« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

ゲリラ大歓迎♪

s-1112181512

☆さんからまたまたゲリラされましたぁ。(*_*)
☆さんところもきり番せまってるようです。
あっちもこっちもカウプレが素敵です。
ねらっていきますので
ライバルの皆様
よろしくっ。

↓☆さんのゲリラ通達記事です。

いつもお世話になっておりますーーーー
で、唐突ですがまたゲリラせていただきますーーー♪
o((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ
こちらの63,000で差し上げます。
お散歩バッグよねぇ・・・
また、バニちんみたいな顔になっちゃったけどさ。
( ̄ω ̄;) ブヒ~
勿論yumiさんも参加出来ますーーー♪
では、宜しくーーーーー
ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ ふははは

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 29, 2005

春♪

spring-flower300
-by Mayukoubou-

春になったら花の国
すみれ
たんぽぽ
首飾り
何でも作って
あそびます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大人であること

漠然と言えば

大人であることって
とっても大切
とっても理想
とっても尊敬

未熟な自分だと言い訳するのは簡単
大人であってこそ
見えるもの
吸収できるもの
得することがたくさん

ある意味

リードできることって
とっても大切
わからないからと引き下がるのは
楽かもしれない
でもそれじゃ
いつまでたっても大人じゃない

真っ先に風を受け止めてみなくちゃ
風を感じなくちゃ
背をむけてちゃだめだよね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2005

情報漏れ

DSC01006ワンコ連れでお出かけする時は
なるべく彼女達(キャロトマ)に
知られないように
そっと準備をする。
知られてしまったら最後
彼女達はうれしさのあまり切れてしまうから(-_-;)

ところが彼女達のカンはすごい。
私がまだ、着替えてもなくて何の準備もしていなくても
なぜか出かけることを感知している。
彼女達の前で「出かける」なんていう話しは
もちろんしていない。

結局、彼女達はうれしくて大騒ぎ
近所中に我家のお出かけがバレバレ~

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 26, 2005

もし春が・・・

何ヶ月も前に買ったコンサートのチケット。
そんなに先のことなんてわからないのに。
行けるだろうと思って買いました。
今のところ行けるかな。

昨日、一昨日と真冬のような寒さです。
雪も降り積もり
まるで春が引きかえしたよう。
でももう4月ですから暖かさが戻るはず。
満開の桜を今年も眺めるんでしょうね
多分。

当然のようにめぐって来るありふれた春の日。
実はそれはそうではなくて
たまたまやって来たものだとしたら・・
たまたま咲いた桜にも
たまたま行けたコンサートにも超感激かな。

ありふれた春の日
あの子のところにも、あの人のところにも
どうか今年もなにげなくいつものようにやってきますように・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 24, 2005

お試し一週間

05_3_22Bs

まとめ買いができない人で
ほぼ毎日、買物に出るのが習慣。
そんな私が・・・

散歩の途中でよく会う食材宅配の○シケイさんに
お試し一週間を勧められ
断りきれずOKしてしまった。
「食費が節約できて、これで家が建ったという人もいますよ」
って・・・(ぎゃは~)
で、毎日食材が届く。

食材が届くとわかってても
「あっ、牛乳買わなきゃ~」なんてことが毎日。
習慣とは恐ろしいもので
何だかんだといっては買物に行ってしまう。
結果、よけいな物を買うことになる。

たとえば今日は
夫がネットで注文したらしい
○ッコロのカレーが宅配で届いた。(聞いてないよ)
もちろん、例の食材も届く。
買物にも行ってしまった。

食材だらけの我家。
こんなことではロスばかり(-_-;)
家が建つどころか家計が危険。
○シケイさ~ん(ここでなら言えそう)
お試し1週間だけでやめま~す。(まじ)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

デッキが動いた~

洗濯を干すためにあるような
我が家のデッキ。
ふと気づいたら
何センチか移動しているぞ~(-_-;)
地震のせいかなぁ?なんて思ったりして。

朝晩の散歩から帰った時
キャロトマをデッキにつなぐことがある。
まさか~?
多分原因はそれだ(~_~;)

我が家のデッキは夫の手作り
なんといっても簡単デッキなのだ。
夫には自慢デッキが
私にはずっとずっと心配デッキ・・(爆)
そのうち
キャロトマが解体してしまうかも・・

デッキが弱いのか
キャロトマが強いのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

通訳すると・・

pannzi-2トマトがいたずらをしてキャロ父にしかられていた。その横でキャロが深くふせをしたまま動かない。通訳すると、「代わりに謝りますから、叱らないで~」って感じかな?それでもトマトが中々反省しなかったので、まだまだ叱れていた。今度は、キャロは立ち上がってキャロ父を止めるようなしぐさをした。通訳すれば、「もうこのくらいで許してやって~」かな?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

