« 戻ってきた年賀状 | Main | A・I »

January 14, 2005

自分との対話

生きる勇気をありがとう

 ~生きる勇気をありがとうより~
人は、いつでも
そして日常のささいな場面であっても、小さな決断をしています。
本人は決断した意識すらないことがほとんどかもしれません。
さて、あなたは今日、どんな小さな決断をしましたか? 
思い出せますか?

きっと、「どんな決断をしたかなぁ?」と思っているでしょうね。
意識的にをフォーカスしないと思い出せないのが普通です。
でも、その小さな決断の連続が一日をつくり
やがて一年、そしてあなたの人生をつくっています。
人生とは、日々の決断の連続です。
それは本人さえ気づかない
小さな心の囁き、小さな一歩です。
あまりに小さすぎて私たちは
小さな心の囁き、日々の決断を無意識のうちに忘れてしまいます。
こんなもったいないことはありません。


☆ここからyumiです☆
住み慣れた大阪を離れて一番不便を感じたのは
友人との距離のある生活だったかもしれません。
広島に転居してからの私は
一人で過す時間が増えました。
そしてそういう生活の中で気づいたことは
人はどれだけたくさん自分と会話しながら
生きているかということ・・・
どんなにたくさんの友人達に囲まれていたとしても
自分の決断は自分との対話の中でされるものだということ。

毎日毎日
小さな選択をしそれが小さな決断となり
そしてそんな日々の積み重ねが
自分の歩む人生となり
自分が遭遇する場面・風景・人々に
つながっていく。

今日も私はいい選択ができたのだろうかと考えてみる。
いい決断をしただろうか?
道に迷っていないだろうか?
自分に聞いてみる。
自分が答える。
自分との対話
自分の決断
自分で作っていく自分の人生。

|

« 戻ってきた年賀状 | Main | A・I »

Comments

最近の私は、大きな決断も小さな決断もしていないかも知れません(気づかないだけかもだけど)その時々の私は、こうって決めたら、誰の意見も聞かず突っ走るタイプだったかも。でも、今となっては、その決断が現在の私が存在がある訳で。小さな事に対しては、グジグジ考えるくせに、突拍子もない事を、パッと決断してしまう。ある時は、周りが度肝を抜かれるくらい。愛する人意外誰も知り合いのいない、こっちに来るって事、今考えると、若かったんだな~って他人事のように思う。
チッチを飼うって決断の時も、そうだったなあ!あの時は、切羽詰った状況の中で、アニマルセラピー!?に救いを求めたのかな!?
核心部分を語らないと意味不明の文章になってしまったね。。。。。

Posted by: ユッチ | January 14, 2005 at 09:54 PM

どうなのだろう????
 本来の自分は多分皆が思ってる様な私ではないと思う~
人見知りだし、臆病~
 中々新しい事に挑戦出来ないで、何でも守りに入るタイプ~
 今、てか以前からだけれど
私~元気だねと言われる。。。???
本来なら、ずーっと泣いてて誰と会っても目が腫れてる状態なのかも知れない。。。でも
 ユニバーに行く友達に云われた~外に出ろ
人に会いなさい、そして笑ってなさいと?(;_;?)はて??
 元気にしてると自然と笑みも出る~今日も私は元気に過ごせた~
明日が有るとは限らないのなら
今日出きる事は今日して 楽しく過ごそう~
意味不明でごめんね。。。。

Posted by: 空 | January 14, 2005 at 10:26 PM

ユッチ
朝起きて今日着るものを選ぶことが
まずその日の決断かも。
黒のセーターを着たいなぁって思う日もあれば、黒より赤いセーターをむしょうに着たいって思う時もあったりして。
毎日同じものを着たいとはあまり思わない。
そんな小さな選択が不思議な出会いや、大きな決断につながっていくおもしろさあるよね。

