« トンド祭り | Main | 広島名産・あなごめし »

January 11, 2005

本の旅

1092267826
この本を読んで
どれくらいに日にちがたったのでしょう。
ネット友達をたどって彼女のところに届いたのは
つい数日前のこと。
たった一冊の本ですら
不思議な縁や運命に
流されていることを感じさせられました。

この本を彼女が
そんな状況の中で読んでくれることになるとは
想像もできませんでした。
一冊の本のたどる運命や
それと同じように
人が生きていく中で出会う
様々な嬉しいことや悲しいこと
出会いや別れについて
考えてしまいました。

いつか機会があれば
もう一度読んでみたいなぁと思います。

|

« トンド祭り | Main | 広島名産・あなごめし »

Comments

本当に色々、人や物、本、動物、食べ物!?ありとあらゆるものに、出会いと別れがあるように感じます。運命的であったり、偶然であったり・・・。そう言う不思議な事があるから、生きているって感じます。それが、嬉しい出会いかもしれないし、悲しい出会いかもしれない。出会うべくして出会うって事もあるし。中には、そう言うことに全然興味もなくて、はなっから否定される事もあるけれど、それはそれで、強制はできないことだし・・・。
たった1冊の本だったのに、導かれたようになりましたね。その偶然に、少しだけ参加できました。

Posted by: ユッチ | January 11, 2005 at 01:22 PM

形ばかりにとらわれるよりも
その裏の見えないところを流れているものを
感じることの方が好きです。
毎日会っていることより
会ったこともない人の
心の奥を感じることができるなら
そちらの方がとても意味あることのような
気がします。

Posted by: yumi | January 11, 2005 at 01:35 PM

素敵な本を私に届けて下さって有難う~
私~ユミさんに
もう少ししたら。。。この本がまた届きます
 その時に、また違う想いで読んで見てくださいね。(*^_^*)
偶然ではないなにか???
不思議と納得してしまいました~

Posted by: 空 | January 11, 2005 at 06:21 PM

空さま
返送無用です。
もしおじゃまでなければ
空さんの手元にずっと置いて下さい。
私はまたいつか別の形でその本に
出会うことになるだろうと思います。

読んで下さってありがとう。

Posted by: yumi | January 11, 2005 at 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64113/2538056

Listed below are links to weblogs that reference 本の旅:

« トンド祭り | Main | 広島名産・あなごめし »