詰め込む

去年の秋頃だったかな?
兄嫁さんから
「来年の春で退職することに決めたんよ」という電話をもらった。
仕事を持ちながら、子育て・親との同居・兄の仕事の裏方まで
きっちりこなしてくれていた彼女。
妹としては
「ありがとう~ お疲れさまでした~」
そんな気持ちでいっぱい。

いきいきと仕事をこなしていく彼女の姿は
色々な意味で私のお手本。
でもここ最近は、やはり年齢を重ね
疲れもピークじゃないかと心配していた。

まだまだ退職しても大変な毎日だろうと思う。
これからは自分の体をいたわりながら
のんびりと過ごせる時間が少しでも増えればいいなぁと
と願っている。

「お姉さんに何を贈ろう?」って夫に相談したら
「気持ちじゃけん、気持ちで贈りなさい」(なぜか広島弁)
っていつも通りの答え(-_-;)
気持ちを箱に詰めるのは中々難しい・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 21, 2005

ZINN-6君の住む町

s-r1072-1107691813-thumb

教えて頂いた住所のメモを持って
ZINNー6君探しに出かけました。
カウプレを直配するためです。
キャロトマもいっしょです。

たくさんお家が並ぶ○○台の中を
目的地・422番地を探しながら
ぐるぐる何度も回りました。
425・426・427~
あれ~どんどん遠くなっていくよ?
そんな時「ワンワン」犬の鳴き声が・・・
振り返ってみたら見覚えのある赤い車
やっと見つけたぁ~♪

突然の直配、ご迷惑だったことでしょう。
とっても失礼だと思いつつ
キャロ父はそういうことを楽しんでしまう人で・・
申し訳ありませんでした。
そういう私やキャロトマも
お家を探しながら
ZINN-6君の住んでる町のようす見ることができて
楽しかったのですが・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2005

これからもよろしく♪

r1131-1111148732きり番ゲットされたのはひなこさんでした。
おめでとうございます(~o~)☆~ 
きり番に挑戦して下さった皆様~
ありがとうございました。

「キャロ小屋」はこの春で3歳。
キャロ小屋に遊びに来て下さる皆様から
パワーを頂いて日々
歩き続けているような気がします。
キャロ小屋も私自身も・・・

心に残るようなメールやコメントに
感激したり笑ったり泣いたり
パソという私にとって未知なものから
こんなにたくさん素敵なものを
与えられるなんて
思ってもいませんでした。

最近、一番心に残ったコメントはMさんの・・・
若くして結婚しお金がなくて
お祝いに頂いたテーブルクロスで
妊婦服作って着ていたっていうお話。
まるで「神田川」。
貧しい中での過酷な幸せを
なつかしくてうらやましいと思ってしまう
今の自分は
何かを忘れてしまってるんじゃないかと
反省させられました。
ある意味豊かで満たされていることの幸せを
見失っていました。

こんな未熟なキャロ小屋・yumiですが
これからもよろしく~


| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 18, 2005

春の花:せつぶん草

s-r1129-1111052509
ひなこさんから頂いた
せつぶん草”です。
草丈10cmに満たない小さなお花なんだそうです。
可憐なお花ですね♪

最近
同じ世代のお友達ブログが増えました。
もちろん、隠れブログもたくさん・・・
お互いに毎日覗きっこしながら
色々なことを話します。
そして、気づきましたぁ。
私達って
♪登り坂はゆっくりで
 下りる速さときたらまるで
 ジェット・コースターみたいだ~♪

って・・・
落ちる時はみんな本当に早い(-_-;)
昨日元気だった彼女が
今日覗いてみたら
見えないほど深い谷間にいたりして・・・
そういう年頃なんでしょうか。

遊園地のジェットコースターはやめにして
静かな公園にある小さな白いブランコにでも
ゆらゆらと揺れるような春が
早く来ればいいなぁと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 15, 2005

ウソ

息子が小6の時のこと
友達がウソをついたと言って
大泣きして帰ってきたことがありました。
信じていた相手にウソつかれたことが
その時の彼にとっては
くやしくて許せないことだったみたい。

一度もウソをつかない人なんて
多分いないだろうなって思うけど
彼がそんなことに気づくのは
ずっとずっと後になってからのことでした。
以後、彼も色々経験しました。
人を信じて裏切られて
そして、自分自身も
どうしようもなくウソをついたり
人を傷つけたり・・
今でも彼はあの時の友達のウソ
許してないのかなぁ?

生きてるとウソをつきたくなくても
つかなきゃならない時もあったりして・・
ウソって複雑~
ウソとわかっても
だまされている思いやり
そんなことにも気づいたかなぁ?