ユッチの決断力はすごいね。
自分の人生を自分で決めて
今の生活を得られたんだっていう満足感
ユッチの日々から伝わってきます。
後悔のない決断してよかったね。

Posted by: yumi | January 15, 2005 at 07:51 AM

ノンタン
自分でも自分の本質をわかってないことだってあるし、まして、周囲の人が思ってる私っていう人間は、私の感じている私とはずれがあって当然だと思う。
表面的には元気だと思ってる自分が、時に、心の深い部分でとても疲れていたりすることに気づくこともあったりして。人は複雑だなぁって思う。ノンタンはとってもよくがんばってると思う。突然の悲しみにも負けてなんかいないもの。いいお友達がいてほんとうに良かったって思う。それに、やさしいご主人様がいてくれるし。どんな悲しみも人のやさしさに包まれてたらものすごく救われるものがあると思う。もちろん、悲しみが消えてなくなるわけではないけど、そういう人達のやさしさの中でノンタンが元気にすごせる時間が少しでも多くあればいいなぁって思います。

Posted by: yumi | January 15, 2005 at 08:05 AM

そうだね!小さな決断って言うのは、そう言うことも含まれるんだ。
ノンタン、泣いてばかりの日はないんだよね。元気であったり、落ち込んでいたり、泣いていたり、時には誰かを励ましていたり。
ノンタンにとっての大きな決断をした後に、本当にドッと落ち込んでしまいそうな時、すぐ側に良い友達がいて良かったね。
私は次男の事でドッと落ち込んだ時、泣いてばかりいたけど、今の私は元気です。気持ちの切り替え、これも決断だったのかな!?話すだけでも泣いてばかりだったから、私の場合、携帯への励ましメールが心の支えだった。今でも、本当に有り難かったなあって思う。
毎日生きていくって、色んな事の積み重ねが築いていくものなんだよね!?
私の文章、意味通じるかな!?

Posted by: ユッチ | January 15, 2005 at 08:59 AM

私ね~ユッチって本来強いと思うよ。。。(〃^▽^〃)良い意味でだけれどね~
自分がユッチの立場だったら???と以前考えた~
多分ずーっと立ち直れてないなぁ~。。。。と
 人は色々な悩みと向き合って前に進んで生きます~
自分で道を開いて進めるユッチ
貴方が決断して進む道~~
 私はどうかなぁ????
ユミさんもユッチも二人とも道を選んで産まれた処から遠く離れた現在の場所に居る~
 夫婦の絆も強いと思う。。。。そんな二人の様な夫婦に私は成れるか疑問だけれど~
 友達みたいな夫婦だつたら良いと。。。今は友達の方が旦那より位が上になってるからさ(^o^)(o^ )(^ )( )( ^)( ^o)(^o^)ニャハハハ...

Posted by: 空 | January 15, 2005 at 09:32 AM

お邪魔しまーーーす。
身に染む言葉だーーーー。。。
ゆきねぇは多分大きな決断をしないといけない時なんやけど・・・意志が弱いというかめんどくさがりというかで、うやむや(/TДT)/あうぅ・・・・
変なトコだけ大胆だったりします(爆)
でも自分の人生、自分で決断して進んでいかなあかんなぁーっと遅ばせながら気付いた負け犬世代です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
何言うてるんかよーーわからん(T▽T)アハハ!

Posted by: ゆきねぇ | January 15, 2005 at 01:14 PM

ゆきねぇ~決断の時なの?
えらいことや~ん。
しっかり決断がんばれ~
でも、うやむやってわかるなぁ。
決めなあかんのに決めようとしない自分
見て見ぬふりしたりして時間だけ過ぎていく・・
それはそれでいいのと違いますかぁ。
いずれケツカッチン(ユッチ言葉で言えば)
になった時に考えれば~
私もいっつもそうだなぁ。

負け犬なんて違うよ~
途中経過では勝敗は決められません。
死ぬ時に自分が決めることかもね。
自分の決断に自信もって
毎日過してたら
何が起きても負けたとは思わないはず。
負けるなんて絶対にないよ~
一生懸命生きてることは勝ち組みだよ。

