのん気にブラブラ歩いてる。主人と噛み犬問題は何も犬のせいばかりではない、親ももっと気をつけなくちゃという話になりました。ミルキーだからよかったんだよ~と親に言ってやりたかったわ。ちなみにミルキーはわれ関せずかなドキッ怖い~かな。どっちにしても、おいおいそこのおかあちゃん、子供をしっかりみなさいよ、って思ったかもね。

さて、お兄様の変身のきっかけはなんだったんでしょうね?

そうそうyumiさん、ノンタンさんとこはどうなっちゃったのですか?パソ、不調?

Posted by: ミルコ | May 26, 2005 at 03:52 PM

ミルコさま
ノンタンは体調があまりよくないみたいです。ブログ、突然なくなっていて驚きましたね。元気なノンタンで戻って来てくれるのを期待したいと思います。

ミルコさんと同じような経験あります~
小さなの男の子がキャロに突然抱きついて離れませんでした。キャロはびくともしないで、じっとしていたのでほっとしましたが、だいじょうぶと思ってもドキドキでした。その子のお母さんはニコニコしながら、「この子はどんなワンコもこわがらないですよ」って・・ なんでも土佐犬にも同じことをしたとか。その子とは毎日、散歩道で会うので、ワンコの気持ち少しずつわかってくれてるような気がします。

私もどんなワンコも好きな人なので、ワンコを怖いと思ったことはありませんでした。でも、一度だけ、キャロやトマトと同じバニに噛まれました。大したことはなかったですが、夫から「おまえが悪い」とかなりきつく叱られました。ワンコは怖くないっていう慣れきった態度に大きな落とし穴があったんですよね。反省しました。

兄の変身は可愛い一人娘が犬を飼いたいって言い出したことがきっかけでした。ああいうタイプの人ははまると極端ですね。完全にワンコ中心の生活です。手作りの羽毛布団で寝ている兄の家のワンコ。超過保護です。

Posted by: yumi | May 26, 2005 at 07:59 PM

ノンタンさんがまた元気にお話できる日を待ってます。

愛娘には弱いわけですね、お兄様。
ナットク(ニコニコ♪)

私も犬が大好きで、高校の時、つい手を出してしまったの、そしたらね、私の手、丸ごと犬の口の中!噛まれはしませんでしたが…飼い主さんが「この犬はそんなこと普通はしないんだけどね~」って。私のほうが「ごめんなさい」でした。
考えたら見知らぬ人が飼い主に迫ってきたら「守らなきゃ」って思いますよね。

こちらに来てすごくうれしかったのが犬がいっぱいなこと。(今は日本も飼ってる人増えたと思いますが)でも、子供達特に、息子はそれこそすれ違う犬の頭をナゼたがるので、必ず飼い主さんに聞いてからさわらせてもらうことをきつく言った記憶があります。

バニも噛むことがあるんですね。ミルキーも犬だということを忘れないようにしなくっちゃ。本犬は犬だと思ってないような~???

昨日今年初、つばめを見ました。
今年も来てくれたのね~。
そして、昨日からグングン気温が上がり始め、明日は30度。日本より暑いかな?

Posted by: ミルコ | May 27, 2005 at 02:47 AM

「この犬はそんなこと普通はしないんだけどね~」って・・・飼い主側としては、そういうことが起こりうるってことをいつも頭においておくべきですよね。キャロトマも小学生やお年寄りとフレンドリーですが、やはり緊張感はありますね。ワンコの気持ちを通訳しながら、お互いがスムーズに仲良くできていくのが理想かなぁ~って・・
「何が起きるかわからないから近寄らないで・・」は、なんか夢も希望もない言葉のようでちょっと寂しかったです。ワンコにとっても子供達にとっても・・

ミルコさん地方は、30度~(@_@)真夏日ですね。こちらは、気温が上がらない日が続いています。すごしやすい毎日ですが、初夏は初夏らしくないと不安です。

Posted by: yumi | May 27, 2005 at 07:45 AM

yumiさん

子供が遊びに来てイヌが怖い。って言われるの私とても嫌です。息子が小さい頃遊びに来た子の中に怖くて怖くてあっちにやって。っていう子が居ました。一方では自分もイヌを飼っている子は吠えていても簡単にだっこしてしまうのよ。

この違いって何かしらね?

確かに無防備に触られると飼い主として困りますけれど、よけて通られるのは教育に良くない気がしません?

Posted by: wendy | May 27, 2005 at 10:17 AM

犬を好きか嫌いかって・・・結構、はっきり分かれてますね。犬とどんなふうに出会うかって大事なのでしょうね。

なでなでしようとして噛まれた~っていうのが、兄の子供の頃の経験ですが、一番わかりやすい例かも。
犬が嫌いな人は子供はもちろん、大人でもものすごく怖いっていう感じなんですね。そういう方と散歩などですれ違う時には、素早く通りすぎるようにしています。

犬が嫌いより好きな方がお得かなぁって気がします。できるなら、子供達にはワンコや色々な動物達といい出会い方をさせてあげたいですよね。

Posted by: yumi | May 27, 2005 at 04:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/4284570

Listed below are links to weblogs that reference 何も起きない:

« 今どきの田植え | Main | お好み焼き »