-↓は朝刊で見つけたある会社の広告-
ウソつかない だからキズつく だからキズつける
ウソつかない だからスキ だからキライ
ウソつかない だからクルシイ だからラクチン
ウソつかない だからタタカウ だかたアイシアウ
ウソつかない だからイタイ だからキモチいい
ウソつかない だから

もっと もっと 迷っていい 
もっと もっと 迷おう
だから ウソつかない じぶんに

| | Comments (4) | TrackBack (0)

浜寺公園駅

001236_w120我家のくらら(ブログペット)がたまたま
旅の途中に立ち寄った駅(浜寺公園駅)
です。
古めかしい駅舎ですが
大阪育ちの私には
子供の頃から見慣れた駅です。
東京駅を設計した辰野金吾博士によって建てられた
由緒ある建物なのだそうです。

父が子供の頃には浜寺の海岸は
海水浴を楽しむ人で賑わっていたようですが
私の時代には、浜寺公園が出来ていて
夏休みにはそこの広いプールに通ったものでした。
高校生になっても友達とよく公園に遊びに行きました。
ペンフレンドと初めて会ったのもここでした。
デートもしました~
結婚してからは息子達とボール遊びもしました。
私はずいぶん変貌してしまいましたが(笑)
駅はずっと変わらずその古い建物のままです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 13, 2005

饅頭

DSC00976
またまた冬に逆戻り。夕方散歩もついつい早足に・・ キャロは寒さなんて気にならないようで、顔なじみのおじいちゃんのお家の庭を覗きこんで、縁側に座ってるおじいちゃんを見つけると、すたすたお庭に入り込んでのんびりご挨拶。
おじいちゃんはキャロをなでなでしながら
「よう来たのぉ~ 今度はまんじゅうをこうといてやるけん
またきんさい」と・・
 (注:まんじゅうを買っといてやるから、またおいでということ)

キャロはおまんじゅう食べたことないしなぁ~?
キャロが食べられなかったら?(-_-;)
私が頂けばいいんだ~(*_*)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 11, 2005

プリンはいかがですか?

JRおでかけネット - 山陽新幹線博多開業30周年
山陽新幹線は十日
岡山―博多間の開業から満三十年迎えた。
これまで約5億6千万㌔走行
延べ18億人を運んだことになるらしい。

-新幹線と言えば-
学生時代のバイト。
新幹線の中のビュッフェ。
バイト初日の私は
プリンだけを持たせてもらって
車両の中を売って歩いた。
各車両の自動ドアが開くたび
乗客の視線が一斉に自分に注がれてるような気がして
『プリンはいかがですか?』
と、声が思うようにでない。
初めてのお客様に一万円札を出されて
お釣りが足りない(-_-;)
「少々お待ち下さい」と取リに戻ったものの
さっきのお客様はどこだっけ?
結局、お客様の方が私を見つけてくれて
どうにかクリア・・(-_-;)
プリンを一つ売ることの大変さを勉強しました。(笑)

そんな思い出の新幹線。
いつのまにかビュッフェもなくなってるね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 10, 2005

不似合いな言葉

タイトルに引かれて本を買った。
作者は作家ではなくて医師。
目次を見た後
パラパラと横読みしてしまった。
きっちり読んだら
どれかの病気に自分があてはまりそうな気がしたから。

テレビである脳外科医のドキュメントを見た。
優れた技術を持ったその医師は
世界を駆け巡りそれこそ年中無休状態。
患者を救うことと次世代の医師を育てることに
すべての時間を費やしていた。
彼の手術のようすが映像で流された。
そして、手術後の彼のコメントは
「今日も神様が来て下さいましたね・・」だった。

またある凄腕の医師の言葉から・・
「一番はご家族の愛情ですよ」

医療現場にいる医師の
「愛情」や「神様」という言葉は
とっても不似合いなような気がするのに
不思議と説得力があって心にしみる・・・

病院を医師を選ぶべき時代なんだよね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 09, 2005

最初で最後

最初で最後って言葉がある。
今までにもそういうことって
結構たくさんあったような・・・

どんな場面も
それはその一瞬を境に過去へと移っていく。
次の場面ではそれは終わった過去のことだ。

最初で最後の連続が
毎日かもしれない。

あの時、あの場所で会った彼女は
あの時限りだったってことなんだね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 08, 2005

路面電車が走る街

yokogawahome2_5192路面電車が走る街 広島写真集 ~ 広電市内線 沿線フォトギャラリー ~
広島に住みながら、まだまだ私にとっては広島は未知の街。昨日は広島駅からひとえき西にある「横川駅」周辺をうろうろ。慣れない街で私は郵便局を探していました。運転しながら探すってとっても危険。逆車線からの車に気をつけながら右折しようとしたら、右後ろから走ってきていた路面電車にビビ~と鳴らされてびっくり。市内の道路は車だけじゃなかったんですよね。