Posted by: yumi | January 15, 2005 at 06:14 PM

ユッチさん、チッチちゃんはユッチさんのアニマルセラピーなんですね。
私にとってルナもアニマルセラピーですよ。
ルナを飼う前には精神的にもボロボロになっていたので、主人が決断して家を買うことになり、精神的支えの一つに犬を飼うことも決断・・・
あの年はたくさんの決断をしました(^_^;)
たくさんのお金もかかってますが、みなさんとネットで知り合えたり、オフ会でお話ししたりするのがとても楽しく後悔なんてしてませんよ(*^_^*)
仕事は、最近忙しくなってますが・・・
ルナはとてものんき者(私に似たのか?)この時間でも散歩に行かず、私の布団の真ん中で、へそ天で寝てます(^o^)

Posted by: ルナママ | January 16, 2005 at 10:49 AM

ルナママさん、アニマルセラピーって本当です。我が家にとってチッチはかけがえのない存在です。しかし・・・甘やかしすぎたのか、少々ワガママでもありますが。。。
昨日も、自分の靴を買うのに、中々決心がつかなかったのに、ノンタンに教えてもらった、ちゃべ母さんの、お雛様は、即決で買うって決めてしまって、主人からは、「信じられへん」とあきれられています。
こうやって、ネットで皆さんと知り合えたのもチッチのお蔭です。

Posted by: ユッチ | January 16, 2005 at 01:46 PM

はじめまして。
さすらいペットの旅で「笠岡市の干拓地のひまわり畑」でくららちゃんとご一緒したピグレットの飼い主みいです。

人生において選択することって多いですよね。
みいも田舎から東京に出てくるとき不安がメチャ多かったです。
新しい職場の人間関係にも悩んだことも多かったし・・・
気がつくと10年あまり経っていました。
その間に結婚もしました。
最近は仕事と家事に追われる毎日で癒しが欲しいです。
アニマルセラピーしたいけど、共働きだと面倒みれないかな~って決断できない状態です。
人生における選択って良かったのかなって分かるのはいつなんだろう。。。

Posted by: みい | January 16, 2005 at 03:52 PM

ルナママに初めてお会いした時のこと
今でもはっきり覚えていますが
あの時、そういう状況だったなんて
全く知らなかったなぁ。
可愛いお子様がいてやさしいご主人がいらして
新築のお家でワンコを飼われる~
私から拝見すれば
幸せそのもののファミリーですよね。

人が犬を飼っているんだけど
実際は
人が犬達に支えられてるんですよね。
もちろん我家もそうです。

大きな出費をする決断は
やっぱり慎重になってしまいますよね。
でも、そんな時にも
今の自分にとって何が無駄で
何が一番必要な物なのかを選択することが
自分の将来を大きく左右していくんでしょうね。
ルナママの決断
ものすごく価値ある決断になりましたね。
我家もお金にはかえられないものを
ワンコと過す日々の中で
たくさんもらっているなぁって感じます。

Posted by: yumi | January 16, 2005 at 08:23 PM

みいさま
はじめまして~
笠岡のひまわり畑でくららとビグレットちゃん
いっしょだったんですね。
いらして下さってありがとうございます。

田舎から東京
それはとっても大きな決断だったんでしょうね。
私は大阪から夫の故郷に転居しましたが
それは私にとっての大きな決断でした。
人はそれぞれ様々な選択に迫られて
決断し進んでいくしかないです。
自分の選んだ道が良かったのか悪かったのか
そういうことを考えるより
いくつもの道を選べるわけではないし
やり直すこともできないのですから
自分が選んだ道なら
これが一番だと自信を持って
進んでいくべきだと・・・
プラス志向には様々なプラスのものを
引きつけるパワーがあると信じてる私です。
いつだって自分の選択が一番と思うことこそ
いい選択をしたと思えるような結果へと
結びついていくはずです。

Posted by: yumi | January 16, 2005 at 08:41 PM

ユッチの家族における
チッチの存在の大きさは
すごいものがありますよね。
チッチさま~っていう感じ~
お買物もチッチが優先ですねいつも。

Posted by: yumi | January 16, 2005 at 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/2571904

Listed below are links to weblogs that reference 自分との対話:

« 戻ってきた年賀状 | Main | A・I »