« 最初で最後 | Main | プリンはいかがですか? »

March 10, 2005

不似合いな言葉

タイトルに引かれて本を買った。
作者は作家ではなくて医師。
目次を見た後
パラパラと横読みしてしまった。
きっちり読んだら
どれかの病気に自分があてはまりそうな気がしたから。

テレビである脳外科医のドキュメントを見た。
優れた技術を持ったその医師は
世界を駆け巡りそれこそ年中無休状態。
患者を救うことと次世代の医師を育てることに
すべての時間を費やしていた。
彼の手術のようすが映像で流された。
そして、手術後の彼のコメントは
「今日も神様が来て下さいましたね・・」だった。

またある凄腕の医師の言葉から・・
「一番はご家族の愛情ですよ」

医療現場にいる医師の
「愛情」や「神様」という言葉は
とっても不似合いなような気がするのに
不思議と説得力があって心にしみる・・・

病院を医師を選ぶべき時代なんだよね。

|

« 最初で最後 | Main | プリンはいかがですか? »

Comments

私も分厚い医学書持ってるけれど
ユミさんではないけれど
全部自分に当てはまるので今ではなるべく読まないの( ̄∀ ̄;)汗
具合悪くて医者にかかる前に読んだら
最悪の病状が当てはまる事とかあるから怖くてね~
 

Posted by: ノンタン | March 10, 2005 at 06:32 PM

やっぱりノンタンもそうなの~
ああいう本読んでたら
元気でも病気になってしまいそうです。
元気の出るような本がいいですね。
お医者さんも
お話するだけで元気がでるような方だったら
いいですよねぇ~
できたら若くてイケメンで・・(笑)

Posted by: yumi | March 10, 2005 at 07:21 PM

まれに要るのよねv( ̄ー ̄)v
素敵な物腰の先生が~
 言葉使いとかもね~患者の立場に立った先生が
多分志がきちんとある方なのだと思うけれど
 本当に素敵な先生だつたわよ

Posted by: ノンタン | March 10, 2005 at 08:04 PM

“志がきちんとある方”
そうそうそれそれ~
そういう先生に遭遇できたら
薬よりよく効くかもしれませんね。

Posted by: yumi | March 10, 2005 at 09:14 PM

医者を選ぶ時代・・・そう思っても
つい、近くの病院へ行ってしまう
病院って評判は人それぞれ
その人にとってのベストが一番良いお医者さん

私が一昨年胆石になった時も
救急医療センターではわからなかった
次の日も具合が良くならないから
新しく出来たばかりの病院へ行った
お隣の奥さんから良いと評判は聞いていたので
しんどくて病院へ行ったのが夕方
しかも点滴をしてくれてたから
どんどん時間が過ぎていく
診察時間はとっくに終了していた
だけど、「エコーで診てみましょう」っておっしゃって
そこで、初めて胆石を発見。
あの時、大雑把な診察をして帰ってたら
まだまだ胆石は見つからなかったかも!?
紹介状を書いて下さって
次の日に総合病院へ行った。
そっちはガッカリするほどの時間が掛かり
義務的な診察が続いた。
そして手術もしたけど
私の中では今も近所の先生に
感謝の気持ちで一杯で
私にとっては名医です。

Posted by: ユッチ | March 11, 2005 at 09:49 AM

ユッチもそういう経験ありなんですね。
“その人にとってのベストが一番良いお医者さん”
確かにそうですね。
その時その時で自分の状況に応じて
病院を選んでいくのは自分自身なんですよね。
ユッチは早く痛みの原因がわかって
本当によかったと思います。
総合病院もいいところもあれば
不便なところもあるし
近くの病院でも信頼できる先生がいたら
それが一番ですよね。

Posted by: yumi | March 11, 2005 at 06:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/3243510

Listed below are links to weblogs that reference 不似合いな言葉:

« 最初で最後 | Main | プリンはいかがですか? »