横川駅はバスや路面電車の拠点でもあります。
去年の4月にターミナルが新しくなって
とても素敵に模様替えされました。
春になったら路面電車に乗って
市内見学して見るのもいいなぁ~

| | Comments (6) | TrackBack (2)

March 07, 2005

宇根山家族旅行村

ike宇根山家族旅行村
次回のミニオフ会がここに決定しましたぁ。ハナコナ母さんがまたまたいい所を見つけてきてくれました。お忙しい中、下見にまで行って下さってありがとうございました。
いつものことながらハナコナ母さんには感謝です。
キャンプや魚釣り
色々なスポーツまで楽しめるんですね。
自然がいっぱいで
わんこ達もゆったりとすごせそうです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2005

なごり雪

3月に入って
寒さが少しやわらいで
春だなぁ~なんて思ってたら
「なごり雪」が降りました。

  君のくちびるが「さようなら」と動くことが
  こわくて下を向いてた
  時が行けば 幼い君も
  大人になると 気付かないまま
  今 春が来て君はきれいになった
  去年よりずっときれいになった

  君が去ったホームに残り
  落ちてはとける 雪を見ていた
  今 春が来て君はきれいになった
 
                 詩:伊勢 正三

駅のホーム・雪
それだけで泣けてきそうです。
遠い過去にはそういう場面もありましたね。
あの頃のような純な気持ちは
落ちてはとける雪のように
消えて跡形もなし・・(-_-;)
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

複雑な情景

しんどいことや愚痴は限りなく単純で
いつもそれほど変わらない。
うれしいことはいつも突然で
限りなく予想外で驚かされる。

私がへこんだ時の親友の言葉は決まっている。
「yumi~そんなことにくよくよしてる時間がもったいないよ~
楽しいことに時間使おう」って・・・

だから
私と親友はお互い
うれしいことがあると電話をする。
いっしょにわぁ~わぁ~言いながら喜び合う。

最近、私を通り過ぎていく景色は
とても複雑に色々な情景が混ざり混ざっている。
「おめでとう」と言って振り返ったら
とってもつらい情景があったり
それは一こま一こまではなくて
ひとつの風景として繋がっている。
そういうものが繋がって見える
年齢になったということかな?

久しぶりに親友に電話してみよう。
こんな景色の中に私はいるよって・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2005

ユッチブログスタート♪

s-r682-1097058611チッチとファミリー
ユッチブログがオープンしましたぁ。可愛いチッチのようすが毎日見れるので楽しみです。ネットのお友達ブログが増えてきました。親戚が増えたような気分かな?(笑) こちらも負けないように更新がんばらねば。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 04, 2005

ひなこさんブログスタート♪

DSC00268-thumb犬とTodo
ZINN-6君のブログがついにスタートしましたぁ。さっそく覗いてきましたぁ。ZINN君の子バニの頃の写真が、とっても可愛いです。いつでもそこに行けばZINN君に会えます。毎日の楽しみが増えました♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 03, 2005

雛祭り

banihina
子供の頃、お雛様は毎年飾りましたが、母といっしょに飾った記憶はなしですね。母は忙しかったのでしょうね。
思い出してみると近所の友達といっしょに
お雛様を飾り付けてる場面が浮かんできます。
「あかりをつけましょぼんぼりに~♪」って歌いながら・・

そんな実家のお雛様も
いつのまにか飾られなくなっていました。
そして、震災後の家の建替えの時
母とふたりで庭で火に上げました。
焼けこげていくお雛様
ちょっと悲しかったなぁ~

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 02, 2005

大きさ

私自身を表現するとしたら
たとえば
“雨の日に洗車をするような人” かな?
物事の重要性ってその状況によって
変わってあたり前なのに
とても大変な時に
つまらないことにひっかかって
前に進めなくて・・・
ばかじゃないのって思うことよくあり。
そんないつもの私からスタートした朝・・・

相手の立場に立って
僕はいつも話しをするんですよ。
と、その方はおっしゃいました。
それが一番
その人を表現しているかもしれません。

同じ内容でもそれを伝える人の
器の大きさ・表現力・人間性で
伝わってくるものが大きく変わるものなんですよね。
厳しい内容なのに
それがとても冷静にこちらに伝わり
受け止めてることのできる
不思議な時間を体験しました。
それがその人の仕事と言ってしまえばそれまでですが
同じ仕事でも何かがプラスされることによって
仕事以上のものに変化する可能性を秘めています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »