« 単純であること | Main | 非日常 »

April 13, 2005

百滝桜

wakakasi2親友のご主人から頂いた故郷に咲く桜です。地元の人達の間では超有名な枝垂れ桜です。樹齢何百年だったかな? 母が学生の頃には、既に今程の大きさだったそうです。この桜の木の下を通学していた女子学生はすっかりおばあちゃんになってしまいましたが、桜は今も変わらず、毎年毎年新しい花をきれいに咲かせ、たくさんの人達の目をひきつけています。

-去年の日記より-

去年は平和公園の桜の下を
久しぶりの友人と歩いた。
おととしはもう思い出せない。
でも、もっと遠い日の
故郷の坂道に咲いてた桜は思い出せた。
なつかしい桜の木の下を
私はいつもひとりではなく
だれかといっしょに歩いていた。
それは
母だったり
幼なじみだったり
きょうだいだったり
恋人だったり
桜はいつも同じように咲いているのに
私もだれかも
毎年毎年、同じ私達ではなかった。

|

« 単純であること | Main | 非日常 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/3681225

Listed below are links to weblogs that reference 百滝桜:

« 単純であること | Main | 非日常 »